週刊文春デジタル

人生エロエロ 第439回 みうらじゅん「大ブレイク前夜」

2021/06/17 05:00 投稿

  • タグ:
  • コラム
  • みうらじゅん
 人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。
 吉本の大﨑さんがまだ、マネージャーをしていた頃「絶対、気に入ると思うわ」と、紹介されたのがダウンタウンだった。
 公開生放送の『4時ですよ~だ』という番組を視察を兼ねて見に行った。
 会場は二人のトークが聞えないくらい歓声が飛びかっていて、既に大阪ではアイドル的人気だった。
 基本はボソボソとしたトークなのだが、話の展開が従来の漫才と全く違う。ボケ役の松本人志(通称・松ちゃん)にマニアックな要素があり、僕は大﨑さんが言う通り、すっかりファンとなった。ある小説誌に『ダウンタウン巡礼の旅』と、題した紀行文も書いた。それはビートルズのゆかりの地を訪ねる風に、彼らの故郷、尼崎や、劇場近くのよく行ってたであろう定食屋などを一日がかりで調査して回ったものである。
 そんな縁もあり、大阪で『働けダウンタウン』という深夜番組が始まった時、僕はレギュラー陣の一人となって、毎週、ワクワクしながら新幹線に乗り込んだ。 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細