しけメンのブロマガ

バンジョーとカズーイの大冒険の没要素 完全版 後編 新情報の再考察

2016/02/21 22:28 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • ゲーム
  • バンジョーとカズーイの大冒険
  • レア社
  • 没ゲー
  • N64
  • SFC
どうも、しけメンです
後編では引き続き、動画を元に考察を進めていきたいと思います



後編では、バンジョーとカズーイの大冒険のベータ版に存在した没要素について、いままでの私の説と新しく登場した情報を合わせて、再考察を行っていきたいと思います

前編および、今までのブロマガを元にしていますので、そちらの方も読んでいただけると幸いです
では、始めていきましょう


新情報

まずはじめに、前編ではDreamがバンジョーとカズーイの大冒険へと移行した部分までをお話しました
その際、『temple test level』という、3Dのテストプレイ用のステージを紹介しました
後編でも、ここから行きたいと思います


『temple test level』



前回も説明しましたが、いままでは5つの没ステージのうちの2つ、「mount fire eye's」か、「giant's lair」のどちらかではないかと言われていたステージです
ですが実際は、そのどちらでもない3Dテスト用のステージであることが分かりました
また、カークホープ氏の没BGMに存在する、「Temple?」(没BGM集 前編収録)というタイトルは、このステージのBGMだったと思われます
ということは、ここから独立したステージへと進化させる予定だったのか、前述の「Temple?」をBGMのみ「Fungus Forest」へと流用したのかのどちらかになると思われます
また、ステージの名前が「temple」なことから、後述する「mount fire eye's」の没エリア、「temple」であった可能性もありますね

ちなみに、youtubeなどで見られる、E3のベータ版の映像に登場するのも、ここ「temple test level」です


『mount fire eye's』


当時の貴重な資料 
ホットアイスやまのホットサイドに似てるというか、まんまホットサイドなことが分かります




←ちゃんとゴビもいますね
←先ほど言った「temple」エリアはここエリア11番


このステージは、何度か説明しているので、ご存知の方もいるかと思われます


←「mount fire eye's」の入り口
















本来、チイトがいる場所は元々はこの、「mount fire eye's」への入り口でした
以前にこのステージが存在した証拠は、ゴビの「ようがんのくにへいく」という台詞のみでしたが、今回このスケッチが発見されたことにより、存在が確定的なものとなりました
このスケッチは、どうもネットオークションにレア社が公式で出品したものらしく、情報の信憑性は確かです

他にも、二点ほどスケッチが


←ドラゴンのギミックは、そのまんま2のチリービリーの倒し方と一緒ですね











←どうやら、またゴビに水を吐かせるギミックだった模様…(笑)











前回までは、アステカンウインド、マヤヤンしんでんと関係性があるのでは?という風に考えていましたが、ここまで詳細なスケッチが登場したことにより、その説は崩れ去ったように思います
ただし、前述の「temple」の部分の詳細がわからないため、この部分がアステカンウインド、マヤヤンしんでんと類似していた可能性は否めません
ステージBGMは恐らく、カークホープ氏の没BGMの1つ、「lost1」で間違いないと思います


『Fungus Forest』


没ステージとしては、最も有名な「Fungus Forest」にも、新しい映像がありました






まずの感想は、「クランカーのどうくつ」そっくりじゃねぇか
しかしテクスチャ等を見ると、間違いなく「Fungus Forest」の入り口のものなので、ここが「Fungus Forest」であることは間違いがなさそうです
キノコが一切見えないので、どこが「キノコの森」なのか全くわかりませんが…
このエリア+「ひるよるウッド」のキノコのエリアということで、「Fungus Forest」なんでしょうか…


テクスチャとくらべても、やっぱりここが「Fungus Forest」の入り口だったような気がします













残りの没ステージ

没ステージには他にも、フローズンズンやまの元になった「Prickly Pear Island」や、おたからザクザクびーちの元になったと言われている「Hammerhead Beach」が存在します

ベータ版のおたからザクザクびーちの画像
ベータ版の映像からスクショしたのを嘘と言われても仕方ない一枚










ですが、この画像のように、ベータ版のおたからザクザクびーちがほとんど、製品版と変わらないことから、「Hammerhead Beach」は、独立した没ステージではなく、おたからザクザクびーちの一エリア、もしくはおたからザクザクびーちの決定前の名前の1つだったのではないかという仮説を立てることができます


