シルクPの雑記帳

【いつまでも残る宝物のような、冬のきらめき】CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!! ナゴヤドームDay2 現地録

2018/12/09 22:15 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターシンデレラガールズ
  • ナゴヤドーム
  • MERRY-GO-ROUNDOME!!!
  • im@sライブ




千秋楽にして冬の遊園地。
メットライフでも思ったが、
個人フラスタに並ぶ日が来ようとは…
1日目で撮影していたぶんの一部をご紹介。



























そして、今回もメットライフドーム公演に続き雄城さんの未央フラスタに、



さらに…



真打さんのトライアドプリムス
フラスタ企画に参加させていただきました。
おふたつとも素敵なフラスタ、
ありがとうございました!

千秋楽からか、開演前から異様だった場内。
「ラヴィアンローズ」で響いたひとりのPのコールには
「ヒューッ!!w」って感じになり
拍手が贈られていた…

絶対特権後に流れたシャニのCMでは
担当愛を叫ぼう選手権が開催されるような状態、
その後のデレステPVまで波及する事態w
沸いた際に隣になった方に先述の流れを説明するも
「なんでそんな流れに…?」と。
「さあ…?w」と返すしかねえ...わからねえもんなあ…

そしてワンフレーズ流れただけでコールが起きる
Radio Happy、人気過ぎる…
(僕も好きだしやった…)

開演前ラストは「Yes Party Time!!」。
ウェーブも決まり、高まりの中千秋楽開演。

この日も映し出されるメンバー1人1人への
歓声が上がっていた
「イリュージョニスタ」から開幕。

挨拶。今日も高田のゆうゆうが
よしのんにしか見えない後ろで
何やってるんだ後ろの2人…
そっちしか目が行かねえぞ…
そして中の人に変わった瞬間にエアで作ってた
器を落とすな瑠璃子…w

関ちゃんで
「こんなステージに立てるなんて…
ううん、ずっと夢見てた」
この時点でやばくないか?????

この特殊イントロ…ハッ!? 
ついに揃い踏みした「Snow Wings」。
かつての神戸では入れ違い、発売からも
どのくらい経っただろうか…待たせやがって…
(泣く)

去年の静岡、この曲でのしまゆきちゃんの姿に
新時代を感じた「追い風Running」
5万人の「おはよ!!!!!!」が響く…
高まるよなあ…

「アツアツ♪マカロニグラタン」、
サビ終わりで感じた
「ふっふっふーはしてもらいたいけど
作ってもらったのならしたいもどかしさ」。
歌い分けを上手いことお願いしたい…

「Sunshine See May」は清すぎるんや…
それに浄化されて語彙が消えるんや…
曲中のフォーメーションがなかなかの
見所だったけど語彙はねえぞ…
ディレイで見直したいですね…

初披露も泣いたけどやはりそのソロの姿は
惹きつけるものがある「楽園」。
1番後のピアノやっぱいいよなあ…と。
Dメロ前の間奏でのセリフ



このN+踏襲ってのがまた…
まあボロッボロに泣きましたよ…

「あんきら!?狂騒曲」で何度も披露した
安定と安心感からハグとかそういう事する…
ラストは杏から「頑張ったからしゃちほこ観に行こう」
とかも…あれ!?逆!?と。
そういうところがホントずるい。

なあ、だからか知らんが「Snow*Love」の
記憶飛んでるんやが…

最強曲、というか思い出の詰まって
凄く特別になった「Starry-Go-Round」。
バックステージに着いて扉を開けて
降りれるよう抑えていたかりりん、
「どうぞ…」言いながらやってる
森久保感がすごくした…そのかりりんに
「なんで遅刻したの?w」とグサーといく舞先輩…
今日も自由だ…やめたげてよお!w

いい意味で期待を裏切ってきた
「きらりんロボのテーマ」。予習範囲に
入れてたけどまさかソロこれで消化してくるとは。
すぷふぇすで終わりかと…
あの時なかったグラッシー側の登場と
テロップ演出含めで良かった…技名天井に出すのか...

