週刊文春デジタル

飯島勲〈内閣参与〉の激辛インテリジェンス“リターンズ” 「衆院選の投票日と総裁選の勝者、教えます」

2021/07/21 05:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • コラム
  • 飯島勲
 読者の皆さん、お久しぶりだな。菅義偉首相を内閣参与として変わらず支えてるけどさ。この件だけは八月の月遅れ盆休みの前に大きな声で言っとかないと、衆院議員がみな解散に向けて走り出したら手遅れだから、特別版で復活したぜ。
 自民党内じゃ九月五日に東京五輪・パラリンピックが閉幕すると、直ちに臨時国会が召集されて、首相が衆院解散・総選挙を断行するって観測がもっぱらだろ。投票日は十月三日、十日、十七日のどれかで、総裁選も選挙後に延期だとかさ。
 冗談じゃないよ。 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

Nyan
No.1 (2021/07/21 11:52)
教えますって言われても…

 >八月中に希望者全員が一回目の接種を終えて、九月末には二回目も完了がマストよ。

この前提が「無い」以上、以下のスケジュール等も現実感が無いんだけど。
なんで復活したのこの人。
でもこういう「ありえない」が今、現実になっちゃう時代だから怖いよね。
Charlie_B
No.2 (2021/07/21 13:26)
衆議院議員任期満了直前(当日)で解散の案は、約一ヶ月前に青山繁晴参議院議員が You Tube で語っている。
下記動画で 11:16 から。
> 【ぼくらの国会・第174回】ニュースの尻尾「9月解散反対!」 - YouTube
> https://www.youtube.com/watch?v=dXGZ8-EbzBM&t=676
6月22日収録、6月24日公開、つまり7月4日の東京都議会選挙投票日より前で、政権首脳(複数)に会って提言済みとのこと(5:00頃から)だった。その時点では独自少数意見だったが、今は有力な案になったということか。
週刊文春は、5年前の青山繁晴氏の参議院議員選挙初立候補で運動中に中傷記事を書いて選挙妨害をし(後に裁判)、当選後は一切青山繁晴氏に触れない位の反青山繁晴なので、そのことに触れたくないので飯島勲氏を引っ張り出してきて代わりに書かせたのかな。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細