Kruz のコメント

Kruz
No.19 (2018/07/10 02:57)
>>11
止むを得ず危険な場所に立ち寄る場合(通勤や通学の道でどうしても危険な場所がある、自分の自宅周辺で不審な人物が目撃されている)などは所持する正当な理由として許されるのだろうが、一方で所持していると今度は自分(男性限定)がその不審者扱いされるので本末転倒。(しかも非力で陰キャっぽそうな男はなお怪しまれる。)
不当な理由での使用以前に、警察の主観次第で所持しているだけでも軽犯罪法に触れてしまう。
10年ほど昔に多発した痴漢冤罪問題から全く進歩してないのが日本の警察の実態ともいえる。

催涙スプレーどころか、相手の視力を一時的に奪うフラッシュライトすら下手すれば空き巣目的での所有だと疑われて捕まってしまうというのは、納得がいかない。個人的にはフラッシュライトは非殺傷性で素人でも扱いが容易で接近する必要もないので武器をもった相手にも安全に扱え、逃走にも使え、ひとけのない薄暗いところでこそその効果が増幅するので防犯グッズとしては非常に条件が合致しているいいツールだとは思っているのだが。

このコメントは以下の記事についています