♫♫【出会って3秒でmix!】♫♫

♫♫歌ってみた!演奏してみた!これから挑戦したい方へ!【レコーディング編】

2019/12/27 12:47 投稿

  • タグ:
  • 歌ってみたにチャレンジしたい方へ!
  • mix
  • mix師
  • 歌ってみた
こんにちわ!しばじろうです!


今回は前回の
歌ってみた!演奏してみた!これから挑戦したい方へ!【フロー編】の続き!
↑前回記事リンクです。

※今回はフォーカス記事となっていますので長文になりますので、
ごゆっくりお時間取れる時に、閲覧して頂く事をお奨めいたします!

それでは早速!
【レコーディング編】にフォーカスしてお話を進めて行きたいと思います!

皆様はどのような環境で歌をレコーディングしていますでしょうか?
私は歌えませんので、依頼内容から統計を取らせて頂きます。
最近は案件としても請け負う形でお仕事をさせて頂いていたり、仲良し様のご協力
と言う形で、有り難くmixを行わさせて頂いております。
勿論まだまだ勉強中です!(小声)

提出される音源の録音環境で、一番多いのが「自宅」です。

自宅?って思うかもしれませんが、【宅録】と言う言葉もある通り。
録音の仕方さえ気を付けてあげれば、かなりのクオリティでレコーディングが
出来てしまいます。
それも、PCソフトや音楽機材の高スペック化に伴って、そのクオリティは
どんどん上がって行ってます!

ですが、

良いと言われる音楽機材に投資出来るほど余裕なんて無いよ。

って方が大半かと思います(汗)

そこで、カラオケ用のマイクでも出来る限り低コストで気を付けれる内容
記載していきますので参考にされて下さい。
沢山あり過ぎますが自宅環境で録音する事にマトを絞って
簡単に実践出来る物を出来るだけ分かり易くお伝えしていきます!

ポップガードを使用する。
値段もピンキリの物がありますが、一般品で大丈夫です。
使用する理由としては、発声をする時のボワっとした風切り音や唾飲音、息継ぎなど
のブレス音を軽減してくれます。
こちらがあるのと無いのとでは後々のmix処理する時に大変になってしまうので
必ず使用しましょう!
理想的にはマイクとポップガードは指三本分開けるのがベストです!

スタンドを使用する。
立って歌うのはお腹に力を入れやすいのもあり発声の観点からも
良いとされていますね!
また、そこでは自宅の周りの生活環境音が大きい場合はポップガードを口に近づけて
取るのがオススメです。
細かく言うとスタンドは持たない事も気を付けて下さいね。
掴んだり離したりの動作がいらぬノイズを発生させてしまいます!

GAINは上げ過ぎない。
音楽的な内容はナンセンス。分かり易くして伝えます!
GAINとはここでは音の入り口と捉えて下さい。

入り口が大きいと沢山の音が拾える事から、聞こえてくる音量も
大きくはっきりしてきますが、入り口が大きい分
生活環境音(エアコンや車が走る音)やホワイトノイズ(サー音)を
拾い易くしてしまいます。
理想的な形は、メモリ上-6dB付近を狙う事。
そこからマイクプリアンプ側の導入で音量を稼ぐのですが、
こちらは後述する、A/IFの欄にてご説明いたします。
何より生活環境音は宅録にとって大敵です。mixでも除去に本当大変!

録音する場所は部屋の中央あたりがおすすめ。
本来であれば部屋鳴りなどを考慮したい所ですが、一人暮らし実家暮らしだと
中々そうも行きませんよね。。。
ですので、出来る限り音の反射が強い窓などガラス面から離れている
部屋中央(ガラス面に背中を向けて)に寄せて録音しましょう。
自分が気持ち良く歌えるからってお風呂場で録音するのはやめましょうw

オーディオインターフェイス(A I/F)だけは購入されたし!
上記のGAINは上げ過ぎない。のカテゴリでもありました通り、
マイクだけでの音量だと小さ過ぎてGAINを上げがちに。。。
逆に下げ過ぎてしまうと音圧が低過ぎて、mix時に音圧を上げると
芯が細くなってしまい音質の劣化に繋がります。

1.じゃあどうすれば良い?【重要】
オーディオインターフェイスを購入すると、付属品で必ずと言って良いほど
簡易版のDAWソフト(録音ソフトと憶えてくれれば結構です)が付いてきます。
そちらに標準搭載されている、マイクプリアンプを使用するのです。
(マイク音量増幅機程度に考えてくれたら結構ですw)
そちらの使い方はDAWソフトにも種類が御座いますので、そのDAWソフト毎での
調べ方になります。が、一見難しそうに見えるだけで、オケを流して歌しか録音しない場合
触るボタンが決まっているので、一連の動作として簡単に憶えれます!
最悪上記カテゴライズされた内容を出来る範囲で守っていただければ、前回記事
ご紹介させて頂きました↓この動画まではmixで引っ張り上げる事が可能です。


オーディオインターフェイスが購入出来ない!
もう、これだけは是非頑張って下さい!(苦笑)
安くて汎用性も良く、費用対効果が高いのでご紹介致しますと、
yamaha AG03は配信でも有名ですね!


入門としてはこちらで全然十分ですし、付属品としてCUBASE AIが付いてきます。
但しメルカリや中古品として購入される場合、付属品のDAWソフトが使用出来るか
の確認は忘れる事なく!

ファイルは保存し録音された物を書き出し。
ここでmix師さんにご依頼される時は、歌音源のファイルとオケ音源ファイルの
提出を以って、mix師さんの完成品を視聴して頂く流れが一般的かと思われます。
ご自身でmixも全て完結したい場合では、DAWソフトも上位版が必要になったり
としますので、その時の予算も含めて考えて計画して行きましょう!
WAV.若しくはMP3(WAV.が好ましい)ファイルとして書き出す前にも
DAWソフト側でプロジェクトファイルとして保存しておいて
予算が出来次第、DAWソフトも上位版にする!とか、色々な方法もあります。


如何でしたでしょうか?

レコーディングになり、ちょっとハードルが上がった感じはしますが
実際に準備を整えて何曲もレコーディングすると、一連の動作として簡単に
憶えれてしまうので特段構える必要は無いと思います!

こんな所でつまづいてる。こんな時は?こんな状況なんですけど?
などなど、御座いましたら下記ツイッターDMでも回答させて頂きますので
フォロー後にお気軽にご連絡下さい♫

https://twitter.com/sivajiro0612

次回は、上記フローの3番【mix編】
こちらにフォーカスした記事を出来る限り分かり易くして記事を作成しますので
是非、参考にされてください!


記事更新いたしました!↓よりリンク致します♫
https://ch.nicovideo.jp/sivajiro/blomaga/ar1848818#-


以上!しばじろうでした!
see ya!!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事