シルクPの雑記帳

2019年・元号跨ぎだからこそ絞れなかったゆえの楽曲19選

2019/12/22 14:20 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターシンデレラガールズ
  • アイドルマスターミリオンライブ
  • アイドルマスターシャイニーカラーズ
  • 雨宮天
  • 夏川椎菜
  • Perfume

昨年(世に出したのは今年だけれど)書いた
ぶっ刺さりアイマス曲大賞に続き、
今年はジャンル問わずの19曲で書いてみました。
オタク語彙力で書いてるので
優しく見守ってください…


#1 O-ku-ri-mo-no Sunday!



by Miroir[久川凪(立花日菜)・久川颯(長江理加)]
作詞:烏屋茶房 作曲:烏屋茶房、篠崎あやめ
編曲:篠崎あやめ



今年序盤に早くも覇権確実と呼べるポップチューンを
撃ち込んだのがまたシンデレラガールズ7年目で
新規登場の久川姉妹というのが本当にビックサプライズ。
ラジオ番組を思い出す始まりは令和の
「ミュージック・アワー」…ではと思ったけど
これ初出はまだ平成でしたというオチ。
クラップとか合いの手が入る余地を絡ませた曲調には
ライブ映え絶対するよなあ、と思ったらやはりの
幕張初披露での最高理論値弾き出し。
やっぱり久川凪ラップだよ…

配信限定 (2019.04.16 配信開始)


#2 ヒカリのdestination





by イルミネーションスターズ
作詞:中村彼方 作曲・編曲:中野領太(onetrap)
from THE IDOLM@STER SHINY COLORS
BRILLI@NT WING 02 [2018.06.06 Release]



今年やっぱり個人的に風穴を開けたのは
シャイニーカラーズなのは言うまでもなく。
「We can go now!」と迷ったけど、
「一度触れてしまった時に忘れられない夢になったの〜」
という歌詞にシャニマスに出会った自分が
重なってしまったのと、バンナムフェスで曲数限られるかも、
という中でこの曲で扉を開けてくれた思い出込みで
この曲をセレクト。


#3 虹になれ




by イルミネーションスターズ
作詞:中村彼方 作曲・編曲:藤末 樹
from THE IDOLM@STER SHINY COLORS
BRILLI@NT WING 02 [2018.06.06 Release]




もう1曲同じシングル収録のこの曲はより、
こう八宮めぐるの歌声の聞き通りの良さを
一番感じたのがこれだったのでセレクト。
Dメロの「あの大空に」なんですわ…
最後のあの音、個人的にこう何か物語のページを
めぐる音みたいに聞こえて。それが何かは
解釈の余地がありそうな気がする…
だってシャニマスだもん…



★配信はこちら


#4 NEO THEORY FANTASY




by アンティーカ
作詞:真崎エリカ
作曲:鍋谷卓摩(luxis)
編曲:遠藤ナオキ(HOVERBOARD,Inc.)
from THE IDOLM@STER SHINY COLORS
FR@GMENT WING 03 [2019.06.12 Release]



シャイニーカラーズにハマって、一通りユニット曲を
聞く中でやはりこう、心を一番くすぐられる
サウンドしてたのがやっぱりアンティーカ。
実際バンナムフェスでは今回は選外としたけど
「バベルシティ・グレイス」でアイマス勢激アツの
蒼さとダークさを交えた流れの一角を見事に果たしてた…
で、そのサウンド性がぶれないまま2周目のA面に
これを持ってこられたら勝つしかなかったのが
「NEO THEORY FANTASY」。
イントロでの三峰の「ていあーん」にストーリー性を
持たせ曲として本当に完成させたのは1.5th感謝祭だと思う。
セリフからのスイッチの入り方ってのが本当にカッコいい。

※参考:「バベルシティ・グレイス」




#5 ラビリンス・レジスタンス



by アンティーカ
作詞:真崎エリカ 作曲:家原正樹、Lauren Kaori
編曲:家原正樹
from THE IDOLM@STER SHINY COLORS
FR@GMENT WING 03 [2019.06.12 Release]



こちらももう1曲。「ラビリンス・レジスタンス」は
ゲーム内でのアンティーカ感謝祭コミュを
浴びてから聞くんだ…聞いてくれ…
純粋に聞いてもこうレジスタンス感を感じるのだけど、
あのコミュを見てから聞き返すとより重さが違うんだ…
Dメロのソロパートの割り振り方とか、そういうことかと。



★配信はこちら


#6 ビーチブレイバー



by 放課後クライマックスガールズ
作詞:古屋真 作曲:GAKU
編曲:渡辺徹
from THE IDOLM@STER SHINY COLORS
FR@GMENT WING 04 [2019.07.10 Release]



