週刊文春デジタル

〈冬コロナ緊急事態〉〈独白120分〉西浦教授 「2月に感染爆発が来る」「東京は無策だった」

2021/01/07 05:00 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • ニュース
  • 社会
「菅義偉首相は一月四日、東京・埼玉・千葉・神奈川の一都三県を対象に、緊急事態宣言の再発令を検討すると表明しました。しかし感染症の対策は早く打てば打つほど、対策期間も短くて済むもの。それを考えると政府はもちろん、一日千人を超す感染者が出るまで目立った対策を打たなかった東京都も、明らかに判断が遅いと言わざるを得ません」
 こう断じるのは、京都大学大学院医学研究科・西浦博教授(43)だ。
 西浦氏は理論疫学者。第一波の際には厚労省クラスター対策班のメンバーとして「感染拡大を防ぐには、人と人の接触を八割減らすことが絶対必要」と主張し、“8割おじさん”の名で知られるようになった。
 以降も数理モデルを駆使し、緊急事態宣言が解除された後の昨年六月上旬には「七月中に都内の感染者数が一日百人以上になる」と“予言”。第二波の襲来を的中させている。さらに、小誌七月三十日号では「第三波は必ず来る」と述べ、いち早く秋以降の第三波の襲来に警鐘を鳴らしていた。
 そして、新型コロナウイルスが日本に上陸してから一年。再び緊急事態宣言が発令されるのを前に、西浦氏が百二十分間にわたって、小誌の取材に応じた――。 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

前回40万人死ぬと国民を脅した男。分科会のメンバーからも外されております。真に受けたらあかん。

No.2 10ヶ月前

さすがの週刊文春も今回のトップ記事は「スガガー」「アベガー」「小室ガー」「秋篠宮家ガー」にはできなかったようだ。「コロナは時間が余ったらやります」で今回ようやく余りが出たようだ。もっとも実質「スガガー」も含まれいるが。
西浦教授は、専門家としての知識や予測(仮説)は貴重ではあるが、自分なりの使命感から世の中を動かそうという意識が強すぎてバイアスをかけて発表する癖があるようだ。だから規制派には利用されて反対派からは狼少年扱いされてしまう。今回も反管派=当面規制派の週刊文春に利用されている。
個別には、「一刻も早く海外からの入国を止めて下さい」はその通り。経済界や親中派の言うなりに“商用”名義で無検査で人を入れるのはやめるべき。緊急事態宣言なら原則入国禁止と例外は全て検査と強制隔離を行うべき。
「問題は、コロナに恐怖心を抱かない若者世代の合意をどう取りつけ、彼らの移動をどう食い止めるか。」もそのとおり。世代間問題になっているので難しいが、ここは説得を尽くして出来る範囲での強い規制をかけるしかない。医療現場では看護師の離職が止まらず、医療崩壊が目の前に迫っている。コロナ病棟では全ての雑用も看護師が行わなければならず、普段でも5Kとか9Kとか言われている仕事が耐えられないレベルになって離職が相次いでいると聞いている。
あと、二類感染症指定を五類に変更するのは、信頼できる尾身茂先生も反対している。(下記参照)
> 2020年12月31日
> 全世代の皆さまへ ~2021年に向けて~有志の会からの感謝と決意のメッセージ|コロナ専門家有志の会
> https://note.stopcovid19.jp/n/nd43c47460b9b

No.5 10ヶ月前

 尾身茂先生は信頼できるのかな?二類を五類相当に変えるには単純にやるのではなく、それなりの合理性と整合性を持ってやるのは当然だろう。ただ、二類相当を外すことによって無症状の陽性者を隔離したり、入院させたりする必要は無くなり治療費を国が見る必要もなくなる。また病院も感染症指定以外もOKになりベッド数も増える。大体、国民一人当たりのベッド数が世界一なのに、この程度の重症者で崩壊が始まりそうなんておかしいと思わない方がおかしい。制度がいびつなのは誰が見ても明白だろう。それを変えたくないのは正しく恐れていない証拠だと思う。

前例踏襲の厚労省などの官庁と絶対に責任を取りたくないヘタレ学者にやらせればこの局面など打開できるはずもない。勿論政治家もヘタレは一緒だが。この憲法では若者の行動を規制できないのは明白である。権利だけで義務なしの国民がどれだけ無責任かよくわかるだろう。陽性者は爆発的に増えているが、死者は100人以下であり、コロナを加えても例年の総死者より少ないのは事実である。日本では年に130万人が死にアメリカでは300万人が死ぬといわれている。人はどんなことをしても死ぬのだよ。

全国民を恐怖に陥れ、活動を停止し、経済を破滅させ、国家を衰退させていく。それでいいのだろうか。日本以外の国がやれている事を出来ないのをおかしいと思うのは当然だが、全世界の普通の国と日本が全く違うのは自分の命も安全も生存すら自分で守ろうとしない憲法を何とも思わない国民が大多数だという事だ。現在の国家的危機、今そこにあるコロナより大変な危機に何にも感じない国民なのだからね。私はミサイルや銃撃で殺されたり、人民警察に逮捕される理不尽な可能性に対し納得できないのだ。自分を守るのは自分だ。尾身先生に言われた通りやってコロナで死んだら尾身先生の所為と言うだろうか。私はそれでも自分の所為だと思っている。人の生き死になど誰の所為でもない。少なくとも民主主義国家に生きている限りはね。そうでなければ共産主義の人民になる事だ。餓死するのも自殺するのも極端に言えば自由なのだと思う。極論だがね。

No.6 10ヶ月前
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細