しずくのブロマガ

東方スカイアリーナ-MATSURI-CLIMAX PS4 レート1200越え指南

2016/05/26 21:55 投稿

  • タグ:
  • 東方スカイアリーナ
戦い方やコンボなどはあくまで個人的な物なのでよろしくです(筆者は強くない)
個別のキャラのコンボや特性が知りたい時はコメントに書いてくだされば対応します
※2016/05/29 更新

目次
・前書き
・主な2つの戦術
・チームバトルでの立ち回り
・やってはいけないこと
見たい項目に飛ぶ場合はCtrl + F で上記項目を検索欄にコピー、ペーストしてください

・前書き

用語
C:チャージ
Cショット(長押し□)やCスペカ(R1+長押し□)
EX:エクストラ
EXスペカ(R1+○)
HT:ハイテンション
HTスペカ (ハイテンション時に R1+△)
EXスペカやCLスペカとは違い、R1を押しながら△入力していると格闘になることが多いので同時押ししよう
CT:クライマックステンション
CLスペカ(クライマックス時に R1+×)
全キャラ統一で前方向に弾速早めの結界を発射し、演出に入る
ミラ格
ミラージュ中に格闘ボタンを押すことにより回転怯みが取れる

オンライン対戦をしていると、何も動けず理不尽なコンボを食らってやられてしまう事が多くありませんか?この記事ではそのコンボを習得し、レート1200越えのトロフィーを狙うのが目的となっています

----------------------------------------------------------------------------------------------
・主な2つの戦術
戦い方は主に以下の2つに分けられます
・怯みからの格闘コンボ

・ダメージソース狙い

-怯みからの格闘コンボの解説
上記の前書きは基本的に怯みからの格闘コンボを入れられたせいになります、コンボの入れ方をここで覚えていきましょう
基本的な動きはこちら
Cスペカ → 格闘 

       ↓ノーマルテンション以上

      ミラ格闘 → スペカ or HTスペカ or CTスペカ
 基本的にどのキャラ、タイプでもCスペカを当てた場合相手は仰け反り、そこから格闘コンボを入れることができます。この戦い方をしていればレート1200代までは通用します、が全てのキャラで怯みがあるといっても全てのタイプに向いているわけではありません、不向きなキャラのタイプなどはダメージソース狙いの方で解説します


・Cスペカ
まず最初、Cスペカを当てましょう
キャラによって追尾物、発射物、爆弾物など様々なものがあるのでトレーニングモードで確認しておきましょう
当たれば怯みを取れますが、取れた所で遠ければ意味がありません スライド2回分で近づけるほどの中距離で当てにいくと良いです

・格闘→ミラ格
(連)霊玉を付けておくともっとダメージを狙えます
-テンションに依存せず7連続まで格闘が繋がる
-接近攻撃ケージ回復時間2.5倍
-霊力スパーク消費体力1.1倍
Cスペカを当てた後格闘を最後まで入れる、ここからテンションによる分岐が始まります

Lowテンション
格闘を最後まで入れた後(格闘の数関係なく)の怯みが一切なくなるので反撃のチャンスをもらうようになり、ミラージュ移動ができなくなるのでコンボを続けれなくなります。
Lテンション時に格闘を入り終わった際には、後ろスライドで逃げると反撃をもらう可能性が少なくなります。安全性を取るなら怯みの後は通常ショットを連発だけに留めるのもいいでしょう

Normalテンション以上
格闘を最後まで入った後に相手が少し下がるようになり、ミラ格が行えるので大技まで繋げることができるようになります。ミラ格はデフォルト操作だと(R1+R2 or L2 →△)と中々難しい操作となっているので、設定でR3などで一発で出せるようになると楽になります。
基本的に格闘全弾入った後は確定で入りますが、コンボが甘かったりラグによって抜けられる場合や、至近距離のミラ格になり相手に判定が入らなかったりします、最後の場合格闘終わった後の軽い吹き飛ばしの距離を詰めず、ミラ格を素早く行うことによって改善します。
!注意!
焦ってミラ格をしようとした場合にありがちですが、ミラージュボタンと格闘ボタンを連打するのはやめましょう!ミラージュボタン一発で出るように設定しても、中のシステム的にはR3を押しただけでR1 + R2が同時押しされたことになっているので、そのまま格闘ボタン(△)と重なりR1 + △のHTスペカが出るようになっています、落ち着いてR3ボタンを押してから△を押すだけでも間に合うので慌てないようにしましょう

・スペカ
HTでない場合はスペカでコンボは終わりです、チャージはどうがんばっても間に合わないので無理しないようにしましょう

・HTスペカ
ミラ格からHTスペカが基本的に入ります、突進系だと判定が甘くたまーーに入らないこともありますが・・・
HT行うと高確率で錐揉みダウンになり、遠くへ飛んでいきます。起き攻めもしっかり行いましょう、そこでまた上手くCスペカが当たればまたコンボを繋げることができます

・CTスペカ
ミラ格の後にCTスペカも入ります、入力はそこまで難しくないので落ち着いてやりましょう
しかし自分がCT状態なら相手は高確率で抜けてくる(霊力スパークをする)ので少し前にコンボを入れておいて抜けさせ、霊力ケージを消費させておくなど対策を練りましょう

-ダメージソース狙い
上のコンボとは異なり、ダメージソースである弾幕を当てる事を主に用いた戦術です。
いわゆる”ガン逃げ”になりやすいので、怨念魂?(名前が分からないです;)がついた場合少し前に出るなどした方が良いでしょう

この戦術はめちゃくちゃ嫌われます、マッチした時に抜けられることもシバシバあるかもしれません。何が嫌われるかと言うと
・ガン逃げになるので試合が長くなる
・ずっと受身の体制なので一方的に向こうが何もできなくなる

