週刊文春デジタル

夜ふけのなわとび 第1701回 林真理子「私は嫌い」

2021/06/10 05:00 投稿

  • タグ:
  • コラム
  • 林真理子
 ある人のコラムを読んでいて、なるほどと腑に落ちたことがある。
「私が」ではなく、「私たち」とか「女性は」とか言い出したり、書くようになったら、その人は「こじらせ女子」のはじまり、というのである。
 こじらせているかどうかは別として、「私たち」とか「女性は」を多用する人は、確かにフェミ系か「社会に意識高い」系である。
 だから大坂なおみ選手が、最初に記者会見を拒否した時にちょっと異和感があった。
「アスリートの心の健康状態が無視されている」
 という言葉である。まるで自分が代表しているみたい。最近政治的発言が多いが、ここまで大上段にふりかざさなくても。
「“私は”記者会見が苦手なので、拒否したい」
 でいいのではなかろうか。 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細