シルキーの雑記帳

CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Glowing Rock! Day2 現地レポ

2020/02/17 22:42 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターシンデレラガールズ
  • 京セラドーム大阪
  • Glowing_Rock!
  • im@sライブ
  • Special_3chord♪














もう相変わらず全公演共通のOvertureから「ガルフロ」
に至るまでのメロディが好きすぎる。
音源化してくれ…

それでいてさらに5th思い出すような幕への
「FINAL Special 3code」とかもう当時参加できなかった
身からしたら全通であの表示を最終公演で見たもんだから
もうあれで開幕泣き10割来たが…

「ガルフロ」、地味にオリメン揃ってたので1番で
その面子を順々に抜いていってるのいいなあと思った…
昨日も脳天ぶっ刺されたラスサビのラスサビの
「拓け」、昨日よりより力強さ増したような歌い方で
グッときた…

前日がスタンドだっただけに動きが良く見えた
「Unlock Starbeat」。
間奏であしゃいさんとあやっぺが体寄せて
エアギターセッションしてた…


飯屋
「最終公演ということで、コミカルかつポップに
 ロックで頑張ろうと思います!」


「Lunatic Show」、間奏でさっつんちょこたんが
身を寄せ合ったというのがもうポイント高い。
セリフ照れてミスってた気がするけど
かわいいのでいいのだ…

「美に入り」から何がくると思ったら
ビックリ「Virgin love」。
ちょうどまゆぽよさんが見える位置だったのだけど、
まあ姿立ち振る舞いがキュートでキュートで。
ずーっと目を奪われてた…

「オウムアムアに幸運を」、1日目以上に
まつえりさんが楽しんでらした気がする…
最後に「アッ」って声出してたような…
あれは一体…w

「Gaze and Gaze」、アリーナ正面で
あの拳の交わし合いを生で見れたのは印象深い…
そして明かされるこれもギターで参加してた
睦月兄貴の作曲である事。つっっっよ…

「Trust me」、改めてあの時の飯屋さんは
カッコよさ全開だったし、その横の渕上様も
まあスマートさ全開で全開で。
スーパースマートすぎた…

そして衝撃のアコースティックブロック。
「Voyage」は曲調的にもくるかなと思ってたけど
やはりアコースティックの雰囲気が似合う…
あやっぺの
「広い会場の皆さん個々に届くように歌いました」
というのもまた…

そして何と言っても「エヴリデイドリーム」と
「マイ・スイート・ハネムーン」のメドレー披露。
原曲のテンポからよりBPMを落とし
情感たっぷりに歌い上げる姿。
「エヴリデイ」の1番あたりだけで3分くらいの
尺だった気がしてこの感じでフル歌いあげかと思いきや
「マイスイート」への転調。あの瞬間の
声にならないような悲鳴にも似た歓声が忘れられない…
あの瞬間の我々は間違いなく、伝説的なものを
見た証人だったと感じるばかり。
でまたエモかったのが曲を移ってのメドレーの
締めくくりにまた「エヴリデイドリーム」の節を
入れてたということ…前日の「in fact」でも
同じような仕掛けを入れてただけに
構えができた状態で聞けたのが良かった…

もうこの時点で感情揺さぶられてて100%
「Frost」の2日連続と持ってただけに
「夏恋 -NATSU KOI-」でさらに
感情をグシャグシャにされた…
「バイブス上がった」と3人が語るように
曲が進んでいくごとによりこう想いが
突き刺さってくるような歌い上げをしてて
もうヤバかった…

それでいてこの後がニュージェネとしての完全新曲
「Great Journey」とか気持ちの整理がつかねえよ…
でもはっきりと聞こえたのは「流れ星」と
「キセキ」が1フレーズであった歌詞、
そしてライティングはニュージェネの
3色だったというのは確かに脳裏に焼き付いている…
令和の時代もニュージェネに
まだ期待していいんだって感じた瞬間だった…

飯屋
「(リュック)を背負う振り付けがあって、
 片手マイクなんでそこ頑張って
 可愛くなるようにやったんですけど…

アッ反応が芳しくない…w」
新曲とこの流れで唐突に振らんでおくれ…


これで「Sun High Gold!」とかマジで
生きて返す気ねえと感じた…これを昨日の
「夢をのぞいたら」の裏としてやってくれただけで
ももう嬉しかったのに2番で未央加蓮登場とか
どうなってるんだい全く…
そして2番の「だいぶかかったよ〜」の
原曲未央パートきっちり未央に歌わせるエモさ。


「Pallete」、かわいいを辞書で引いたら今回披露した
映像が出るようにして欲しいレベルで
キュートだったんだけどそりゃそうだ。
これはPCSの3人が女の子の誰よりも可愛くなりたいって
思いを確かこめてたということを思い出し、
それって100点満点以上のパフォーマンスやん!!!と
膝を打った…

昨日の「ロキエモ」といいやっぱり抑えてて欲しかった
「Twilight Sky」をアスタリスクでという贅沢の極み。
ドーム規模で青オレンジのグラデーションって難しいと
思ったけど1番途中で抜かれてた会場全体の画が
絶妙なコントラストで…
とにかくもうサビの振り付けとラスサビの歌詞が
大好きな人間なのでそれを久しぶりに、また生バンドで
聴けたというのが良かった…ギターソロでの睦月さんと
瑠璃子の並び立ち良かった…

