ぱんちのブロマガ(仮)

プロジェクトのファイル管理について

2013/03/21 20:32 投稿

  • タグ:
  • 歌ってみた
  • Audacity
  • ProTools
  • ミックス
  • Mix

久しぶりの投稿です…

ふぉろわさんに困ってらした方がいらっしゃったので、今回はファイル管理について書いていこうと思います。

「せっかく録音したのにプロジェクトを開いたら空っぽになっていた…orz」なんていうもったいないことにならないように、ファイル管理はしっかりしておくとよいです。

ソフトはAudacity(http://audacity.sourceforge.net/?lang=ja)を例にとって説明していきます。他のDAWや動画編集でも役に立てばと思います。
※Windows7前提で話を進めていきます。

----

  • 作業用ドライブに作業用フォルダを作る※黒塗りを入れてある部分があります




このように作業用ドライブに新しく作業ファイルを作ります。
ファイル名はすぐに分かるように曲名や作業を始めた日付、また他の人のデータをいじる時は名前も入れておくとよいですね。これは日本語でおk。


  • 作業用フォルダにプロジェクトファイルを入れる

いうまでもないかもしれませんが、先ほど作ったフォルダの中で作業をしていきます。
言ってしまえばこの中で作業を完結させてしまえばいいのです(本当に当たり前のことなのですが…忘れてしまいがちなので)。

新しいプロジェクトを作ったときは作った時点ですぐに保存場所を決めてしまうのが一番安全ですね。
このとき注意がいります。プロジェクト名は必ず半角英数にしておきましょう。
日本語にうまく対応できない場合もあるので、半角英数が無難なのです。区切りもスペースではなく半角アンダーバー(_)を使いましょう。

保存の仕方ですが、そのまま名前を付けて保存はできないので「プロジェクトファイルを別名で保存」で保存しておきます。



保存場所をしっかり確認して、今日の日付を入れて保存します。



  • 作業をはじめる

さっそく作業をはじめていきます。カラオケ音源をとりこみましょう。
の前に、ちょっと設定を確認します。

編集>設定、またはショートカットキー「ctrl+P」で設定ウィンドウを開きます。
「取り込み/書き出し」メニューを開いて「編集の前に非圧縮のオーディオファイルをコピーする」にチェックを入れておきます。


あとは「品質」メニューでサンプルレートとビットデプス上げるとかしてもいいかもですね。
上げるとしても48000Hz、24bitで大丈夫だと思います(オーディオーインターフェイスが対応しているかどうか確認してから!

  • オーディオの取り込み(インポート)

さっそくカラオケ音源を取り込んでみたいと思います。

この時、プロジェクトに取り込む前に必ず作業フォルダに取り込む予定のオーディオファイルをコピーしておきます。これちょー大事!大事!
このオーディオファイルも、何のオーディオなのかをわかるように名前をつけておきます。

例)

  • Kyokumei_Inst.wav(mp3)
  • Kyokumei_-1.wav(mp3)(マイナスワンとはメインボーカルが抜けていてオケとコーラスが入っている音源のこと。↓より文字数が少なくて済みます)
  • Kyokumei_karaoke.wav(mp3)
  • Vocal_01.wav
  • Chorus_hi.wav など
これはダメ!
  • カラオケ.wav(mp3) 悪くはないけど曲名はわかっておいたほうが無難…
  • Audio1.wav(mp3),Audio2.wav(mp3),Audio3.wav(mp3)...
などなど。

ここでようやく曲を取り込み(インポート)できます。



はい!曲の取り込みが完了しました。ここですかさずセーブして、正しく再生できるかチェックです。



これでおkなら、あとは作業を進めていきます。
また新しく別のオーディオファイルを取り込むときは、その都度フォルダにコピーをして、そのデータを取り込んで使います。

  • 作業が日をまたぐ場合

「昨日の作業の続きをしたい!」というときも気をつけないといけませぬ。「プロジェクトファイルの別名を保存」して、より安全に作業が進められるようにします。
「あ、やっぱりさっきのナシで」というときがたまーにあるので、そんな場合に使えます。

プロジェクトを開いてすぐに「ファイル」メニュー>「プロジェクトファイルの別名を保存」で、今日の日付に直して保存します。



この時拡張子まで消さないように!笑

これでまた続きから作業を進めていきます。

  • 悪い例

悪い例です。
プロジェクトファイルそのものだけで作業するとします。
一度作業用ドライブとは別のドライブにプロジェクトファイルだけをコピーして開くとこんな表示が出ます。



プロジェクト内で使用しているデータが入っているデータフォルダ(ここでは"Blomaga_130320_data")が参照できないのでこのようにプロジェクトが正しく開けなくなってしまいます。
データのコピーや受け渡しをする際には作業フォルダごとコピーをすることが大切です。


----

プロジェクトファイル管理については以上です。
不備に気付いた方はコメくださいー。ぬしが勝手に直すときもありまする。

それでは(`・ω・´)ノシ


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事