週刊文春デジタル

春日太一の木曜邦画劇場 第412回「日活×渡で魅せるケンカ、美女のアンチ・ヒーロー!」『紅の流れ星』

2020/11/19 05:00 投稿

  • タグ:
  • コラム
  • 春日太一
 この十一月二十五日、河出書房新社のムック「文藝別冊」シリーズで渡哲也の特集号が発売されることになった。その中で筆者は、渡の俳優人生の総論と、渡と仕事を共にしてきたスタッフ・監督・キャストのインタビューを担当した。
 そこで、今週と来週は再び、渡哲也の魅力を堪能できる作品を紹介していきたい。
 これまで本連載では渡の主演作は少なからず取り上げてきた。が、それらはいずれも東宝や東映の作品。渡がデビューし、スターとして成長していく場となった日活の作品は『新宿アウトロー ぶっ飛ばせ』のみと記憶している。しかも、その時は悪役の成田三樹夫メインでの紹介だった。なので、ここでは日活時代の渡主演作を、と思う。 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細