ロボによって自宅が破壊され、
働かざるを得ない状況で堂々復活「あんずのうた」。
しかもぴにゃメドレーの流れからの森久保フル参戦。
メーデー弾幕、今回も荒ぶっておった…
10thでは少なくともやってた歴史的な演出なんだけど、
改めてあの弾幕具合は笑うって…w
カエダーマは誰やるかと思ったら…輝子!?

「おんなの道は星の道」。やっぱ生で効くと迫力が
マジで半端ない…あとから聞いた美空ひばりさん以来
というドーム演歌披露という話、そしてひばりさんの
二つ名が「お嬢」という話が本当なら、
これ以上ドラマチックな事があるかと。お見事…

今回も首元には確かに公式ハイレゾヘッドホンがあった
「Sparkling Girl」。バックステージ側から見た
その背中。めっちゃカッコいいんですよ…
「素晴らしい景色をありがとう!
でもこれからも先に進んでいくよ!!」
イケメンすぎるだろ…!!

劇団「Treasure☆」いよいよ新体制で2公演目へ
なあ、早苗さん…やっぱ銃はあかんでしょ…w

「ラブレター」、これを生で聞けるだけでも
最高なのにだ、サビ中にラブレター描かれて
そっから♡弾けるんだぜ???ヤバくないすか…

卯月の天然聞き間違いで告白練習に持っていった
あの感じ、のち終演後に小耳に挟んだ
えもいわれぬ「強さ」を感じた…


カメラ把握能力が上から見てても尋常じゃなかった
「はにかみdays」。最後のはにかみ超ビッグスマイル
といい、大画面で目前で見たLV勢全員
なぎ倒されるやつでは…現地モニターで見てても
やばかったのに…

「冬空プレシャス」で某VIMSコンビに
らりちゃんが溺愛されるわけがわかった…
あれは娘にしたいかわいいさである…

「この空の下」、難しい曲だけあってココらへんは
スペック高めの人を持ってくる印象がある中で
今回も例に違わないメンバー編成。
みのりんごの歌声はやっぱ生で聞いてこそ。
これ1回聞いちゃうともうCD音源には戻れないなあ…

来ました季節曲「ツインテールの風」
「メガネかけた信長」で確かにみつやすさん
抜いてたところに意思を感じた(


「マイ・スイート・ハネムーン」、Dメロで曲中
複数月浮かんでた月が「月がきれいだねと告げるの」
でスポットライトになるわ、ネット裏側にいた我々に
1回向き直るわヤバすぎた…

「With Love」やはり目を引いたよしのんの
和装に合わせた花嫁スタイル
美玲「上手に引っ掻けなかった時も…」
ひっかくぞ言うてるもんな…
よしのん「ほら貝が上手に吹けなくても…」
...??? 

「恋が咲く季節」へ恋で繋がるメドレー。
お前が聞きたかったんだよ!!!!!
そういえば牧野さんとさーやんが同じトロッコに…
成就...?

この日いちばんの衝撃度だったうちの
1つが「Frozen Tears」。
去年のツアーの福岡でも「口から
CD音源以上かよ…」というとんでもなさ、
そのクオリティで「まーだね…なーいしょ♪」とか
「ありがとう…!!」とかセリフで言うように
仕掛けていたり。今回は何も仕掛けず
まっすぐ?と思いきや最後でですよ…
ラストというか曲終わり、スーッと手を出して
その手を吹くような



(5thツアー・福岡公演PVより)

こんなポーズになるのだけれど、
それを吹くような感じで舞先輩「ありがとう」って
リップシンクしてたんですよ…
本当に舞先輩はズルい、この手の志向で
人を堕とす天才だと思う…叫びましたし
その後の「モーレツ★世直しギルティ!」の半分まで
心ここにあらず状態だった…

中1曲「Love∞Destiny」にて再び舞先輩登板。
遠目でもやはり踊る姿が美しい目を引く…
そしてちょっと冷静になって俯瞰で見てみると
るーりぃもやばい腰の動きしててやられた…

そして曲終わりでバックステージに2つ見えた影。
冬の終盤でついに「Nation Blue」。
サイバーグラスというより5thSSAでの
ぴにゃメドレーでの披露、ブルーナポレオンとしての
地続きになるものに見えたその光景。
物語がこう続くのならいちファンとして楽しみになる…