ライブでより楽しさを感じてノミネート。
サマパでは純粋に放クラの楽しさってこれなんだぜ!!
ってのを全身で浴びたし、1.5th感謝祭ではラスサビ前の
Dメロパートの各々のソロパートが覚醒してたような感覚を
覚えたし、やっぱりそのトリを飾った果穂ソロパートが
グサっと心に来た…で、またこれ「共鳴世界の存在論」とか
書いてらした烏屋先生がツイートしてらしたけど、
歌詞が良いしオサレの塊。
ホント隙ねえなあと。



★配信はこちら


#7 Flyers!!!



by 765 MILLION ALLSTARS
作詞:唐沢美帆 作曲・編曲:新田目 翔
from THE IDOLM@STER
MILLION THE@TER WAVE 01 Flyers!!! [2019.07.24 Release]



ミリオンライブの今年といったらやっぱりこの曲。
福岡でのミリシタ2ndアニバーサリーに追加公演
発表というバフはあれど、ミリシタのイベントで
走ってても飽きること無く何回も叩ける中毒性を
持ってる強さは唯一無二。やはり昨年覇権の
「花ざかりWeekend」の作家コンビに死角なし。
サビ入りのアクセント最高じゃありません?????
1番も2番の入りも。で、さらにエモを誘うギターソロからの
「強く地面を蹴って 長く助走を取った〜」からの歌詞が
さらにミリオンライブとしてのこれまでの歩みも感じるのが
非常に良い…



★配信はこちら

#8 アルストロメリア



by アルストロメリア
作詞:鈴木静那 作曲・編曲:森本貴大
from THE IDOLM@STER SHINY COLORS
BRILLI@NT WING 05 [2018.10.03 Release]



なんだこの聞く幸福論!?
こうアルストロメリアのボーカルって上手いこと
千雪さんが少し高め、中音域を甘奈、低音域を
甜花ちゃんが担うような…とにかくこう理想的な
バランス過ぎるのが幸福論みを増してる気がして。
最初聞いたときはBメロ転調にビックリしたけど、
聞き馴染むとこれ以外あり得ねえってなる…



★配信はこちら


#9 Bloomy!



by アルストロメリア
作詞:鈴木静那 作曲:北ノ原凉 編曲:伊藤立
from THE IDOLM@STER SHINY COLORS
FR@GMENT WING 05 [2019.08.21 Release]



で、そっからの幸福論第2章。あくまで踏まえるは
そういう意味ではないのかもしれないけど、
千雪さんの「大丈夫」は背中を押してくれる…
早くソロコレをください…



★配信はこちら


#10 Wondering Dream Chaser



by ストレイライト
作詞:下地悠 作曲:小久保祐希、YUU for YOU
編曲:YUU for YOU
from THE IDOLM@STER SHINY COLORS
FR@GMENT WING 06 [2019.09.15 Release]



僕の好きなトランス系だ!!!!!と初聞きで
トリコになったこの曲。純粋に強いメロディーラインなんだけど、
これは是非生のダンスパフォーマンス含めで見てほしい…
生で見て横転したので…


#11 Tranceling the World



by ストレイライト
作詞:下地悠 作曲・編曲:R・O・N
from THE IDOLM@STER SHINY COLORS
FR@GMENT WING 06 [2019.09.15 Release]



となって落ちたら初披露後にさらに刺さりそうな
ラップ系も来たでござるだったストレイライト。
こちらは「ラスト・アクトレス」のR・O・Nさんが作曲。
これライブでやるの!?という感じのボーカルの
ナリなんだけど、こちらもストレイライト3人が
見事にリリイベで仕上げてきていたので、
ここでは名前だけ覚えて是非イベントでの初披露を
楽しみにしてほしい…スプパに2ndもあるし…
そうしてハマった後、黛冬優子にハマるのだけれど、
その話はまたどこかで。



★配信はこちら


#12 VESTIGE



by 雨宮天
作詞:KOUTAPAI
作曲・編曲:Carlos K.・Toshi-Fj
from Regeneration
[2019.11.06 Release]



★配信はこちら(視聴あり)

絶対にストライクゾーンから外れた球が来ず、
それでいてこういいコースにビタッと決まってくる
楽曲しか来ない、というもう信頼の塊でしかないなのが
「雨宮流」の楽曲で、その流れを見事に体現していて
もう最高の極み。「skyreach」や「Velvet Rays」に
代表される雨宮流の本線といってもいいメロディーラインの
集大成すら感じるし、来年の大型単独ライブでも
絶対軸を担うであろう…「Never Never Never」とか
「Ever Ever Ever」とか遊びどころに持っていけそうな
気がするんだよなあ…演出面で…
と思ってたらこれまでにない「PARADOX」を
12月頭に浴びたけど、これはまた来年の
ノミネート筆頭なのでそちらで。