「Prickly Pear Island」については、情報が少なすぎて、前回の考察から変わった部分はありません… Dreamの没ステージであったということしか…


没要素→製品版


上では、没ステージの新情報についてお話しましたが、ここではその没要素が製品版ではどう変わっていったのかをお話したいと思います

「temple test level」→消滅、もしくはマヤヤンしんでん及びアステカンウインドに要素として取り込まれたか

「mount fire eye's」→ホットアイスやまのホットサイドとして復活

「Fungus Forest」→クランカーのどうくつ、ひるよるウッドへと分離、再構築

「Hammerhead Beach」→おたからザクザクびーちへと名前変更及び該当エリアの削除

「Prickly Pear Island」→フローズンズンやまの元となる

という形になります

没要素までを含めた、ステージ順はやはり

マンボまうんてん

おたからザクザクびーち

Fungus forest

ブグゲコぬま

フローズンズンやま

ゴビバレーさばく

マッドナイトまんしょん

Mount fire eyes

サビサビみなと

カッチコッチなもり

なのではないでしょうか

これで10ステージ、100ジグソー、1000音符となり、違和感も生まれません


バンジョーという存在そのもの




今回の動画でもう1つ分かったこと、それはバンジョーの出自です
今までバンジョーは、ディディーコングレーシングが初出で、そこからバンジョーとカズーイの大冒険へと発展したというのが通説でした

Dream時代のバンジョーのデザインの1つ
海賊っぽいと言われれば、海賊っぽいかも















ですが、今回この動画で、バンジョーが元々はSFC版Dreamの仲間キャラとしてデザインされたというインタビューから、彼がディディーコングレーシングではなく、Dreamが初出だという事がわかります
また、前編でもご紹介したとおり、ティップタップもDreamの味方キャラでした
ということは、この二人は、ディディーコングレーシングの遥か昔から存在することになるのです
ただし、表舞台への登場はディディーコングレーシングが始めてで間違いはないのですが…


終わりに


もう本当に調べることはなにもないと思っていたバンジョーとカズーイの大冒険の没要素
ここに来て、公式から解答に近い動画を供給されるとは思っても見ませんでしたし、Nakai様にコメントで教えてもらわなければ、知ることもできませんでした
改めて、レア社、Nakai様両名に感謝したいと思います ありがとうございました

「mount fire eye's」の真実、「Fungus Forest」の新映像、そして全く未知の没ステージ情報など、新しい情報が目白押しで、本当に貴重な動画でした 
そしてまた、Dreamとそこから繋がるバンジョーとカズーイの大冒険が非常に難産だったということも含め、ゲーム史の時代の変化に巻き込まれた当時のレア社の様子もよく分かる動画でした
ゲームの歴史を語る動画としてみても、非常に面白いと思います

これで本当に完全版になるかはわかりませんが、とりあえずは一旦これを完全版としたいと思います
ご一読、ありがとうございました
そしてこれを、いろんな場所で宣伝してもらえるとありがたいなと思います
それでは、またどこかでお会いしましょう


コメント

taka
No.6 (2018/06/02 14:15)
突然 個人的な思い付きを投稿します。
浅はかな思考ですけど
「Mount fire eyes」が没になった理由の1つには容量不足の他
全10ステージ 全100ピースにしてしまうと 砦でジクソーが取れる機会がないので結果的に
「マンボーまうんてん」の入口が最初から開いている状態にしないと駄目な状態になり
ジクソーピースとジクソーパネルの説明が「おたからザクザクびーち」からになってしまう
だと言って
「マンボーまうんてん」の時点で製品版通りに説明をいれる場合
ジクソーを砦でも取れる様にする為に全101のジクソーにする必要になり区切りが悪くなってしまう

そこで1の時点で既に2のステージの案も考えられていたとすれば
溶岩の世界のステージであるMount fire eyesが対になる2の候補の氷山のアイスサイドと
一緒のステージにする案が出て来て没になってしまったのだと思います。
そして削られてしまった100個分の音符は、グランチルダが音符を外に持ち出せない様にしている設定があるので
外であるステージ外で音符が取れると矛盾が生じるので結果的に全900音符になってしまったと思います。

ゲスト
No.7 (2018/11/23 07:10)
バンカズファンにとって、非常に興味深い記事ですね…
ゲスト
No.8 (2018/11/23 07:11)
>>3
私もそこにはなんかあれって思ってました当時小学生です(笑)
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事