しらべぇ 気になるアレを大調査ニュース!

やっと入れた保育園 シングルマザーに「月6万円の保育料」が請求された理由

2021/01/04 06:30 投稿

コメント:16

  • タグ:
  • 糞記事シリーズ
  • ゴミ記事
  • しらべえ消えろ
  • じゃあしらべぇが援助しろよ
思い悩む母親(yamasan/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)「保育園」をめぐる問題は、待機児童の問題だけではない。

令和元年10月より、幼児教育・保育の無償化が始まったが、現在でもある一定の条件を満たしてしまうと、一切の援助が受けられず、高額な保育料を請求されてしまう仕組みになっている。


■やっとの思いで入った保育園

しらべぇ編集部の取材に応じたのは、夫との離婚協議中に別居し、実家で暮らしながら就職活動を始めた頃、保育料をめぐる問題でとても苦労したというA子さん(20代女性)。当時2歳になる1人息子を保育園に入れるため、通勤を考えて駅近くの保育園を「休職中」の状態で応募したところ、全て落選。

その後、家族の協力を得て何とかアルバイトを始めることができ、2次募集で認可保育園の2歳児クラスに入ることができた。

しかし、その後市が算定したA子さんの月々の保育料の負担額は月額約6万円。当時ほぼ無収入のシングルマザーだったA子さんが支払う月々の保育料としてはありえない金額である。


関連記事:Mカップ・ももせもも、園児の父親とイケナイ関係に 「エプロン姿から…」

■本人は無収入なのに全額請求

保育料(ご本人より提供:実際に市から届いた通知書)

現在では、3~5歳児クラスは保育料が無償化されている。

しかし、当時のA子さんの息子が該当した0歳~2歳児クラスについては、両親の市民税所得割額が115,000円未満であれば無償となる(※金額や算定方法は地域によって異なる)が、祖父母と同居していて、親の年収が120万円以下、ひとり親世帯等の場合は、市民税所得割額が135,600円未満の場合(※金額は地域によって異なる)は、同居の祖父母等家計の主宰者の市民税所得割額によって算定されてしまい、当時同居していたA子さんの父に収入があったために、保育料全額負担となってしまったというのだ。

“幼児教育・保育が無償化”された現在でも、この部分についてはあまり変わっていない。

■「世帯分離」をしても…

対策としてA子さんも「世帯分離」をしていたそうだが、当時A子さんに収入がなかったために、2歳児クラスに通園する初年度については、父の市民税所得割額によって算定されてしまうことに。

A子さんはA子さんの母の連れ子で、父とは「養父・養子」という関係であり、実家に住まわせて貰っていても、親に金銭面的にあまり頼ることが出来ず。アルバイトの収入が反映されるまでの期間は、ほとんど家にお金を入れることができず、家庭内でも肩身の狭い思いをしたという。


■現状では「離縁」するしかない

弁護士・齋藤健博先生

A子さんのような場合、諦めて高すぎる保育料を支払うしか方法はないのか…齋藤健博士弁護士は次のように話す。

齋藤弁護士:一つの方策として考えられるのは、養子養親と扶養関係を戦略的に解消する手段はあり得ると思います。これは、離縁といいます。


離縁の手続をとると、養子養親の関係になく、正式な援助を受けていない、受けることができていないと説明することが一応可能となります。ただしこの手段はこれまで育ててくれた親御さんとの人間関係があること、今後養子養親関係にが解消された場合にどんな関係性を保っていくのが良いのかトラブルになりがちなこと、何より極端なやり方であることには注意しなければなりません。

■「血が通っていないと感じた」

翌年の3歳児クラスからは、A子さんのアルバイトの収入も反映され、令和元年からようやく「保育料無償化」の恩恵を受けられるようになったA子さん。しらべぇ編集部の取材に対し、当時を振り返って以下のコメントを寄せている。

「元夫のモラハラDVから逃れるため、息子を抱っこ紐で背負い、両手に持てるだけの荷物を持って逃げてきたんです。貯金も元夫に吸い取られほぼ一文無しの状態で、部屋を借りることなんてできなかったし、生きることに必死で一番苦しかったときに、支援を受けることができなかった。一番肝心な部分に、血が通っていないと感じた」。


■子育てをする環境にも目を向けて

保育料の算定方法や基準、対応については市区町村によって大きく異なり、A子さんは様々な悪条件が重なった「最悪のケース」と思われる。しかし、改めて考えたいのが、子供を1人で育てていくことは、本来不可能に近いということ。

家に帰れば誰かがいる環境は子供の成長にとっても重要であるにも関わらず、現状では「実家で親と同居」することは、ひとり親にとって大きな壁となってしまっていることが実情だ。

ひとり親がこうした問題に悩まされることなく、自立のため、子供のために誰かを頼ることができる社会であるべきではないだろうか。

・合わせて読みたい→育休中の古坂大魔王、夜中の授乳を経験し「ママ様たち…凄すぎる」と感嘆

(取材・文/しらべぇ編集部・越野 真由香 取材協力/齋藤健博弁護士)

コメント

con
No.16 (2021/01/05 22:33)
糞記事しか書けないゴミしらべえ死ね
kiki
No.17 (2021/01/05 22:52)
大丈夫?しらべぇの記事だよ?
マーク
No.18 (2021/01/05 23:29)
6万は足切りじゃんよ。貧すればぢ鈍する家のガキが普通の家のの子供達に危害を加えたら迷惑って事だろ?
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

しらべぇ 気になるアレを大調査ニュース!

しらべぇ 気になるアレを大調査ニュース!

このチャンネルの詳細