しけメンのブロマガ

バンジョーとカズーイの大冒険の没要素 完全版 前編 『Project Dream』 レア社の叶えられなかった夢

2016/02/21 17:43 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • バンジョーとカズーイの大冒険
  • レア社
  • 没ゲー
  • N64
  • SFC
お久しぶりです

今回の内容は、前回、前々回など、今までの総括的な内容なってますので、以前のものも読んでいただけると、より分かりやすくなるかもしれません

今回、完全版を執筆するに至った理由は、前回の記事へのコメントの中で、読者様から頂いた一本の動画のURLがきっかけでした

その動画がこちら



レアリプレイの発売を記念して、様々なゲームについて当時のスタッフが語るというスタンスの動画なのですが、そのうちの1つとなっています
内容は、以前も紹介したレア社幻の没ゲー、『Project Dream』について語ったものとなっています


Project Dream

『Project Dream』とは、スーパードンキーコングシリーズを下地に、それを超えるRPGを作るためにSFC向けに開発されていたソフトのことです
動画を見ていただければ分かるのですが、様々な理由により、Dreamとしての開発は結局中止され、N64のバンジョーとカズーイの大冒険へと姿を変えました

起動画面から推測するに、正式なタイトルは、『Dream 巨人の島』だった模様







元主人公のエジソンくん
バンジョーに変更された理由もなんとなく分かりますね…










雑魚敵のようです 
クレムリン軍団の一員っぽいですね












実はDreamの仲間キャラの予定だったティップタップ
バンジョーも最初は主人公ではなく、仲間キャラの一体でした
ディディーコングレーシングのキャラの元ネタはもしかしたら、Dreamが多いのかもしれませんね









N64へ

そして、N64に移行したDream
SFC版をそのまま立体化したかのようです










さらに、主人公をサブキャラクターであるバンジョーへと変更し、作品そのものもバンジョーとカズーイの大冒険へと名前を改めることに

まだ2.5Dの横スクロールの状態
音符ではなく、果物を集めていくようです










ここからレア社はさらに、スーパーマリオ64やゼルダの伝説時のオカリナなどにヒントを得て、完全3D化を目指すことになります


今まで、バンジョーとカズーイの大冒険の没ステージの1つ、mount fire eye'sやGiant lairだと言われてきた没ステージ、「temple test level」実際のステージとして作られたというよりは、文字通り3Dのテストプレイのためのステージだった模様
E3などの映像に写っている神殿風のステージはここですね
カークホープ氏の没BGMの中にある、「Temple?」(没BGM集 前編に収録)はここのBGMだったと思われます

ここから先のバンジョーとカズーイの大冒険のお話については、後編で話していきたいと思います


Sea of thieves


こうして、SFCでの開発中止、N64での主人公の変更に伴うタイトルの変更など、様々な変遷を経て、バンジョーとカズーイの大冒険として生まれ変わることになったDreamですが、その叶えられなかった夢を、ある1つの作品が受け継ぎました
それは、



『Sea of thieves』という、レア社の新作です
登場人物か海賊、島を冒険など、Dreamの精神的続編であることが、開発者からも語られています


最後に


Dreamは文字通り、夢のままで終わってしまった没ゲーです
しかし、その精神はバンジョーとカズーイの大冒険へと受け継がれました
そして、その開発の過程での様々な没要素こそが、私がブロマガでお話し続けてきた内容になります
今回、この動画が投稿されたことにより、一連の没要素に対しての1つの完全版とも言えるブロマガを作成することができました
動画情報を提供していただいたNakai様、本当にありがとうございました

後編は、バンジョーとカズーイの大冒険の没要素の総まとめをしたいと思います
では、後編でまたお会いしましょう



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事