シルクPの雑記帳

【蒼い炎はよく燃える】765 MILLIONSTARS HOTCHPOTCH FESTIV@L!! 2日目 現地リポート

2017/10/28 14:52 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターミリオンライブ
  • im@sライブ
  • HOTCHPOTCH_FESTIV@L!!
  • ハッチポッチフェスティバル
  • 日本武道館
  • 最上静香
  • 田所あずさ
  • 北沢志保
  • 雨宮天

メモとペンを持つとやっぱり分厚くなるなと。
今回1日目に比べて超長いです、ご了承ください()




ごった煮の鍋となった武道館の2日目。
こちらでも会場周りを彩った
フラワースタンドの写真を何枚か。













黒猫がいた…w


さあ、本編。昨日失念したメモとペンも装備し、
万全の体制で参戦。


■開幕「READY!!」で
もう最初からこりゃ今日やべえなと。
10thのときもあったミンゴスの
ホップ、ステップ、ジャンプいくよー!」も
また聴けて大満足。いなりんと若林さんの躍動感…w


■ミンゴスにセクシーポーズを振られるも、
不発に終わるMachicoに「帰って!!w」と
引きづり戻すころあずであった。
りか姉
「(昨日の感想を聞かれ)闇鍋…じゃなくて光鍋でしたね」

■そんなごった煮の開幕を飾ったのは「MEGARE」。
バックのモニターにも眼鏡が浮かび
ダジャレじゃねーか!?」と。
ただ歌詞を紐解くと紗代子にハマるのがあら不思議。
よく考えられてるなあと。

■そこからのアッパーなフロアチューン
Sweet Sweet Soul」。間奏の
フリースタイルも各々のスタイルに代わり
見応え満点に。
桃子の所で「もう1人じゃない」的なこと
言ってたの、最高じゃないすか…


■そして3月にも鳴り響いたギターイントロ。
なけなしのミリオンライブ知識でもわかった
文化祭コンビの「リフレインキス」 。



この元ネタSRを思わせる文化祭背景がモニターには再現。
たこ焼き屋とかの屋台もあったような。
オリメンと違ってデュオで歌わせると
百合の香りがプンプンと…
それで「ねえ、しちゃう?」はヤバいやつですって。
あれは。


■続いてのルーレット選出は伊織と桃子。
開催前の予告先発ユニット発表の段階で
発表されていただけに、凸ちゃん呼びされる
伊織が桃子のソロ曲
「デコレーション・ドリ〜ミンッ♪」
を歌うんじゃねえか説が有力視されていたコンビ。
そんな中でブッコミしてきた
「Understand? Understand!」。
イントロでどよめいてた記憶。
いやこの2人とデリシャスデリシャス出来るとは…
うえしゃま種ちゃん提案のあの動きしながら
楽しんでましたw


■ミリシタPSTイベやったし来るなと思ってた
「Shooting Stars」は準全体曲な役割でここで披露。
歌い分けもそんな感じだろうなと思ってたら…
曲最終盤、
「遠い輝きが 導く先へ行こう」(静香)
「ひとりきりじゃ見えない」(志保)
「景色があるの」(静香志保)
っていうCD通りの歌い分けで歌って…
まあ2人ガッツリ担当アイドルなだけに、
ぶっ刺さる所のレベルじゃなかった…
感謝しかないっす…


■それを受けてのMCは、
Star→星→流れ星→早口言葉ということで
1日目に続きこの日は「早口言葉選手権」が開催w

▼司会は若林神とMachico。3チームに分けられ、
ころあず、天さんとクレブルから2人選ばれる中
最後唯一黄色から選ばれたあさぽんw
「私だけイエローじゃね?」(あさぽん談)

▼これにMCにいた他のメンバーが各々加わり、
結果
①チーム雨宮
…りか姉・あっしゅ
②チーム田所
…あずみん・なーなさん・あべりかさん
③チーム下田
…ゆきよさん・べーせん
で進行。チーム名横の丸数字は早口言葉言うチーム順。

