週刊文春デジタル

THIS WEEK【芸能】仏壇メーカー→芸人→俳優 塚地武雅49歳の回り道人生

2021/05/12 05:00 投稿

  • タグ:
  • エンタメ
 五月十四日に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「おちょやん」を支えた芸人勢。前半では“ほっしゃん。”こと星田英利(49)が話題を集めたが、終盤に目立ったのがドランクドラゴンの塚地武雅(49)だった。
「戦時中、防空壕でヒロインの杉咲花(23)と絡むシーンを設け“いずれまた出て来る”ことを匂わせる演出。再登場すると、トレードマークのずんぐり体型と丸顔で、エンタツ・アチャコの花菱アチャコをモデルにした役を器用に演じた」(放送記者)
 大阪出身の塚地は桃山学院大卒業後、地元の仏壇メーカーに就職するが、お笑いの夢を捨て切れず退社。竹中直人、大竹まことらの「シティボーイズ」に憧れ上京し、大手事務所・人力舎の養成所で修業した。 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細