しけメンのブロマガ

今更フロムゲーにハマる。

2019/05/06 21:39 投稿

コメント:5

  • タグ:
  • ゲーム
  • ダークソウル
  • ブラッドボーン
  • SEKIRO
※今回はゲームの紹介というより雑記です。
※SEKIRO、ブラボ、ダクソのネタバレあります。

GWも最終日。お仕事に行きたくない気持ちを抑えて、SEKIROとダークソウル リマスターをクリアしました。ちょうど先月の今頃にはブラッドボーンをクリアしてましたね。


雑記部分(まとめまで読み飛ばしてもらって構いません)

なんで今更フロムゲーにハマってるんでしょうこの人。
すべての発端はPS Storeのスプリングセールでブラボが3000円で買えたことでしょうか。
ヴィクトリア朝イギリスな世界観でダークなファンタジーと聞いて、数年間ずっと気にはなっていたんですが、フロムゲーの地獄的な難易度から避けてました。でも安いこの機会に…というわけです。

で、恐る恐るプレイを始めたわけですが、やっぱり死にまくるんですよ。でも、死んでるうちに、あ、こういう攻撃のパターンがくるから、こう立ち回ればええんやな。あ、これでええんやなんやあっさり。という感じで、何かがつかめて来るんですよね。それが掴めれば掴めるほど、面白くなってくる。序盤は正直面白くなかったですが、ヤーナム抜けたぐらいから面白さが加速していったイメージです。

でもやっぱり、勝てないボスが出てくる。特にDLCエリア。そんな時に頼りになったのが、白霊アニキたち。すごいスピードでボスを屠ってくれました。アニキがいないと正直投げてたかもしれません。特にマリアを倒してくれたアニキ(10回ぐらい二人共死んで、ずっとリベンジしてくれてた)ありがとう。
(といいながらも、漁村の井戸の中だけはどうしても無理なので投げました)

お話も、単なるダークファンタジーではなく、まさかのクトゥルフ要素マシマシで、なかなかに楽しめました。敵も異形たっぷりで楽しかったです。

そんなこんなでブラボをクリアすると、(あれ、フロムゲー面白いぞ…?)となるわけですよね。そして折しも、SEKIROが発売したての時期。気付いたらポチってましたね。

SEKIROも意気込んで始めたわけですが…。いや、前評判でブラボより難しいとは聞いてました。でもまさか、ただの中ボスで二桁以上死ぬとは思ってなかった。まさに洗礼でしたね。でも、侍大将倒せるとなんかつかめてくるわけです(またか)。で、徐々にSEKIROに慣れてきて、弦一郎を倒したぐらいからでしょうか、楽しさが分かりだしたのは。ブラボと違って、ボスも自分で倒すしかないから、自分がどんどん上手くなるのが分かって楽しいんですよね。やっぱり。

しかし、詰みました。ラスボスで。なにあのじーさん強すぎひん?心が初めて折れました。というわけで息抜きに、この際にと全部買っていたダークソウルに手を出すことに。(フロムゲーの息抜きにフロムゲーってよく考えなくても狂ってますよね)

リマスターを進めていったわけですが、運良く序盤で黒騎士の盾が手に入り、教えてもらったアストラの直剣を手に戦うと、もう大概が勝てちゃうんですよね…。なのであんまり苦労せずに進められました。そして、アストラが力不足な頃に手に入ったのは、なんと調べたら最強と名高い黒騎士の斧槍。強い。圧倒的に強い。ブラボやSEKIROほど苦労せずにダークソウルをクリアできたのは、どう考えても黒騎士の武器のおかげです。本当にありがとうございました。

なので、敵で苦労したというよりは、圧倒的にステージギミックで苦労しました…。特にセンの古城とアノール・ロンドのアーチャーはもう二度とやりたくない。冗談抜きで3桁以上死にました。優しくない。ブラボもSEKIROもステージギミックでこんだけ死ぬってなかったので…。

ブラボやSEKIROと違うなっていうか、改善したんだろうなって思ったのは、ボスまでがえげつなく遠いこと。再戦するのに何分歩かせるんだって印象です。SEKIROなんてボス前に大体仏像ありましたからね。そしてそのせいでソウルのロストが多発した印象。ボス倒して、ソウルで買い物しようにも長時間移動するからその際の事故で数万ロストが何回かありました。せめて鍛冶屋ぐらいは全員気軽にアクセスさせてくれ…。

ただ、やっぱり分かってくるとダクソも楽しい。パリィできるようになると世界が変わりました。そのせいでラスボスの印象がほぼありませんが…。

ダクソを無事にクリアしたので、どうせならと積み残した一心の撃破を誓いSEKIROを再開。三時間かかって無事に倒せました。多分ダクソでパリィの感覚が身に付いてなかったら、見切りをうまくできずにまだ詰んでたと思います。経験は何にも勝る。正直書いてる今も興奮が冷めやらないです。ゲームは全部イージーでプレイするタイプで、無理だとすぐ人に投げるので、自力で一心倒せたのは本当に嬉しい。暗中模索ですけど、やっぱり回数重ねるうちにパターンが分かってくるんですよね。L1ガチャガチャ受け身から、気づけば攻め込めるようになっている。

…でも取り逃しがあるんですよねぇ。過去の平田屋敷二回目と来るであろうDLC…。後怨嗟の鬼は諦めました。なので、これら含めて二週目をいつか頑張らないといけないのか…。

まとめ

フロムゲーに私がここまでハマった、いや世間の皆様がハマる理由はなんなんでしょう。純粋にゲームとして面白いのもあると思うんですが、それ以上に努力が成功に直結する、筋道立てて正解を探していくという、ある意味現実では難しい体験ができる部分かなと。ブロマガのいろんな記事で何度も述べていますが、我々はゲームに現実ではできないことを求めます。人を撃ち殺す、気ままに動物やキャラクターと触れ合う、最近だと違う誰かになりきって遊ぶ。これら全部現実ではできないことです。だからこそ我々はゲームをプレイします。

フロムゲーは確かにバランス不足も一部感じられるほどに高難易度です。でも、根気よく挑み続ければ、乗り越えることができるようには作られています。現実はそうは行きません。根気よく、なんてできるほど待ってくれないんだなと最近ひしひしと感じています。だからこそ、根気よくやり続ければ必ず成功に導けるフロムゲーにハマったんだと思います。(もちろん面白いからってのが大体の理由ですよ!)

最近ことさらに、ゲームは仮想だからこそいいんだと思います。ファークライにせよ、ダークソウルにせよ、なんにせよ。虚構だからこそ、現実ではただの人間がコントローラーを握れば、勇者にもスナイパーにもファーマーにもなれる。だからこそ私はゲームが大好きですし、ずっとずっと変わらず色んなゲームが出てほしいし、プレイし続けたいと思います。またこうやって、面白いゲームをプレイした興奮が冷めやらないうちにブロマガを書きたいですし。

以上、なんだか最後湿っぽくなりましたが、おしまいです。
次はダクソを3までクリアしたら多分書きます…。

コメント

Leo Leo
No.3 (2020/07/10 13:23)
あと影牢とか天誅とか  あとテクモのゼロ(心霊ホラー)も面白かった あとシナリオゲーム面白いです竜騎士07さんの
Leo Leo
No.4 (2020/07/10 13:24)
twitterで申請したので鍵垢入れて下さいおねがいします ひきこもりライオンより
しけメン (著者)
No.5 (2020/07/11 01:03)
>>4
コメントありがとうございます
承認させていただきました〜
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事