ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

酋長のブロマガ

BO1プレイで使っていて勝率の高いデッキ、時間効率のいいデッキ

2019/12/10 22:10 投稿

  • タグ:
  • MTG
  • MTGA
  • MTGアリーナ
毎日デイリー11勝を義務にしてBO1をプレイしていて勝率の高いデッキ、時間効率のいいデッキが絞れたので紹介。あくまで今のBO1プレイが前提。




レア28枚、神話レア2枚

結局のところボロス騎士が一番安定していると思う。1マリガンでも土地が2枚しか出なくても勝ちにいける。

速度が落ちそうな不敗の陣形だけど、相手が次全体除去を撃ってきそうというときに構えておいて何度か助かったことがあった。同じようなアグロのときは附則で使えば勝てる。
タージクは色事故が怖いし騎士ではないけど速攻パワー3は全体除去をくらった状態では頼りになる。さすがに全体除去くらう前にライフを一桁にできていないようではそもそも勝てないからそれは仕方ないとして、残りライフをこれで詰めて勝ったことも。あとクラリオンや炎の一掃に対する耐性がつくのも大きい。

多少単体除去されても強いブロッカーを立てられても数で押し切れることも少なくない。2ターン目に立派な騎士が出て3ターン目に騎士2枚出してさらにロクソドンでカウンターを一気に乗せると大体勝てる。自分が使っているデッキの中では勝率と時間効率のバランスが一番いいかな。

リムロックの騎士は1マナのイタチ乗りにした方がいいかも? そこだけ悩んでいる。





レア16枚

赤単は狂乱と蒸気族を採用した非行進型の方が総合的に強いと思うけど時間効率を求めるなら行進型がベスト。

とにかく勝つのも負けるのも早いからデイリーがさくさく進む。そして意外にもいまだにわりと勝てる。とにかく相手のことは一切考えずに強い動きを押し付けていくようにする。勝率はボロス騎士よりも悪いけど、ただ10勝したいだけならたぶんこれが一番短時間で終わると思う。


アグロはこの二つかな。
ラクドスは案外勝てない。弱くはないんだけどスピード面で上二つと比べるとほんのわずか劣って、そのほんのわずかの遅れが致命傷になるのが今の環境。

さらにボロス騎士は数または宝剣や不敗、行進はトーブランと行進+チャンドラや物焦がしと相手がある程度盤面を整えても一気に攻められる手段が複数あるけどラクドスは宝剣ぐらいしかないのが地味につらい。レギサウルス+宝剣が決まるとそりゃ強いけどレギサウルスが足を引っ張ることが少なくないのがつらいところ。




レア34枚 神話レア5枚

そしてちょっと前に紹介した除去コンだけど、なんか勝率がかなりいい。アグロ相手にはかなり追い詰められても逆転できることが多いしコントロール相手には不死の騎士がかなり強い。ただPWを処理しきれずに負けることが何度かあったから牢獄領域と残忍な騎士を1枚ずつ増やした。

1プレイに時間がかかるのがネックだけど相手の攻勢をさばききって逆転できると満足感が高い。いや本当に予想外に勝てる。

マッチング補正のせいか同型のデッキと当たりやすいのが気にはなるかな。このデッキを使うと同じオルゾフコントロールと高確率で当たる。そのせいで思考のひずみを入れたくもなるけど今のところ必要を感じることはほとんどなかったかな。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事