S.Jのブロマガ

MMD×3Dプリンター勉強会参加レポート

2013/12/09 17:43 投稿

コメント:21

  • タグ:
  • MikuMikuDance
  • 3Dプリンター
  • MMD

昨今、MMDerの間ではアミッドスクリーン、ポリッドスクリーン、フォトジェミックなどで現実世界にMMDモデルを召喚しようと日々研究している人達が居ります。


今回は最近話題を呼んでいる技術の一つである
3Dプリンターを用いてMMDモデル召喚をしちゃう
という勉強会
に筆者は参加したためレポートをまとめていきます。


まずは、勉強会に参加して思った個人的な結論から述べますと
【近い未来に個人レベルでも楽しむ事が出来る技術である】
と感じました。




~以下勉強会まとめ~
・開催日時は12月8日(日)の13時より、開催場所は大阪府大阪市住之江区にあるfablab北加賀屋という施設で行われました。

題目は
3DCGと3Dプリンターで同人Makersを目指す勉強会
~3Dプリンターによる同人製作は今、どこまで可能なのか?~

・講師は森山弘樹という方で、MMDモデラー兼プログラマーでもあり、 現在MMDモデルを3Dプリンターで出力することが出来る変換ツール(EasyRecaster)を作成中の方です。
詳細動画

こちらが森山弘樹先生が過去に実際に出力された作品



・今回筆者はMMD×3Dプリンターの技術に興味を持った一人として参加しました。
参加した動機としまして、MMDerかつフィギュアコレクターなら誰もが思ったことのある
【自分のお気に入りのモデルのフィギュアを飾ってみたい!】
というシンプルでピュアな気持ちがあったためです。

<勉強会内容> 3DCG技術の歴史の講義
・3DCG技術の研究は1960年代から開始されたものであり、 その進化の過程でより人体に近いリアルな表現をするための技術開発史のお話がありました。

・技術開発史の中ではMMDerなら聞いたことのある
テクスチャマッピング、ボーン、ウェイト、スキニング
等の単語も出てきました。 (テクスチャマッピングは1976年から使われ始めた技術と知ってビックリしました)

・今現在、気軽に3DCGでモデルを動かせれるようになったのは、
先人たちの汗と努力の結晶なのだと思うと感慨深いものがあります。

・そのため3DCG技術の歴史の後継の一つであるMMD3Dプリンターが出会う事は必然的であるということ理解できました。




3Dツールの現状として、3DCGと3DCADの比較の講義
・ザックリまとめますと、3DCG(MMDモデル)データの状態で3Dプリントするには 向いていないという事がわかりました。(3DCGモデルは中身が空洞など)

・そのため3DCG(MMDモデル)データを3Dプリント出力に向いている状態に変換する必要があると理解できました。(上述のEasyRecaster)




3Dプリンター別の比較の講義
熱溶解積層型

・ABS樹脂、PLA樹脂など用いる
・積層ピッチ0.2mm前後
・安価な3Dプリンターモデルに多い
・出力後、反るなどの問題がある

※右はiPhoneケースの上に出力して、その後鉛筆にて着色したもの

光硬化型
・光硬化樹脂を用いる
・積層ピッチ0.015mm前後
・耐久性や変形、耐熱性は弱い


石膏粉末積層型
・石膏粉末を用いる
・積層ピッチ0.2mm前後(※ただし含浸後は目立たない)
・フルカラーで出力出来る
・脆い
・ご家庭での制作には向かない(3Dプリンターの値段、粉末が舞う、含浸液の匂い等)
※そうむに式ミクさん(森山弘樹先生モデリング)
 MMDerなら誰もが気になるスカートの中は…



・さらに 紙積層型、 金属粉末積層型柔らかい樹脂素材での3Dプリント
などの紹介もありました.




最後は自作グッズを作るとしたらどんなものが良いかという講義 でした。




また、今回は時間の都合で、実際に3Dプリンター実機でのデモンストレーションは行われなかったですが、 今後は更に実践的な勉強会をしていきたいと仰っていたため、気になる方は是非ともMMD×3Dプリンターの動向に注目してみてください!




~今回の勉強会を通じて学べた事~
現状では3Dプリンターの性能や、3DCGのデータ構成の関係で
誰でも今すぐに市販品のフィギュアと同レベルの物を作ることは難しい
事が学べましたが


今後は3Dプリンターの性能向上、3DCG変換ツールの本格化、3Dプリンタ対応型3DCGデータの登場などの可能性があるため、冒頭で述べた
【近い未来に個人レベルでも楽しめる技術である】とまとめました。



・また、森山弘樹先生が現在作成中であるEasyRecasterは
「MMDモデルを3Dプリント出来るようにするためのツール」
だけではなく、
「MMDの新たな楽しみ方を切り開いたツール」のひとつであり
「それに伴う環境変化への対応を皆で考える機会を得られた」
ものだと筆者は思います。



最後になりましたが、今回の勉強会を開いてくださいました森山弘樹先生、勉強会に参加した皆様、そしてfablab北加賀屋のスタッフの皆様に感謝の言葉で締めたいと思います。
本当にありがとうございました!



<2013年12月11日 追記>
森山弘樹のblogにて、勉強会で使用されたパワーポイント資料をPDF化したものが公開されました。是非チェックしてみてください!
http://blog.goo.ne.jp/somnium_somnium/e/582de55ebb4d7f96e7b50766034282fa



~URL~
森山弘樹先生のblog
http://blog.goo.ne.jp/somnium_somnium

fablab北加賀屋HP 
http://fablabkitakagaya.org

以前にツイッターで議論になったもののまとめ「MMDモデルと3Dプリンタ出力の可否」
(まとめた方:とらみ(@tryme_)様)
http://togetter.com/li/597760


コメント

シオン
No.19 (2013/12/11 20:35)

そういえば、同じ考えで、3DプリンタではなくMMDから厚紙で積層のミク(手作業)をやってた人がいたな・・・・・
フラスコギツネ
No.20 (2013/12/11 22:52)
動け、動け、動いてよ。今、動かなきゃ、今、やらなきゃ、みんな嫁に来て欲しいんだ!
もう一人なのはやなんだよ。だから、動いてよ!
七人七色の人形遣い(ヤンデレ)
No.21 (2013/12/12 00:55)
こちかめでみた
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事