動画製作作業日報

第六話投稿完了とキャラ紹介

2014/06/10 22:42 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ゲーム
  • ロマサガ
  • ロマサガ3
みなさん、こんばんわ。そんな事で第六話も無事に投稿を完了しいました。今回は第五話と第六話を二日連続で一気に投稿したので、少し疲れてしまいました。投稿に関してはここまでにして、今回はこの動画に登場したキャラを紹介していきたいと思います。

まずはサラです。

あとで紹介するエレンの妹です。性格は引っ込み思案ですが、
実はこのゲームではかなり重要な役目を持っていますが、ネタばれになるのでここでは話しません、動画上の設定では一番の良心的キャラです。


サラの姉で性格は正反対の活発的な少女です。(年齢は二十歳ですが・・・)
動画上の設定では金にはかなりガメツイ上に次期カーソン牧場の跡取りと主張しています。ちなみにサラが大好きなシスコンでもある。
ユリアン

エレンとサラとあとで紹介するトーマスの幼馴染です。性格は親父譲りの正義感の持ち主です。動画上の設定では原作と同様にエレンに恋心を抱いているがほとんど無視されている、その後プリンセスガードに就職をしました。
トーマス

村のリーダー的存在の青年です。しかも何でも器用にこなせれる。その後はピドナにサラと一緒に駆け落ちをした。動画上の設定ではあまり目立たないかわいそうな人になってしまった・・・・・
ハリード

神王教団に滅ぼされたゲッシア王朝の元王族で行方不明になった姫を探しているらしい。金にはかなりガメツイが本当はいい奴だよ。動画上の設定ではほとんど原作と同じだな。
モニカ
お兄様思いの心優しい姫君、おしとやかに見えるが、実はカタリナから剣術や馬術の指南もうけているため、いざとなったら自ら行動する事もある。動画上の設定では指南役のカタリナをガン無視したこともある。
ミカエル

亡き父の意思を受け継いだロアーヌ候、かなり有能な軍人でもあり政治家でもあるため、民衆からの評判はかなりいいらしい。動画上ではかなりのシスコンである、妹にセクハラ行為をしただけで、打ち首獄門に処したりとかなり恐ろしい人でもある。
カタリナ

モニカのボディガード兼専任の侍女をやっている女性である。ミカエルに対してはかなり溺愛していれるが、身分の違いで少し身をおいている、ある事件でマスカレイドを奪われてしまい、取り返すためにロアーヌを旅立った。動画上ではモニカとミカエルを溺愛しているが、二人にガン無視されているかわいそうな人である。
タチアナ
世界を転々としている家出娘、名乗るときには本名を名乗らず、なぜか食べ物の名前を言うことがある、それもそのはず・・・・本当の正体は大商人ラザイエフ家の末っ子であるため、自分の家があるリブロフに行こうとすると抜けてしまう。動画上では指名手配されている。
ノーラ(野良さん)

前の親方の一人娘で、職人である。父親である親方は奪われた聖王の槍を探しに旅に出たが、ピドナの港で死体として発見された。そのため最初は一人で奪われた槍と親方の仇を探しに旅立とうとしたが、ケーン(健)とサラたちの説得で一緒に探しにいくことになった。動画上では実はフ○○リであるため、槍と親方の仇探しのついでにいいノンケ探しもやっているため、サラが時々、本来の目的を忘れてないのか不安に感じていることがある。
少年(助六)

姿からして、東からやってきたなぞの少年である、生まれた時から一人ぼっちだった。このキャラクターも実はかなり重要な役割を持っている。動画上では変なメイクで登場したため、妹(こいし)に勝手に助六と命名されてしまった。
ロビン(ライム)

ドフォーレの悪事から日夜、ヤーマスの平和を守るヒーローである。普段は父親の酒場で手伝いをしている。一見、気が弱そうな青年だが、ドフォーレの悪事を市民の前で告発するなど、かなりの勇気の持ち主でもある。ロビンの正体は父親であるトラックスにはバレている。動画上ではドフォーレのごろつきに立ち退きを迫られていた。ババアに貞操を奪われそうになったり、仲間になるために登場したが、トラックスの方を仲間にされてしまっりと不幸な人である。
ロビン(トラックス)

ライムの父親で酒場を経営している。息子のライムがロビンに変身できない時は自分が代わりにロビンになって、ドフォーレからヤーマスの平和を守っていた。かなり強いが調子に乗りすぎて、ドフォーレの罠にはまりピンチに陥ったが、息子のライムに助けられた。その後はサラ達の仲間として、ともに旅立つことになった。今回はここまでです。ちなみにシャールとミューズも出ていましたが正式に仲間になるのは先になるので、紹介は別に機会にします。そんな事で今回はここまで、次回をお楽しみに。
















コメント

Mr.BW
No.1 (2014/06/10 23:02)
これは分かりやすい人物紹介 ありがとうございます
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事