▼準備が整ったところでここはお手本を是非…と言われ
「台本に無いやつ―…w」といいながら若林神が
秋月律子」を3回繰り返し、お手本披露。
Machico「これが若林さんの実力ぞ!
若林神「いやそりゃ役名だから!!w
といわけで実践。

▼チーム雨宮へのお題は
カーニヴァル・ジャパネスク」。
あっしゅ→天さん→りか姉の順に挑戦し、
全員成功で2チームにプレッシャーがかかる形に。

▼続くチーム田所のお題はなんと「田所あずささん」w
言いづらくね?というチーム内の反応に
「人の名前を言いづらいとか言うなー!!」とツッコむも
「田所」と「ささん」のどっちも言いづらい、とアドバイス。

…順番は「どうせ回って来ませんから!w」と
あべりかさん→あずみん→なーなさんと来て
最後にころあずという配置に。
が、しかしなーなさんが噛んだ疑惑を
会場中の優しい判定ですり抜け、
ころあずまで到達するというw
ただそのころあずも見事成功し、
2チーム成功という流れにw


▼最後の下田チームは「とかちすかとかちす」という難題w
流石にここは1人成功ならOK、ということに。
べーせんが失敗もこれまた会場内の激甘判定で成功、
ゆきよさんもリズムを取りながら成功、
あさぽんも亜美真美ボイスで成功しいよいよ3チーム同率にw


▼今回、優勝チームには
「欲しいものがおそらく楽屋に終わった後置いてある」
ということから同率優勝となると予算が非常にまずいことに…?w
若林神「みんな物販買ってよ??(威圧)

…と思いきや、最後はリーダーが欲しいものを叫び、
偉い人の耳に届いた者が…という展開にw
2階スタンドで見てて一番耳に届いたのが
ころあずの「シャインマスカット!」だったので
おそらく届いたのでは、と推測…w

※ところで、ミリオン3rdの特典映像でも
ころあずはシャインマスカットが欲しいと語っていて
その後どこかで「来てない」みたいな話も聞いたような…



■さて今回、不参加のミリオンメンバーも
ルーレットスタートの掛け声役で登場。
印象的だったのが…

■そんなルーレットで発表されたメンバーは
なんと美希と翼。その2人での
「マリオネットの心」はまさに
新旧黄色のぶつかり合い。
最初からフルスロットルで圧倒してやろうという
翼サイドに対し、立ち上がりはローギアも、
翼の姿に触発されたかのように曲中でググッと
ギアを上げてぶつかりにいった美希、
といった構図に見えて、面白かったというか、
見ごたえが非常にあったぶつかり合いでした。


■そして「arcadia」で千早が引き連れてきたのは
朋花に新鋭・歌織さん、そして志保だったという。
前日のごった煮で何が来るかわからなくなった中でも
やっぱり静香・志保には千早・雪歩の曲
歌って欲しいなあなんて願望があって。
特に志保は直近発売の「CAT CROTHING」で
力強さをガンガンに出してくれていただけに、
まさにここでの志保抜擢は個人的に最適解 、
というかそうそれが聞きたかったという所に
ど真ん中に来ていてもう大満足。

しかし、これで終わらずさらに…
公演前の歌織さんコミュでかなり心撃ち抜かれていて。
※これはまた後日雑記として語りたいと思います

そんな中広域指定Vo力団といってもいいメンバーに
入ってきてる…!?と思ってたらそこを貫く力強い歌声。
いやもうこりゃ参ったという感じで。こーりーだけに。
ていうの冗談は抜きにしてもこれ一発で
歌織さんの虜になっちゃうレベルで
良かったです。マジで。


■続く「99 nights」は遂に
オリジナルメンバーでの披露に。
これに加わった莉緒姉がまたいい味出してるのが凄い。


■正直志保カバーが2曲前に来てただけに、
この次に来た「Little Match Girl」で涙腺決壊。
それも聞かせてくれるのか、と。
もはや聞きながらオーバーキルの域に達してました。
ありがとうございました…!