「Frozen Tears」と双璧を成した
「Neo Beautiful Pain」。
現地での体感という意味での比較は
福岡以来にはなりますが、まあ当然それ以上の
パフォーマンスどころの話じゃない。
この遊園地で散々見てきたガッチガチに
強化された照明の大暴れ、故郷に錦を
飾らんばかりの最高のパフォーマンス。
方言に関してはご本人の解説待ちだが…
2番前のダンサーさんと連動して瞬時に
ポーズを変える振り付けに対しても大歓声で。
さらには大サビでステージ階段から
立ち位置1列分飛び上がったジャンプ。
もう満点…万点以上なのに

まつえり
「みんなー!!!!!!大好きだー!!」
ぼき
「その手があったかあああああああああああ」
(マジで叫びました)

だから貴方が好きなんです…

そこからの「∀nswer」。圧巻。
上から見ると確かに動く姿は∀の形を描いていた…

そこからの「Trinity Field」。
「∀NSWER」といい同じ曲の2日連続って
絶対2日目大変なんすよ…1日目と比較に
ならないレベルでヤバかった...
天井演出、歌う際のフォーメーション。
上から見たら死んじゃうよあれは…
イントロ終わりで天井の一点にスポットが
集まりステージが三角で覆われ、
三角形がうごめいていく。
その三角形は3つ×3セットあってそれらは
サビ終わり「重なり合う〜」から1つずつが線に変わり、
三角形を3つ描いて、サビ終わりで
ガチッと三角形になるんですよ…
ラスサビ前のタメとかも…


いやあ…凄かったあ…今回もいいライb…
流れてくるあのイントロ。
おいお前…
そのイントロはあああああああああああああ!!
「流れ星キセキ」いいいいいいいいいいい!!!!!
天井に流れる星々に蘇る思い出。メットライフが
終わったあとに軸を担うはず、と思った夜。
また聞けたら良いなあと。これが来るなら
集大成だろうなあと。何より、またこの3人が
揃って歌う姿を見れたことが嬉しくて。
彼女たちが僕のシンデレラガールズの原点であり、
帰ってくるべき場所なのだなあと。
やっぱりニュージェネだなあ...
大サビ前、「1つ、2つ、3つ」で
描かれた大きな星は間違いなく
彼女たちの色だった...


まだ…続くだと…!?
彼女たちは残り、そのまま「always」へ。
ニュージェネ3人…とも思う中で
曲名テロップには歌唱メンバー表記なし…?
「春のこもれび」…で優しさを感じる
照明に照らされたメインステージには
メンバー集結。泣くしかないでしょもうこれは。
「あなたに出会えたことが宝物」ですし、
「ありがとう」はそのままこちらも
返してあげたい言葉。
「皆で歌い継ぐべき、素晴らしい曲」という思いが
本当に強くなりました。


「GOIN'!!!」、実家のようなはっしーの
「さあ同じ夢奏でよう」からの
実家のような「お願い!シンデレラ」での
フリームーブ。

・そらそら、さっつん仲良し具合
・舞先輩から手を差し出し、ふーりんがそれに応えて
 握手…からの熱い抱擁

・「この手を伸ばそう」の歌詞の部分で
 トライアドプリムス3人でエイエイオー?をしていた

お ね シ ン 当 社 比
史 上 最 大 供 給

ホント…ごちそうさまでした…

遊園地ツアー、最高でした...!









ツアーの終わりに、終演後も残っていたアレを撮影し、
ホテルへの帰路につきました。


福井で止まっていた我々の足もまた動き出し、
新たなアイドルに出会うよう道は開かれていき。
このドーム公演も通過点にするように
先に進むシンデレラたち。
これからどうなることやら…という思いもありますが、
今回もまた、推しへの愛情と
新たな愛情が生まれていったのを考えると、
これからも追い続けたいなあと思うばかりです。
…が、まだ終わりません今年のシンデレラガールズ。
来週末12/16開催のサイゲフェス内での
7thアニバサリーパーティー、
しっかり見届けます…!  つづく。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事