聞きたかったもの聞けて良かった…という
雰囲気の場内に響き渡るは荘厳たるゴシック感を
感じる特殊イントロ。
もうこの時点で蘭子確定だと確信して歌い出しで
沸き立つ場内にニヤついてた…
つくづくこれ生バンドでやったら京セラ破壊しちゃうと
思ったけどやっぱり最高だった…
最高さを形容出来ないのがとても惜しいのだけど、
5thも久しぶりのCMソロ曲披露がこの大阪の地だったし
縁があるなあ、と。

Max Beat、意外とといっては失礼なのだけれど
あっちゃんのダンスのキレが良かった…

1日目を踏まえての「Facinate」、やっぱり凄かった…
既に前日感想戦の時点で表情を変えずにかつ
力強く歌い上げる千夜パートすっげえという話を
聞いてたけどそれを肌で感じた…

そして「毒茸伝説」。パッション2人という相棒を加え
歌だけではなく振り付けにも力が入ってた気がする…
結構体勢低くしてた場面も見た気がする…
というかここ、この後「アンデッド・ダンスロック」、
「Absolute Nine」を挟んで「∀nswer」という怒涛さ。
これでもパフォーマンス力落ちたと一瞬でも
感じさせなかったさっつんすげえよ…

改めての「Trinity Field」はもう生バンドサウンドを
脳内に焼きつけたのでもうこれでCD音源に戻れない
体になってしまった…
そしてもうこれ死ぬほど好きなんだけど、
サビの時天井で浮遊する3つの三角形がサビ終わり
「重なり合う Trinity Field」で1本の線3つに変わって
三角形を形成するライティング好き。
味をしめてくれまじで。
刺さってるから。そしてラスサビのばしすき。
音源化してくれマジで…

響き渡るはIMAJOさんのギターの音。
もうこの時点で客席8割型全てを察して
Xポーズをし出す。そして歌い出しで沸き立つ。
「紅」だあああああああああああ!!!!!!!!!!
収録時曲調の大変さから1発のみの収録だったこれを
よもやシンデレラガールズ8年目にして披露となるとは。
客席は沸き立ち、バンドメンバーすら楽しむように演奏する姿。
いやでもこれちゃんと演奏できたら絶対気持ちいいはず…
確信した。我々はこの日一生残る「伝説」を見たのだ…


津田ちゃん
「純情midnight伝説歌えて〜楽しかったです!
 強い曲が並ぶ中ピンクチェックスクールで
 『Palette』歌うのがロックかな、と思いました!
 来週には小日向美穂ちゃんの「踊るFLAGSHIP」も
 でるもんね〜(渕上様と頷き合う)
 止まらないことがロック、って感じました!
 ありがとうございました!」

佐倉さん
「りこ(関口理咲)ちゃんはシンデレラが初めての
 お仕事だーというような子で、私が彼女を
 支えてあげられたらと思ったんですけど、
 逆に彼女に支えられたなあという感じで…。
(中略)これからもちとせちゃんと千夜ちゃん、
そしてVelvet Roseをよろしくお願いいたします!」

…それを見守ってた関口さんも涙し、最後には
佐倉さんと合わせて場内に一礼してくださってた…


さっつん
「星輝子って、万人受けするような子ではないかなと
思うんです。でも尖っててもいいよ、と皆さんが
受け入れてくださってくださるからこそ、
今回紅ができたって思うんです。」

まきのん
「これからもいろんな可能性を感じて
 もらえるようにまゆと頑張ろうと思います!」

ふーりん
「プロデューサーの皆さん本当にお疲れ様でした。
 私も3公演出させていただいて…(場内拍手)
 あっねぎらいの拍手だ…ありがとうございます。
 沈黙すらロックになるんだなあと。
 メンバーみんな良い子で…これだけメンバー居てですよ?w
(原・青木・立花が照れるような仕草を見せ場内笑い)
 そうね…良い子ですw
 このツアーを通じて、どんどんみんなの事が
 より好きになりました。凛の事も考える時間が
 多かった半年間でした。これからも凛の側でずっと、
 手を取ってあげられるよう頑張ろうと思います!
 本当にありがとうございました!」

飯屋さん
「この1年って未央にとって激動の1年で、その中で
 ツアーもダンス・ロックと参加させていただいて、
 新しい一面と触れさせていただく中で挑戦と
 やりがいをもってやらせていただいたなあと感じています。
 これからも未央の新たな可能性を見せていきたいと
 思います!」

おねシン、センター寄りに居たからか
バンドメンバーの方々あたりで
はしゃぐ姿がよく見えたような。
ドラムに興味を示したのを
観測したのはあやっぺとはっしー。
あやっぺは興味を持ち予備のスティックを借り
興味深げにそーっとシンバルを叩いてた一方、
はっしーは満面の笑みを浮かべて
バコバコ叩いていた…
ところでしきくんはなんでバンドブースの横の
階段に座ってたたずんでたんだ…



というわけでふーりん同様、私も3公演6日間を
無事完走出来ました。やっぱり自分にとっての
アイマスの原点はシンデレラガールズであり、
それこそ私もまたより好きが増えた
半年間になりました。
担当一気に数人増えちゃいそうですが、そこらへん
もっとよく考えようとも感じさせてもらいました。
チケット譲渡でお世話になった方々、
名刺交換させていただいた同僚諸兄の皆様、
千秋楽ノリで最後の打ち上げで呑んだ方々。
何よりこのライブ開催にに関わった全ての方々に
感謝しかねえっす。
ありがとうございました!!!!

次は9月。舞台の地の発表を待ちつつ
日々のプロデュースもうちょいガンバリマス!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事