週刊文春デジタル

テレビ健康診断 第803回 戸部田誠(てれびのスキマ)「変わる若林と変わらない山里 ふたりの11年間の漫才遍歴」『たりないふたり』日本テレビ系 不定期番組

2020/12/10 05:00 投稿

  • タグ:
  • コラム
  • 戸部田誠
  • てれびのスキマ
「私、山里亮太はいかにして若林正恭より“下に”成り下がったか?」
 そんな風に書かれたスケッチブックをめくりながら、若林正恭にプレゼン形式で語っていく山里亮太。「冬」に新作漫才を作って披露するために改めて2人の関係性を振り返ろうというのだ。同期の山里と若林は、2009年、ライブ「潜在異色」(のちに日本テレビで番組化)の中で漫才ユニットを結成。2012年には『たりないふたり』(日本テレビ)としてレギュラー番組化された。今年は「2020~春夏秋冬~」と題して季節ごとの特番として放送されている。「秋」の今回はこれまで深夜だった番組が日曜のお昼に2週連続で放送された。
 2人が出会った2009年といえば、オードリーは前年末の『M-1グランプリ』準優勝でブレイクし、テレビに出始めたばかり。その4年前の『M-1』で既にブレイクしテレビで売れっ子になっていた山里は若林にとって「あこがれ」の存在。山里も「ポッと出のオードリーを引っ張ってあげよう」という意識だったと言う。 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細