ニダ君 のコメント

ニダ君
No.68 (2014/08/25 23:18)
ポケモンショックをご存知ですか
ポケモンショックとは、1997年にテレビ東京および系列局で放送された
テレビアニメ『ポケットモンスター』(ポケモン)の視聴者が光過敏性発作などを起こした事件です。
その原因はパカパカを始めとするストロボやフラッシングなどの激しい点滅を使用したことでした。
実はこの方法は映画などで使っていた方法で最近では使ってはいけない演出として取り扱いされました。
(アメリカでは集団訴訟のリスクがありますからね)
パチンコで本格的にこの方法を使ったのはCRぱちんこウルトラマンタロウ(2012年、京楽産業.)からだと思います。
パチンコ開発者たちはこの演出を利用してどうやって打ち手の脳内にショックを与えることができるのかを研究してきました。
一般的な方法はウルトラマンタロウ見たいに決定的は瞬間に爆音とともに集中的に使うことです。
もう一の方法は、打ち手が予想できない瞬間に一瞬点滅する方法ですね。
たとえばパチンコGARO-Fのホラー演出はずれ後の点滅とかパチスロ化物語の倖時間中のベルリプ演出などがありますね。
何故爆音と殺人光線使うのかはそういう環境の中で多くの人は判断力を失い、結果的に売り上げが上がることになるからでしょう。

このコメントは以下の記事についています