しらべぇ 気になるアレを大調査ニュース!

サッカーチームに落雷で10代少年10名が死亡 集団での雨宿りも失策か

2020/08/31 12:00 投稿

コメント:24

  • タグ:
  • サッカー
  • 落雷
  • 悲劇
落雷・稲妻(AlxeyPnferov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)各地で大気の不安定な状態が続いているこの時期、屋外でのイベントやスポーツ、キャンプなどを行う際は空模様をよく見て、天気予報をこまめにチェックすることが必要だ。雨から身を守ることができたとしても安心するのは早い。稲妻に襲われることがあるからだ。

■茅葺き屋根の小屋に避難

ウガンダ・西ナイル地方のアルア県で27日夕方、サッカーの練習をしていたジュニアユース・チームが落雷の被害に見舞われ、少年10名が命を落とした。

雷が発生し、激しい雨も降り始めたことから少年たちは練習をやめ、ピッチの脇にある茅葺き屋根の小屋に避難。ところがその小屋に雷が落ちた。雨宿りができる場所として全員が一か所に集まったことも、被害人数の多さにつながった模様だ。

関連記事:梅雨明けは10日後? 長引くジメジメ空模様について気象庁が新たな予報発表

■13~15歳の9名は即死

この落雷被害により亡くなったのは、11歳から16歳までの10名。1名は救急搬送の間に息を引き取ったが、13~15歳の9名は即死だったことがわかっている。

また同じ場所にいながら4名は無事で、感電があった3名は病院を受診。後遺症などについて観察が続けられている。

■たとえ積乱雲がなくても

空が暗くなったと思ったら、いきなり始まる強い雨と雷。天候が不安定なこの時期、屋外でのイベントやスポーツ、キャンプの主宰者には、空模様をしっかりと見極める安全管理の意識が強く求められている。

さらに、天気が変わりやすいとの予報があった日は、積乱雲が現れなくても油断は禁物だ。ドイツのホップシュテッテン=ヴァイアースでは数年前、空模様がまったく悪くないなかサッカーの試合会場にいきなり雷が落ち、33人が重軽傷を負っていた。

■避難できる場所がない場合

落雷の危険があるにもかかわらず、避難できそうな建物が見当たらないときは我が身をどう守ればよいのだろうか。

金属部分に触れなければ車のなかが安全だといわれているが、車がない場合も多い。そんなときは両足を揃えて前かがみになってしゃがみ、左右の手で耳を塞ぐポーズが推奨されている。

広い野原のような場所で雨やどりのため木の下に入るのは厳禁。そして、態勢を低く保とうと腹ばいになって寝るのも危険。地面との接地面積が広くなれば、感電の危険性がそれだけ増すからだそうだ。

・合わせて読みたい→野菜高騰で「カレーライス」が高級料理に? その原因を農水省に直撃した

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

コメント

shcend
No.24 (2020/09/01 23:48)
小屋が避雷針になるような形状してたならともかく雷寄せるような物体が周囲にないなら運が悪かっただけじゃないのか?
Kaisei
No.25 (2020/09/01 23:56)
小屋からちょっと離れたとこで上に書いてるポーズするのが最適解
ソウナンですか?でやってた
__
No.26 (2020/09/02 06:38)
>>25
激しい雨の中ずぶ濡れでそれすんの?って話
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

しらべぇ 気になるアレを大調査ニュース!

しらべぇ 気になるアレを大調査ニュース!

このチャンネルの詳細