スミスの無駄に洗練された無駄の無いブロマガ(狩)

【狩猟】猟師になろう! 第2回【猟銃】

2014/07/04 07:54 投稿

  • タグ:
  • 散弾銃
  • 狩猟
  • 猟銃
  • ライフル
  • エアライフル

はい、ということで本編参りましょう!

今回からは「猟銃所持」をテーマにお話しましょう。

実のところこれが一番の難関です。いやマジで

必要なものを上げるとするなら

時間(特に平日の日中時間帯)

社会的信用(一番大事)

これを聞いただけでも「う~ん」と唸ってしまう人もいるでしょう。

まぁそのへんは次回で掘り下げるとして、まずは国内で俺たちが所持できる銃を説明します。

自分が持つものなので気になった銃などは詳しく調べておいても損はないですよ。

長くなるので2回か3回に分けるかもしれません。

この記事を見てくれている人の中に何人「猟銃所持者」がいるか分かりませんが、大半の方は「銃」と言われて思い浮かぶのは


このような「ピストル」「ハンドガン」いった類でしょう

中には



このような「アサルトライフル」みたいなものを想像する方もいるでしょう

結論から言いますが日本国内ではまず持てません。

なぜ「絶対持てない」と言い切らないかというと、どちらもごく一部の方は持てます。
察しのいい方はお気づきでしょう、自衛隊や警察官など特定の職業で、かつ許可を持っている人間は所持できます。

どうしてもこの辺の銃を撃ちたいという方はハワイやタイなどで射撃場に行けば割高ではありますが撃てます。(コナンのように)

本題の「所持できる猟銃」ですが大まかに分けて3種類あります


まずこちらようなの「散弾銃」「ショットガン」と呼ばれるもの(画像はレミントンM870)

「散弾」と呼ばれる小さな鉛が大量に詰まった実包(画像右下赤色のもの)を使用します(単発の物もある)

バレル(弾の通るパイプ部分)によって使う弾を変えたり、威力も変化しオールラウンドで使えます。

FPSのゲームする方なんかだと馴染み深いかもしれませんねw
他にも映画「ターミネーター2」や「バイオハザードシリーズ」などでも登場します

「猟銃」としてはメインになる銃種です。
この中にも上下二連・水平二連・ポンプ式など色々種類がありますがその説明は今度で。

次にこちら


「エアライフル」と呼ばれるものです
画像は狩猟マンガ「山賊ダイアリー」の著者である岡本さんも使っているシャープハンターエースという物です。

銃に詳しくない人からすると「さっきのと何が違うの」と思われるかもしれません。

こちらは名前の通り「エア(空気圧)」を使って弾を飛ばします。
ポンプ式の水鉄砲のように手動で圧をチャージしたり、ボンベでチャージしたり何種類かあります。
弾の大きさは4.5mm~5.5mm程度のてるてるぼーずの様な形の弾です。

基本的に鳥撃ちをする方が使う銃で、発射音が静かなのと球が安いのがメリットですね。
このサイズの弾でも平気で鳥の頭程度撃ち抜けます。

デメリットで言えば威力の低さ、射程距離などあります。

狩猟で使う銃としてはこの二つになります。
「ん?お前さっき3種あるって言ったよな」
その通りです、目の付け所がシャープです

先述の2種に加え特殊な条件によってもう一種あります



そう、「スナイパーライフル」です

「だから違いわかんねーよハゲ!!」
そんな意見も聞こえてきそうですが髪の話題はやめましょう。

何が違うかというとこちらは長距離射撃用の「狙撃銃」です
物によっては3km以上飛びます
使用する薬莢も威力も先のものとは違います。
映画「シューター~極大射程~」などスナイパーライフルを題材にした映画は数多くありますが、あのへんで使ってる銃は大体この銃種です。

「あぁゴルゴが使ってる奴か」
そう思う方も多いでしょう。結論から言うと違います。あの銃(M16)はアサルトライフルです
但し射程が600mとブッ飛んだ数値なのでもう分かんねぇなこれ状態ではあります。

この銃の特徴としては名前の語源にもなる「ライフリング」という銃口内に刻まれている溝です。
「弾頭にジャイロ効果を与え軌道を安定させ、精度を上げて飛距離を伸ばす」といったものなのですが分かりやすく言えば「遠くまで強く飛ぶ」ってことです

なのでかなり離れた獲物でも仕留めれる威力があります。


弾の形状はこんな感じ。映画とかで見たことある人も多いかも? 

そしてこの銃に関係する「所持条件」なのですが、「継続して10年以上の猟銃の所持許可を受けていること」なので猟銃所持が20歳からなのを計算すると最低でも30歳まで取得できません。(競技用資格を除く)

なのでライフル所持は10年待ちましょう。

所持の難しさで言えば
エアライフル<<散弾銃<<<<<ライフル
と、いったところでしょう。

どの銃もカテゴリだけでなくメーカーなどによって一長一短あります。

長くなってしまったので今回は銃種の紹介ってところで次回に続く

第一回:ar475838
第三回:ar569296

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事