週刊文春デジタル

THIS WEEK【経済】みずほ坂井社長の人事を迷走させた金融庁の責任

2021/11/25 05:00 投稿

  • タグ:
  • ニュース
  • 社会
 今年二月以降、八度にわたるシステム障害を起こしたみずほフィナンシャルグループ(FG)。経営責任を明確化するため、坂井辰史FG社長、藤原弘治みずほ銀行頭取の2トップは辞任する意向を固めたという。
 だが、ここに至るのには時間がかかった。
「坂井氏がFG社長のポストにしがみつき続けていたのです。二月からシステム障害が立て続けに起きた時は、夜回りに来た番記者に『お客様周りのことだから。銀行の問題だね』と語っていました。六月に再発防止策を講じたものの、八月に再びシステム障害が起きた。この時も坂井氏は『これは銀行が対応すべきこと』と漏らすなど、藤原頭取に責任を押し付けようとしていました」(みずほ関係者)
 しかし、一連のシステム障害はグループ全体のガバナンスに関わる問題として、坂井氏の責任が重いと当初から指摘されてきた。では、監督官庁である金融庁はどう対応してきたのか。 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細