■そしてそして「Eternal Harmony」。
こちらも大サビ前のDメロの歌い分けを
オリジナルメンバーが担うってのがもう最高。
「もう1人きりなんて思わないよ」と歌う
ミンゴスの横には多くのメンバーが控える最高の光景。
歌った後のミンゴスの「尊い」という言葉が
全てだと思います、本当に。


■この流れを受けてのMCでは、
先ほどに続き今度は「エモい!選手権」が開催。

▼釘宮審査員長を中心に765ASメンバーは
見守る側に回り、ミリオンメンバーの誰が
一番審査員にエモいと思わせたかの勝負に。
その審査委員長、「好きに選ばせて♪」(かわいい)
と独断と偏見で決定しそうな雰囲気w

▼そんな中トップバッター・こっこちゃん、
先ほどのリフレインキスが先述した文化祭コンビで
あったことをここで明かしながら
(このあたりでまつとも・ともまつ勢の
断末魔のような奇声が聞こえた…)

諏訪ちゃんとのコンビネーションで
「たとえ世界中が敵になっても、
 プロデューサーさんだけは、
 私たちの味方で居てくださいね~」
とお手本のような一言を披露。
▼けーしゃま
「パンフレットのあずみんさんと
ネックレスが同じので!
いくつになってもこういうのって、
エモくないですか???」
▼たかみなは「こ・の・み」のあいうえお作文?に挑戦。
【こ】っち来て、プロデューサー!
【の】っと、小学生!!
【み】んなのお姐さん、馬場このみよ!

▼「ダジャレでいいですか?」と語ったのは
キャンサーの最終兵器・でんちゃん。
ダジャレ好きな審査委員長に響くのかという所へ…
「ひなたは~木の下リンゴのこと考えてそうだな~」
という謎トークをぶち込み、しまいには
「エモいって何?」と理解してなかったことを
暴露するという大暴走w

▼流れがおかしな方向に進む中
あつひめさんは出身地ネタで
「中村のほっぺ…ぷに…ぷにすぎる」とネタを挟み込むw

▼もう1人、審査委員長が好きなダジャレで攻めながら
流れを戻そうとしたのが稲川プロ。
「滑るかもしれません、
お耳汚しになるかもしれませんが…」と
予防線もビンビンに張った中…
「たまき、寂しくなんかないぞ!
ハッチポッチもこわくないぞ!
だって皆がいるから
一人'ぼっち'じゃないぞ!」(環ボイスで)
というセリフでいい感じの流れになったところに…
「稲川ちゃん、今の何がかかってたの?w」
タブーをブッ込むミンゴス。
虚ろな目をしながら迫ってくる稲川プロには
流石のミンゴスも後ずさりwww

▼だが流れが戻ったか、
このあとすーじーは先述したエタハモの
終盤でソロパートを歌ってた時に感じたという
「みんなの視線を独り占め♪」のキャッチフレーズで
ミンゴスを大いに萌えさせ、時間切れ。

▼だが結果は、一番大暴走したはずのでんちゃんが優勝w
審査委員長「(でんちゃんが)好きだからw
でもみんな大好き♪」
とかわいく締めくくり、コーナーはお開き。



■後半戦頭にしてルーレットで静香と
ロコ・恵美という引きが。何が来るかと思いきや
なんとぉ!「ココロエクササイズ」という。
福岡といい幕張といいコールがもうどっかの
サッカー場かロッテの応援歌というレベルで
揃うぶち上がりを曲をまさかの静香が歌うとは…w
「コロ…ロコ!!」
「ト『コロ』!」
「ころ…って何を言わせるんですか!!」
っていうメタ要素が絡む歌唱理由は
ツッコまざるを得ないが、本家リスペクトの
サビ前の掛け声前に「せーのっ!」って
静香で言ってくれる1点でまあ問題なし。

■「求ム VS マイ・フューチャー」にて
4thでは叶わなかった福田のり子
タイトルマッチここに開催。
台湾ライブでも感じたあさぽんのアドリブ力ここでも発揮。
間奏、「のり子」コールを挟もうとした刹那、
始まる実況中継。そしてよく見たらなーなさん
赤タオル首掛けてるし!曲終わりとその後のMCで
「1・2・3・ダー!」やっちゃってるし!
(ディレイLVではカットされた模様)


