sonnsakuのブロマガ

そんさくのちょっと魚のいい話 11月 「牡蠣」

2013/11/06 23:09 投稿

  • タグ:
  • かき
  • 牡蠣
  • 海のミルク
皆さんこんにちは、本日ご紹介しますのは「カキ」です。カキは10月から2月くらいが旬になります。カキは多くのビタミンをはじめとする栄養素の豊富な貝で「海のミルク」とも呼ばれています。その食べ方は鍋物、フライ、ソテー、酢やレモンをつけて生で食べたりと様々です。 スーパーなどでパックで売られているものは生食用と加熱用と分けられているのをご存知でしょうか?カキは細菌による食中毒が多く発生する食品です、その食中毒を防ぐため生食用のものは紫外線殺菌した水槽で2~3日寝かせて細菌を取り除く作業を行います。この工程があるため私たちは生のカキを安全に食べることができるのです。しかし、カキを2~3日水槽で寝かせると身が痩せ、味が落ちてしまうというデメリットもありますので、加熱して食べる時は加熱用のものを選んだほうが美味しくいただけます。
 主な産地は広島、宮城を始め、北海道、秋田、三重、石川、兵庫など幅広く養殖されています。しかし、2011年の東北大震災により宮城県のカキ養殖場が大打撃を受けました。この時、復興に協力してくれたのは、なんとフランスのカキ養殖業の方々でした。フランスもカキの養殖が盛んな国ですが、1970年にカキがウイルスにより壊滅的な被害を受けるという事態が発生しました。この時、日本の養殖業の方々が日本のカキの稚貝を提供して復興に協力しました。この恩返しにと宮城の養殖場に物資提供をするという感動的なエピソードがありました。また、国内でも三陸牡蠣復興支援プロジェクトを立ち上げ現在、徐々に復興に向かっています。
 これから最盛期を迎えますます美味しくなっていくカキを皆様もぜひ、ご賞味してみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事