このガン逃げ戦法に向いているキャラは

・文   -疾風タイプ
スペカの「風神木の葉隠れ」はダメージも高く、スペカなのですぐに出せやすいので一番向いているキャラと言えます。キャラの移動スピードも速く、CTスペカも起き攻めは確定で入るなど格闘を入れた場合でも対応できるキャラです
逆にCスペカは中々使い辛くなっています

・チルノ -氷矢タイプ
Cスペカの「フラストコラムス」によるダメージを狙うキャラ、Cスペカなので連発もできず、当てる為に接近しないといけないので相手のCスペカやミラ格をもらわないようにするなど立ち回りが難しいキャラです

・フラン -禁忌タイプ
Cスペカの「レーヴァテイン」をダメージソースとしたキャラ、チルノの氷矢タイプとやることは変わらない

・魔理沙 -光魔タイプ
魔理沙はどちらかというとコンボとダメソースのハイブリットタイプで、どちらにも応用できるキャラです
スペカのマスタースパークはダメージも高く、これだけで怯ませることができるので格闘を省略してHTスペカやCTスペカに繋げることができます。その分射撃毎に足を止めるので相手からのCスペカをもらう機会が多くなるので後出しじゃんけんが基本的な動きとなります
-----------------------------------------------------------------------------------------------
・チームバトルでの立ち回り
シングルバトルとチームバトルでは戦術が60度くらい変わります

まず、味方がコンボを入れてる時にCスペカなどを撃たないようにしましょう
味方が撃ったCスペカが敵に当たったら恐らく高確率で格闘を入れにいくので、ミラ格まで入った後でCスペカやHTスペカなどをタイミングよく撃ちましょう
また、味方がコンボを入れられてると思った時はダッシュ格闘かミラ格を入れて味方ごと怯ませコンボを阻止しましょう上手くいけば相手にコンボを入れることもできまずが、敵にも味方がいることを忘れないように

基本的に1人狙いを心がけましょう、味方が狙っている敵をしっかり見極めることが大事です
1人狙いすることにより、味方にダメージが入ることが多くなってしまいますが、敵がその分動き辛くなります

体力が少ないからと言って後ろに下がらないようにしましょう、体力が少ない状態で残っても全く意味がありません。むしろ味方の体力が多い内にダウンして、できるだけ2v1の状況を作らないようにしましょう

-----------------------------------------------------------------------------------------------
・やってはいけないこと

・格闘を最初の方で抜けたら反撃をしない
相手が連霊玉を付けていた場合最初の方で抜けて、反撃格闘を狙おうとすると
霊玉スパーク無敵時間<怯み受付時間 なので折角抜けたのにそのまま格闘を入れられる事が多々あります、ただ霊力ケージを消費しただけになるので注意しましょう
格闘の最後の方で抜けた場合でも、ミラ格までごり押しでしてきたら、反撃を狙おうとした場合、後ろで逃げた場合の両方でもひっかかる可能性があるのでミラ格のことも頭に入れておくと良いでしょう

・ローテンション、ノーマルテンションの格闘で抜けない
ノーマルテンションの格闘が繋がった後でもミラ格が入って来るのは精々スペカくらいで、ローテンションに至ってはミラ格すら入らないのでダメージなど微々たるものです。
そんな時に霊力ケージを消費して抜けてしまっては、後にハイテンション状態やクライマックス状態が来た時に抜けられなくなり、大ダメージを食らってしまいます。相手のテンション状態をしっかり把握し、適切なタイミングで抜けましょう

・2v1の状況で攻めない
お互いが1人狙いした場合、自分に2人からの被ロックされる状況があるかもしれません
その時はあまり攻めないようにしましょう、2v1対決の時は複数被ロックされているプレイヤーのどちらのHPが先に減らせるかの勝負になります。ここは下手に攻めるよりも、相方の攻撃を頼りにあまり攻めないようにしましょう


・無駄撃ちをしない
横移動で避けれるショットをがんばって1,2発当てた所でしょぼいダメしか与えれません
無駄撃ちするよりも、上記のダメージソース狙いの弾幕かCスペカのチャージを溜めてコンボを狙った方がいいです
ではショット撃つのはいつなのかというと
・相手の体力ミリ削り
・スペカのリロード時間(撃ち切った後の弾数回復)
・クライマックス後の大怯み中
・味方のコンボが入ってる最中(味方にも当たるが怯むわけじゃないし、Wアタックになり相手には1.2倍のダメが入る)

・格闘反撃の反撃を狙うのに即抜けない
格闘したあと相手に抜けられて反撃格闘をもらった、けど霊力スパークがあるからこっちも反撃できる!
こういう状況で見落としがちなのが、格闘のリロードです
リロードを確認せず抜けて格闘できずに困惑すると無駄な一撃をもらいがちです、反撃を諦めるかリロードをしっかり確認してから行いましょう

・コンボの間を空けてからクライマックステンションに持ち込まない
ミラ格からのCTスペカを入れる場合は事前にコンボを入れておき、相手に意図的に抜けさせるようにしましょう
分かってる人なら無駄かもしれませんが、何もしないよりマシです

・コンボからCTスペカを繋げることに集中しない
コンボからCTスペカが入ると5割や6割ほど削れる大きなダメージソースとなりますが、それだけ考えていてはいけません
格闘されると霊力ケージが溜まって行くので、コンボの最中に霊力スパークされたら元も子もないです。Cスペカの怯みだけでも中距離ほどであればCTスペカもあたるのでCT時間と相談しながら、確実なダメージが欲しい場面や少し前に格闘をフルで当てたなら諦めてその場で撃ちましょう


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事