■「メリー」は色で納得案件。
これの披露生で見れたのは貴重な経験では。
…若林神「私はもみの木」御神木…?
「この組み合わせは…」
若林神「イタリア?w」
でんちゃんが後ろになぜか下がっていく…


■「DIAMOND DAYS」 はサビ前の
「うーいえい」が「本当に最高」。
西スタンドだったので天さんのかわいい様を堪能出来ました(


■「ToP!!!!!!!!!!!!!」はスルメ曲の予感。
「頑張れ!」って公式コール的なのとして
あるのは初めてじゃねとふと思ったり。
「Fight」とかはあってもと。


★確かここら辺で予告先発ユニットは
ほぼ歌唱終わってたので
紹介できる限りコンセプトが紹介されたはず。

▼リフレインキス
…こっこちゃん「諏訪ちゃん言いなよ~w」
とイチャコラ案件。

▼Sweet Sweet Soul
…歌っていたメンバーのキャラが
149cm以下という所から「漫画化かな?」という一言。
誰かと思ったらやっぱりミンゴスだった。

▼Little Match Girl
…ここは全員冬(12・1月)生まれが集結したという。
あべりかさん「火あぶりに…w」

▼「マリオネットの心」はやはり黄色の系譜らしく。


■「おとなのはじまり」は
予告先発ユニットのメンバーの時点で
Over20の時点でもしやと思ってた所への
予想可能不可避の案件。
色々詰めてでこのみさん何か詰めてたし。
1番後輩の歌織さんが「大人って凄い」なってたし
歌い分けがGJだなあと。
歌ってる時にバックのモニターに流れてた
文字の色が歌ってる人に連動してたっていうのもまた。


■「Honey Heartbeat」では
間奏で全員投げキッスのサービス。
が、1人だけ150km/h出すんじゃねえかっていう
豪速球で投げつけてた人居ましたね
…一体誰井ゆきよさんなんだ…
けーしゃま
「キスの豪速球投げた方がいらっしゃったような…w」
メンバー選出のコンセプトは「チームリア充」。
あっしゅ「何がリア充たるかを考えました」
ゆきよさん「インスタとかチェックして…」


■「狂喜乱舞」。既視感の正体はアニマスの仁義なきだ…
ASでの披露でより風格を増してカッコよさが増してた…


■「ジャングルパーティ」は毛皮着た姿麗しい
すーじー尊い。若林神もとい
御神草さんが1番終わりまで
ダンサーさんと同じ動きしていて。
1番終わりに(`・ω・´)bしてたような…
凄い動きだった…
御神草さん「劇団四○イメージでした」
ウンババ語で交わされる会話…w

■そんなウンババ状態からの重厚なイントロ。
「アライブファクター」のはじまり。
とんでもない流れだな、とw
互いが互いの色をホント出してて、
ぶつかり合って決着付かぬまま
最後の最後までいってたような。

▼ころあずは親友でありライバルなMachicoとの戦いといえた
ミリオン3rd幕張の際は一緒に歌える歓びも含んだ
笑顔も見えていたのに対し、
今回はもう一山当ててやろうという
野心のこもった戦う表情を保っていた気が。

▼公演後のミリラジでも語っていたのが、
明確に「勝ちに行きたい」と野心を燃やし
たかみなに相談したという話。
(実はたかみなは3rd幕張でFotWで勝ちに行こうとしていた)
(ピンク個人色をベースに赤に変幻してぶつかりに行ってた人)
(コメンタリー要参照されたし)

「千早にも静香にも、それぞれの良さがあるから
 自分らしく歌ったらいいんじゃない?」
「アイドルマスター ミリオンラジオ!」
第230回(17/10/12)放送

って応えた姿はまさに頼れるお姉さん馬場このみ感満載。
が、ミンゴスが集中してて「近寄っていいのかな…」って時に
「でも私ちょっかい出しに行った!
 一緒に楽しくなりたかった!」
「アイドルマスター ミリオンラジオ!」
第230回(17/10/12
)放送
これぞたかみなである。
(それでこの後あの言葉残すんだからカッコいいんだよなあ)

