チラ裏の曲制作裏話

「L Recorder」についてのあとがき

2018/07/14 20:30 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • VOCALOID
  • あとがき
みなさんお久しぶりです。俊月です。

久しぶりの動画投稿となったわけですが、「L Recorder」どうだったでしょうか。
えっ、まだ聞いてない?

聞きましょう。



↓以下歌詞↓

Soon そこから君がゆく刹那
キラメキを見つめ どう進む?
When いつだろう 癒された心
懐かしき出会い それが幕

ふさがった視界 悲しみのレイヤー
迷路に迷い 一人で泣いてた
手をひいて 連れ出して
くれたのは 君なんだ

通り抜けた 僕の体を
君がくれた 優しさ
いつまででも 憶えていたい
僕の 最初の "人" でした

Time 楽しい時間 あの期間
どうしてるだろう そう君は
ねえ あれから僕は 探してた
時かける意味を 探してた

辛かった黙示 曇天の心
宣告された 無言の判決
手が離れ 落ちていく
奈落へと 逆戻り

そばにいたい 話していたい
ボール途切れ 気づいた
例えられない 不思議な想い
それは 最初の "事" でした

それは 最初の "恋" でした

↑歌詞ここまで↑

あとがき

こちらの曲は、C93、18年春M3にて頒布した「L Recorder」内収録の表題曲です。
バラード的な曲を作りたい、そして1番2番で劇的に変化をつけたい、というところからのスタートでした。うまくできているかは置いといて(笑)。

ある意味動画説明文の1文が全てです。この楽曲にも以前投稿した曲のメロディフレーズや歌詞を盛り込みました。アウトロはもろに残傷のサビ頭ですよね。あの曲を明るい方向に進化させたのがこの曲と言ってもいいかもしれません。「嘆き」が残傷なら、「感謝と決別」、これがL Recorderです。

人との出会いがあれば別れもある、まあわかってはいるんですけれど、それでも別れは辛いものはありますよね。出会えたことに感謝しつつ、さよならって言える、そんな人間関係でありたいものです。

この曲の曲名は、最後まで聞くと由来が分かります。略さずに書くと「Love Recorder」、恋の記録装置です。つまりはそういう事です。初恋の曲です。歌詞は自分で書いたのに正直恥ずかしいです(笑)。あれを真顔で真剣に書いていたかと思うとなんとも言えないものが。

残傷から1年、少しは成長できているでしょうか。
もっとよりよい曲を作っていきますので、今後ともよろしくお願いします。

最後に、この動画楽曲制作に携わっていただいた、みくるさん、ganさん、私の友人さん、本当にありがとうございました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事