酋長のブロマガ

エルドレインデッキ24個目 イゼットセカンドドロー

2019/11/23 14:21 投稿

  • タグ:
  • MTG
  • MTGA
  • MTGアリーナ



紅蓮術師が4枚揃ってしまったので、これを使うデッキならセカンドドローデッキしかないだろうということで組んでみた。




サヒーリも入れて1/1トークンが結構な数になるので災厄の行進も使う欲張りデッキ。サヒーリがいるなら役割交代も入れたいところだがさすがに枠がなかった。というかサヒーリと型破りの協約を入れたイゼット役割交代デッキに紅蓮術師を4枚入れることからデッキ構築を始めた結果役割交代が真っ先に抜けたという表現の方が正しい。




ショックは最初溶岩コイルで、それから顔面が焼けて一徹なら4点ダメージになる殺戮の火になったんだけど、亭主を即焼きたいのでショックが一番丸いという結論になった。

セカンドドローは1ターンはタップイン処理か選択、2ターンに型破りを置いて3ターンに紅蓮術師というのが理想的な流れの一つなんだけど、それだとアグロに轢き殺される。実際自分がアグロ使っていてセカンドドローと当たるとよほどこちらが事故らない限りまず負けなかった。紅蓮術師はタフネス4あるけどパワー0だからアグロにとってそこまで脅威じゃないんだよね。火力やコンバット・トリックで一方的に討ち取れることも少なくない。

というわけで相手が1ターン目に山を置いたときのことを考えて願いのフェイを4枚投入。2ターン目に出る飛行1/4はアグロにとって本当に悪夢。もちろん出来事でサイドボードからカードを引っ張ってこれるのも強い。今回サイドボードわりと適当だけど。

サヒーリは1/1トークンを増やすために入れているけどこのデッキだと出すタイミングがなかなかないかなあ。サヒーリ2枚とニヴ=ミゼット1枚削ってイオン化3枚にした方が強いような気もする。サヒーリ2枚削って発展//発破2枚にするのもありか。でもまあ災厄の行進もあるししばらくはこれでいく。


まあ、あれだね。今の早い環境だと悠長だから弱いよね。盤面が整いさえすれば強いけど当然相手は紅蓮術師を即除去してくるし、型破りも行進もかまど・創案対策のアーティファクト兼エンチャント破壊で割られることが少なくない。相手が赤や黒なら割られる心配はかなりなくなるけど、そのときは紅蓮術師はもちろんPWも除去されやすいので一長一短。

勝つためには「相手が遅い」「相手が事故る」「相手が除去を持ってない」などが条件になるのでファンデッキの域を超えない印象。

やっぱアリーナはデイリーを進めるためには勝つ必要があるのでガチデッキとの遭遇率が高く、カジュアル層には本当に厳しい環境だと思う。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事