週刊文春デジタル

冬コロナ「5つの謎」 指定感染症から外すべき?/今、感染したら?

2021/01/14 05:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ニュース
  • 社会
ワクチン接種はまだ先となれば、我々にとって現状把握と正しい知識こそが急速な再拡大に立ち向かう最大の武器になる。PCR検査の現状、病床不足の真の原因、体調悪化を感じたら、まずどうすべきか――。謎を解く最新知見を五つに集約し、専門家が徹底解説。 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

yuzo
No.1 (2021/01/14 12:14)
 また大谷医師か。嘘っぽい意見を言ってる気がするが、先日櫻井よしこ氏がTVで言っていた。東京都でコロナを見ている病院の30%くらいが専門医も機材もなく、逆に見ていない病院の30%に専門医がおり、機材もあるという事実。このミスマッチが問題でそれを糺すのは政治家、厚労省の役目だと。

 二類を五類にしろと言うのは全然おかしいとは思わない。大体、エボラのような50%の致死率と同じ扱いにしているのがおかしいと言ってるだけだ。その上、陽性者は全員隔離か入院なんてことをやるからベッドが足りなくなっているし、やりくりも大変なのだ。今や症例やデータも集まってきており、重症化する典型も分かって来ているのではないか。PCR検査で陽性者を判定してもいいが重症化している人や危険性のある人たちに医療資源を配分しなければ綺麗事で結局全て失う事になるのだ。大谷なんかの意見聞くなよ。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細