※「skyrech」


※2「Velvet Rays」


※3「RARADOX」



#13 New Romantic Sailor



by Guilty Kiss
作詞:畑 亜貴 作曲:杉山勝彦 , ulala 編曲:ulala
from New Romantic Sailors [2019.11.27 Release]



やっぱりバンナムフェスで見事にぶち抜かれた身としては
入れねばならない…フェスでは組体操してた気がするけど、
これ勘違いでなければレーザービーム以外にも他の2人
何か打ってないか…?大サビの転調するあたりとかで。
強い曲ガン並べしてこれ新曲で出せるのは手札が厚いし、
来年の単独が被りなし(のはず)なのでLV現実味帯びますね…



★配信はこちら


#14 シマエバイイ
by 夏川椎菜
作詞・作曲・編曲:SHIBU
from ログライン
[2019.04.17 Release]

#15 チアミーチアユー
by 夏川椎菜
作詞:夏川椎菜 作曲:浅利進吾
編曲:川崎智哉
from ログライン





2019年で通しで聞いて一番隙を与えなかったアルバムこそ
「ログライン」だと思うわけで。1回フルで聞いてみると、
アルバムとしてホント流れが完成されてる…マジで。
「パレイド」から「ファーストプロット」まで
隙がないと言っていいその流れをライブで1回完全に解体して、
再構築した上でさらに盤石さを交えていて。
そんな事を感じた中野追加公演から2曲をノミネート。

「シマエバイイ」はEDMみを感じたので、
もしライブで背景演出あったらそういう感じで来ねえかなあ…
と思ってたところに、もう想像通りどころか120%の一致で
来られて涙出たレベルで凄かった…
というのを抜きにしても聞いててノリたくなるような
このメロディーラインが癖になる…

「チアミーチアユー」に関しては最初に聞いた時から
これをライブで絶対聞きてえ!!と惚れ込んでただけに
それがライブの締めくくりで特定の歌詞を特大紙芝居で
歌うよう煽る煽る。曲名の通りまさにそれは「チアミー」と
俺らを奮い立たせ、「チアユー」とナンスを
応援させる最高の光景。
ライブの世界観の凄さはこっちで細かく。
円盤も出るので是非オタク各位マジで見て欲しい。
世界観パネえから。



★配信はこちら


#17 レーザービーム
by Perfume
作詞・作曲: 中田ヤスタカ
from Perfume The Best "P Cubed"

#18 ワンルーム・ディスコ
by Perfume
作詞・作曲: 中田ヤスタカ
from Perfume The Best "P Cubed"





なぜPufume?となるけどまあ聞いておくれよと。
紅白観ましたか、去年の。テクノロジーガンガンに使った
ステージング。やっぱり面白いと思ってた中で
ベスト盤発売の報で聴いてみてやっぱり良さにハマり。



先に挙げさせてもらった「レーザービーム」は
数年前にイチローのMADで存在は知ってたけど
改めてこう見てると好きなメロディーラインしてる…
というか単純に好き。中田ヤスタカー!!!って
なるやつです。間奏の歌詞にならないボーカルの暴れ方…
語彙がないのでこういう表現になるけど、これなんですよ…



天才的なイントロってのは時々遭遇するけど
この音の感じのはまり方なんなんだだよと思うくらいに
カッコいいのがもう1曲Perfumeからノミネートさせていただく
「ワンルーム・ディスコ」。またそのハマるイントロを
随所に使って来てラスサビでも使ってくるのに芸術性を感じるし
それがハマったイントロなら尚更最高だよね、ってのを
体現してるんですよ、これ。歌詞をさらに読むと
ちゃんとワンルームディスコしてるんですよさらに。天才。



★配信はこちら


#19 バベル



by Dimension-3
[一ノ瀬志希(CV.藍原ことみ)・二宮飛鳥(CV.青木志貴)]
*配信限定(2019.04.16 配信開始)

★配信はこちら(試聴あり)


楽曲大賞、当初は10選としようとしてたのだけど
それを全力でぶち壊してナゴドで最高峰の建造物を
竣工しちゃったスーパーキラーチューン。
この並びにしたのは中田ヤスタカ氏がこだわってた
BPM128と親和性があるんですわ、これ…
間奏でボーカルちょっと暴れさせてるあの感じも
先述した「レーザービーム」みがしていい…
低音マシマシで聞くとこの曲の迫力はマジで
倍増どころの話じゃないし、それでいてまた
ラップに近いボーカルの速さがライブでもブレない。
そこにさらに曲名要素である天使と悪魔の邂逅という
とんでも振り付けやられたもんだからもうお手上げ。
ナゴド2日間は本当にこの曲の虜にするには
格好の機会だった…
再生数は初披露の日からグンと伸びていつの間に
唯一の50回越え。もうお前が今年の楽曲大賞だわ…





なんかこう並べてみるとEDMが
好きな気がしてきたので
来年はそこ強化で音楽聴き倒してみようと思う
年末なのでした。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事