週刊文春デジタル

検疫官の警鐘 「五輪で変異株がすり抜ける」

2021/06/03 05:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ニュース
  • 社会
「必要不可欠な人材であるので現時点では変えることができない」
 大会関係者の来日人数削減は、感染対策の重要課題だ。そうした中、組織委員会の武藤敏郎事務総長が五月二十六日、理事会後の会見で「減らせない」と口にしたのは、約三千人の「オリンピックファミリー(ОF)」。だが、多くの関係者が一気に来日することで……。
 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

変異株(イギリス、インド、ブラジル等)というが元々の株は何処から出たのだ。通常型とか言っているが何故に武漢型と言わないのか。台湾では武漢型と堂々と言っている。WHOは呼び方をアルファ、ベータとかの呼び方に変えたが、そんなもの定着するのだろうか。

海外ではトランプの言っていたコロナは中共が作ったウイルスであるという主張を、陰謀だとかフェイクだとか言っていたのだが、それが180度変わり今やこのウイルスは武漢研究所から流出したという見方になっている。つまり中共がこのコロナのパンデミックの原因であるという説が有力になっているのだ。以前それを否定していたファウチのメール等が開示され、実はファウチはそれを知っていたようである。WHO代表団の武漢視察など茶番である事も明らかになって来ている。

しかし、日本ではその情報は何故か殆ど殆ど報道されない。また、オリンピックに関して言えば、一番簡単なのは中止する事だろう。馬鹿でもできる、だれも責任を取らない、しかし金はふんだくられるだろうが、お金持ちのおぼっちゃまなら其れしか選択はないだろう。

私の考えが当たるとは必ずしも言えないが、困難に立ち向かってこそ生きている意味があるのだろうし、日本が日頃の実力を見せるいい機会であるのも間違いない。医師会の金権、各省庁のヘタレ、野党の難癖、国民の能天気体質等どれをとっても悲観的にならざるを得ないが、この無責任最低憲法を後生大事に75年も抱いていれば根本から腐ってしまうのは仕方ない事なのだろう。

残念ながら政府も戦時だと言う認識を持てないでいる。誰がオリンピックでコロナが悲惨な事になったら責任を取るのだとマスコミは言っているが、それなら,責任を取らせるなら森さんでよかったではないのか。あるいはその後任と言われた川渕さんでよかったのだろう。薄っぺらな世相と、マスコミ、綺麗事と偽善に乗ればこうなるの典型であろう。

しかし、尖閣で今や風前の灯火の日本の領土に対する国民の無関心や、自分の事しか思いが及ばず、ウイグルやモンゴル、チベット、北朝鮮の民衆の人権に対するこの冷ややかさはどうにかならないのだろうか。

No.1 4ヶ月前
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細