▼しかし、ころあずが明確に勝ちにこだわって
ぶつかりに行く曲これまであったか、
無かった気がするんだよなあ、と。
(Floodingは…どうだろう)

▼そしてミンゴスもそれに当てられて、
もっとこの勝負楽しませておくれという表情と
観客席への煽り。2番前確か階段を数段飛ばして
ジャンプしていたような。

▼「君に憧れ」で静香が手を伸ばし「君を待ち焦がれ」で
千早がそれを受けて止めるような振り付け。
2人揃っての前回披露からの時間の長さが
よりこの歌詞の重さを増してたような。

▼曲中でお互いが積み重ねていたカウント的には
最後の最後までわからなかったというような感じで、
ラストののロングトーン勝負でころあずが
勝ったような感じで。それだけ僅差の戦いで、
ミンゴスが勝ってた線もあるかもしれないという
戦いに見えて、見てるほうまで
血の滾り熱くなれるような一戦だったという。

▼勝ったころあずは、最初に入れたギアを切らず
一番最後に最大出力を持っていたような感じで。
信じ貫いた自分らしい青だったからこそ
絶対王者といってもいい如月千早に一矢を報いたのでは、と。
「やっばり最終的にはミリオンの青として、
ミリオンらしい青として、みんなに認めて
もらえるような、ミンゴスさんの作り上げた
千早のようなところに、自分のやり方で
たどり着きたいです。でもミンゴスさんに
追いつくのは難しいと思うので、
今は少しずつ近づいていきたいです。
…私らしい、青になりたい。」

ここで話してたような
領域まで来てるんじゃないかなと。
勿論年数を経ないと得られない、ってのは
あるかもしれないですけど、
歌のレベルなら間違いなく、来てるんじゃないかなと
担当P目線では見えました。

▼そしてミンゴスもただ「悔しい」んじゃなくて、
そこの域まで来た静香の成長を感じたような思いを
含んだ表情だったのが印象的で。
でもこれ次があったら、勝ちに行くんだろうなと
感じるような表情だったような。
青い鬩ぎ合いに湧いた歓声の余韻を味わっていた
2人の終わった後の無言の会話感も
また堪らなかったという。


■最後は昨日同様「カーテンコール」で中締め。
若林神がDメロ辺りで客席見ながら
万感の思いに浸ってた姿が印象的。


■アンコールの中、ビジョンの方見たら
モニター周りのカラフルな円が
もしや出演者色では、なんて事思ったり。

■この日のアンコール明けもBNT。
「最高 更新していくんだ」で
ゆきよさん抜くのホントよくわかってるじゃんというか、
粋な演出で。


▼しーまる
「楽しかったです!一つ自分の中で模索中な
タイミングでこうして先輩方と一緒に出来たのは
大きな意味があったと思います!
今回得た力を持ってまたエレナと頑張ります!」

▼若林神
「若い子たちと歌って、後輩が出来たんだなあと。
ほんとに皆がゲームから出てきたような感じでしたね
(直接伝えようと思います、って後にマイクなしで)
ありがとうございましたー!!」」

▼天さん
「最初は足を引っ張らないように、と思ってたんですけど、
先輩方に励まされて緊張も解けました!
もう1度やりたい楽しいライブになりました、
ありがとうございました!!」

▼こっこちゃん
「リフレインキスでイヤモニから何も音が
聞こえなくなって。でも765の先輩方なら
どうするかな、と考えたら
最後まで
歌うだろうなと思って歌い切りました

歌ってる中は皆さんの振ってくれる
そのサイリウムが力になりました。
これでまた一歩朋花に近づけたと思います!」

▼こーりー
「ミリオン入ることが決まった時に私から..
...じゃなくて、(事務所の先輩の)ゆきよさんの方から
声を掛けてくださって。『ちょっとおバカな子も
いるけど暖かいよ』って聞いて、ほんと共演して
その通りだな…wと...いや、下げてるわけじゃなくて…w
ミンゴスさんともお会いした時に、ハグして
もらったり先輩方にも良くしてもらって。
これからも歌織さんがいてくれて良かったって
思ってもらえるように頑張りたいと思います!」

