週刊文春デジタル

宇垣総裁のマンガ党宣言! 宇垣美里 第032回「シャングリラを夢見る少年たち」

2020/09/10 05:00 投稿

  • タグ:
  • コラム
  • 宇垣美里
 人間の業、みたいなものについて最近よく考える。その昔、石を砕いて獣を狩っていた人類は、今や空飛ぶ巨大な鉄の塊で太平洋を越え、薄い板ひとつで世界中の人と連絡を取れるツールを当たり前に使いこなすようになった。こんなにも進歩し成長したはずなのに、人間は未だ肌の色や体格の違いで人を軽んじ、人類の脅威たる伝染病に対し、罹った人を迫害する形で対処しようとする者が後を絶たない。『月と金のシャングリラ』の中には、この人間の愚かさの悲しみのようなものが、ずっと背景で奏でられ続けている。 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細