週刊文春デジタル

〈コロナVS.日本〉コロナの「ファクトフルネス」15

2021/01/21 05:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ニュース
  • 社会
中国で初めて検出されてから一年以上経ったが、変異種も現れて猛威を振るい続けている新型コロナ。我々はどう立ち向かっていけばよいのか。まずはデータに基づいて現状を知っておくことが重要だ。コロナ禍の自粛生活でボケないために、おひとりさまも必読です。 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

yuzo
No.1 (2021/01/21 15:50)
 小池の何にもやらない、やってるふりのパフォーマンスに騙される左翼マスコミ、私立の病院が国難だ、戦時だと意識を持って参加して来れば病室は充分足りるようになる。大体20%しか私立の病院はコロナに参加していない。そんな気さらさらなく偉そうに政府批判ばかりしていた医師会。当然意思のある意気のある私立の病院に十分な手当てをすればいいし、国民もそれを支持するだろう。また、動かない厚労省、難しいという厚労大臣。兎に角、口では大変だというが国難だ、非常事態だという意識など持っていない政府、小池知事、医師会そして国民なのだよ。

これがあの国と国民を守るという事が一言も一行も書いていない日本国憲法の所為であることは間違いない。それをずっと何にも変だと思わないでいる今の国民、それを煽って来たマスコミ、左翼政党、そして自民党がある。今になってもそのムーブメントは起きそうもない。立憲などまだ森加計桜みたいだし... 全文表示
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細