週刊文春デジタル

元同居男性が“最高顧問” 11億詐欺逮捕社長は小池百合子のタニマチだった

2021/06/03 05:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ニュース
  • 社会
 横浜のみなとみらいに聳え立つランドマークタワー十九階に、太陽光発電や浄水装置開発などを手掛けるテクノシステム(以下テクノ社)はある。フロアの奥には湾岸エリアが一望できる応接室。案内された投資家たちが座る上座の背後の壁には、事業が紹介された新聞記事の切り抜きとともに、生田尚之社長(47)が有名人と撮った写真がズラリ。ひときわ目を引く一枚は、小池百合子東京都知事(68)との写真だった――。 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

 不思議な事にテクノシステムと小泉一家の事には全く触れていないが、おかしくないか。全マスコミがこの疑惑にはだんまりを決め込んでいる。小池も小泉絡みで献金を受けたのだろうか。

小泉は全く間違っている原発反対を唱えている。彼の言うデータも嘘である。そのグループが三馬鹿元首相(小泉、鳩山、菅)達である。小泉家の長男はこの詐欺会社(テクノシステム)のTVCMに出演していた。そして次男の進次郎が全戸太陽光パネル設置と来れば、一家丸抱えでインチキビジネスに手を貸していたと勘繰られても仕方あるまい。

胡散臭い原発反対とCM出演、太陽光パネルと一家で分担作業をしていたのだろう。どれくらいこの生田社長から金が小泉一家に流れていたのだろうか。文春ならそこの所の取材などお手の物ではないのか。太陽光パネルなどそれを作るためには
ポリシリコンや労働力、電力が必要だが、ポリシリコンは新疆ウイグル自治区で殆ど生産され太陽光パネルなど50%以上がこの地で作られている。しかもその安い労働力はウイグル人の奴隷労働と言われ、パネルを作るための電力はCO2をふんだんに出す石炭火力から得られているのが実態である。

しかも災害などで廃棄された太陽光パネルは有害物質を含みどうしようもない。綺麗事でコーティングされた小泉一家の原発ビジネスはいずれ粉砕されるだろう。あれほど盛んだった貸し自転車のもあっという間に終わり、膨大な自転車が廃車となり放置されている。電動バイクも現在盛んだが、駄目になったバッテリーはちゃんと処理されるのだろうか。怒涛のように生産し、そして毒物のまま捨てられていく中共の産業構造。中共製パネルはもうやめた方が良いし、そうなるとパネルの価格はものすごく上がるだろう。中共の闇はものすごく深いのだ。小泉家の闇もそうなのだろうか。

No.1 6ヶ月前
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細