つば迫り合いの音がまぶしい人生:そんなことより海老炒飯

赤ん坊への毒性を軽視して添加物ビジネス《液体ミルクの国内製造にむけて食品衛生法の追記》 

2018/05/09 21:43 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
液体ミルク、国内製造へ(厚生労働省)
 
液体ミルク国内製造に向けて食品衛生法に追記(パブコメ) 
 
添加物:亜セレン酸ナトリウムの毒性 
 
被災地支援の液体ミルク使われず 東京都が千本提供 道、各町に「利用控えて」:どうしん電子版(北海道新聞) 
 
改正の内容 
※以下テキスト化したもの&スクショ画像(冒頭・亜セレン酸ナトリウム・ビオチン)
 食品添加物である亜セレン酸ナトリウムおよびビオチンの使用基準について、以下のとおり「調整液状乳」を対象に加える(赤字部分は追加部分)。

(1) 亜セレン酸ナトリウム 
(現行) 亜セレン酸ナトリウムは、調製粉乳及び母乳代替食品(乳及び乳製品の成分規格などに関する省令別表の二 乳等の成分規格並びに製造、調理及び保存の方法の基準の部(五)乳等の成分または製造もしくは保存の方法に関するその他の規格又は基準の款(6)の規定による厚生労働大臣の承認を受けたものを除く。以下この目において同じ。)以外の食品に使用してはならない。 亜セレン酸ナトリウムを母乳代替食品使用する場合には、その100kcalにつき、セレンとして5.5μgを超える量を含有しないように使用しなければならない。

(改正案) 亜セレン酸ナトリウムは、調製粉乳、調整液状乳及び母乳代替食品(乳及び乳製品の成分規格などに関する省令別表の二 乳等の成分規格並びに製造、調理及び保存の方法の基準の部(五)乳等の成分または製造もしくは保存の方法に関するその他の規格又は基準の款(6)の規定による厚生労働大臣の承認を受けたものを除く。以下この目において同じ。)以外の食品に使用してはならない。 亜セレン酸ナトリウムを母乳代替食品使用する場合には、その100kcalにつき、セレンとして5.5μgを超える量を含有しないように使用しなければならない。
 
(2) ビオチン
(現行) ビオチンは、調製粉乳及び母乳代替食品(乳及び乳製品の成分規格などに関する省令別表の二 乳等の成分規格ならびに製造、調理及び保存の方法の基準の部(五) 乳等の成分又は製造若しくは保存の方法に関するその他の規格又は基準の款(6)の規定による厚生労働大臣の承認を受けたものを除く。以下この目において同じ。)並びに特定保健用食品及び栄養機能食品以外の食品に使用してはならない。 ビオチンを母乳代替食品に使用する場合には、その100kcalにつき、ビオチンとして10μgを超える量を含有しないように使用しなければならない。

(改正案)ビオチンは、調製粉乳、調製液状乳及び母乳代替食品(乳及び乳製品の成分規格等に関する省令別表の二 乳等の成分規格並びに製造、調理及び保存の方法の基準の部(五)乳等の成分又は製造若しくは保存の方法に関するその他の規格又は基準の款(6)の規定による厚生労働大臣の承認を受けたものを除く。以下この目において同じ。)並びに特定保健用食品及び栄養機能食品以外の食品に使用してはならない。ビオチンを母乳代替食品に使用する場合には、その100kcalにつき、ビオチンとして10μgを超える量を含有しないように使用しなければならない。














 

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事