sisukaのブロマガ

アイザックRTA R+S6 考察

2020/09/16 16:35 投稿

  • タグ:
  • 解説
  • The_Binding_of_Isaac
  • アイザックの伝説
  • アイザック
  • RTA
始めに
この記事はS6の考察記事であって紹介記事ではありません。ルール等は全く説明しませんので、そもそもS6を知らない方には何を書いてあるか理解が出来ないかもしれませんがご了承ください。またこの記事は完全主観です、ですから人によっては全く別の考えになるかもしれません。筆者は一応50分を切れているので、参考程度に読んでいただけると幸いです。

BAN戦略
S6ではBIG4から1つ、その他のスターターから3つBAN出来ます。

・BIG4
これはほとんどの場合エピックかイペカックのどちらかをBANすることになると思います。
基本的にはイペの方がエピックよりも爆発力があり、早いタイムを見込めます。ですがロストでイペが出た時に、地形貫通のイペはかなり使いにくくなるだけでなく自爆の恐れもあります。
全てのキャラで安定して使えることを考えると、エピックを選ぶことも十分考えられます。

・スターター
まずドクターとラック13をBANすることは悪くない選択です。ドクターは道中手に入るアイテムで強力なシナジーがほぼ無く、序盤は扉を壊して進めますが終盤息切れします。途中でアイテム部屋に寄ってシナジーを得られることは稀です。
ラック13はまずそれ自体が危険なことが目立ちます。更にドクターと同じく強力なシナジーがトレジャー部屋前提になること。さらに最初からコンパスを所持しているS6ではお店に無理して寄ることが無いので、最大の利点であるお金を稼ぎやすいメリットが半減します。

残る一枠は各プレイヤーの好みによって変わる部分です。候補としてはクリケットボディ・リルブリム・ユダシャドウ辺りが有力候補だと思います。

キャラクター順戦略
S6では1・3・5・7番目のキャラがチェスト、2・4・6番目のキャラがダークルームへ向かいます。

・ロスト・BB
ダークルームのボスであるサタンとラムは、チェストのアイザックやBBのように行動のパターン化を組みづらく、強敵となっています。
悪魔取引がしづらいBBや一瞬のミスで終わってしまうロストはなるべくチェストに行きたがるでしょう。逆に戦闘力の高いエデンやアザゼルはダークルームに行きたいと考えるはずです。不安定なキャラはなるべく早めにプレイした方が良いと考えられています。

・フォガッテン
フォガッテンはけっして弱いキャラクターではありませんが、他のキャラクターに比べてBIG4のシナジーが特殊であまり強くなりません。独自のシナジーが多いので最初のキャラに選ぶ人は非常に多いです。特に最初のキャラクターは初期アイテムをある程度選べるので、他のキャラで使いにくいポリースタートがフォガッテンでは最も強力です。

・エデン
エデンは7キャラ中唯一リセマラが必要なキャラです。ですがランダムスターターに加えてリセマラのアイテムが加わるので、運次第ですが7キャラ中一番強いキャラとも考えられます。安定しないリセマラを早めに終わらせるために2キャラ目にもってくるか、リセマラが早く終わることを信じて最後にもってくるかは好みの問題です。

キャラ別相性の良い悪いアイテム
他のキャラよりも特別にそのキャラと相性の良いアイテムと特別悪いアイテムを書いていきます。ダメージ倍率ものなど書いてないアイテムでも相性の良いもの/悪いものはありますが、そういったものはどんなキャラでも良いもの/悪いものなのでここでは省きます。
フォガッテンとアザゼルの一部アイテムは出ないようになっていますが、ここでは出ないアイテムも含め書いています。

・フォガッテン
良:ポリ、プロプト、セイクリ、チョコ、マッシュ、7ショット
悪:リルブリ、クラウン、ユダシャドウ、インキュバス、Dr、運13、テック5

・ロスト
良:サックダガー、クラウン
悪:運13、ジェイコブ

・BB
良:クラウン
悪:特になし

・イブ
良:テクノロジー
悪:クラウン

・ユダ
良:チョコ、デッドアイ
悪:ユダシャドウ

・アザゼル
良:モンストロ、テクノロジー
悪:ユダシャドウ、クリケットボディ、ポリフェマス、デスタッチ、デッドアイ、ジェイコブ、Dr

プレイ戦略
・マップ
基本的にはフロアナビゲーションストラテジー【 ar1938363 】を参考にプレイします。コンパスを最初から所持しているので、他のシーズンよりも考える事は少ないかもしれません。

・ピックアップ
よく陥りやすいのがコインとカギの拾いすぎです。前の部屋に戻ってまで拾うメリットがあるのは爆弾とカードと青ハートで、カギは必要な分だけ持っていれば大丈夫です。ピックアップを拾いに戻る時間で次の部屋がクリアできることもあるので、部屋に滞在する時間はなるべく減らしましょう。

・トレジャー部屋
B1B2では広くないマップが多いので、多少の時間を犠牲に寄る価値は十分あります。ですがC1以降は一気にマップが広くなり、ボス部屋に向かう道中以外で寄ると多大なロスに繋がります。クリア部屋数を減らすことがタイムに直結します。

・お店
お店で買いたいものは主にマッピングアイテムです。ですがS6ではすでにコンパスを所持しているので、お店に寄る主な理由はカードとハートです。特別な理由(悪魔取引の為のハートやブランクカードBFFs等のアイテムシナジー)が無ければ寄る必要は無いでしょう。ワープカードの為にお店に寄ることは低リスクのギャンブルです。

・体力
S6ではダウンしても45秒間のデメリットのみで、その後青ハート1個半で復活します。多少のリスクは承知で攻めた動きをしてみるのも良いかもしれません。ただし悪魔取引の失敗とボスラッシュでは復活は無いので注意してください。

・veto
最初のキャラのみスタートしたくないアイテムが出た時に拒否できます。最大5個まで表示されていますが、それ以上にvetoした場合は一番古いものが消えて再び出現するようになります。例えば2キャラ目以降に出て欲しいと思ったアイテムをvetoするのが使い方の例です。

・vetoの上のタイマー
最初のキャラのみ表示。次のスタートアイテムに切り替わるまでの時間で、現在のアイテムでスタートしたくない時単純に待つ他、2階の悪魔部屋までを1セットでリセマラを行うのが基本。

最後に
このゲームはローグライクなので最終的には試行回数ゲーになります。ただし一貫した戦略は間違いなくタイム短縮につながることを覚えておいてください。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事