▼まちこ
「(こーりーを受けて)いやーほんとに
いい子やなあと思いますね~
より全力で、限界突破出来たと思います。
プロデューサーさん達のその…
電気棒!が火力になって熱くしてくれてるぜ、って…w
(いつものあれいいの?と確かミンゴスに急かされ最後は)
じゃあ皆さんやりますよー!?
ぶどー!?」\かーん!!/

▼でんちゃん
「おかわり、欲しいですよね?…えーっと、
要約すると楽しかったのでひなたで一言…!」
『プロデューサー、楽しかったよー』

▼たかみな
「あさぽんさんといかに楽しくするか考えてました…w
いろいろ言いたいことはあるんですけど、
青い炎はよく燃えますね!
今回は一緒に歌えなかったので
次は765の先輩方と一緒に歌いたいです!!」

▼りか姉
「莉緒ねえは今回の出演メンバーのキャラの中では
 最年長なのでお姉さんとして…」
 (あれ…このみ姉さん…という場内のドヨドヨ感、
 しまいにはたかみなが私!私!とアピールされ、気付く)


▼あずみん
「合同ライブの開催を聞いて、大変な事を…wって
なってて、ミリオンの子達の先輩として胃がヤバくて。
でもそろそろ私も背負えるように頑張らなくちゃと
思ったんですけど、いざ本番を迎えてみると気負うことも
特になくて本当に楽しかったです!
これだからアイマス、やめらんないなーと。」

▼あつひめさん
「また武道館でライブが出来ると聞いた時点で
 凄くない!?ヤバくない!?って思ってたんですけど、
 先輩方も一緒と聞いてもっとヤベエ!!と。
 本当にワガママ叶えてもらってたなこれ、と思ってました。
 ロコ史上一番動いたライブになりました!」

▼すーじー
「今まで見たことないような景色を多方向から吸収できて。
 楽しいばっかり言ってた気がしますw
 今までに比べて自信を持って披露出来たと思います!!」

▼ころあず
「(LTDのイベント以来、)もうミンゴスさんと立てないかも、
 あの日だけかもとも思ってたので歌えて良かったです!
 私の歌がプロデューサーさんの心に伝わっててくれたら
 嬉しいです!皆さん、今日は楽しかったですか!?」
\イェーイ!!!/
それでいいー!! ありがとうございました!!」

▼ミンゴス
(アッキーのアイマスってパッションだなという挨拶を受けて)
 アイマスはクールもパッションもあるんですよ…!!
 こうして一丸となって、この人数で、同じチームとして
 出来たのは本当にすごい経験になりました!
 アイマス最高!!」


■オーラスの「THE IDOLM@STER」は本当に見所しか無くて
どこを注目すればいいのかいつも迷うやつ。
天さんといなりん一緒にカメラにポーズしてましたけど
新たな扉開いたんですかね…これは…



最上静香のネクストドア開くぞ!」って
パンフレットに書いてたころあずはひとつ
「ココロエクササイズ」でそれを実行していて、
志保さんにとって2度目の武道館、確かな成長を
って書いた天さんも「LMG」「arcadia」というところで
より芯の強さを増して強い曲に対応して来るあたり、
抱負が形になって出ていた気がします。

その2人、ころあずは
経験を最上ちゃんの武器に変えたい」、
天さんは
これを糧に次のパフォーマンスへ成長したい」と
総括したブログに書いてあって。
先輩との共演はこれまでのライブとは間違いなく
大きなものになったはずでしょうし、
それがどう形になって現れるのか、SSAが楽しみです。
凄いものを見せてくれそうな気がします、
成長した2人と新しいソロ曲で。




次武道館でやるとき、どれだけ
ミリオンライブが大きくなっているか。
楽しみにしながらこれからも応援しようと
心新たにしたのでした(〆)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事