週刊文春デジタル

THIS WEEK【国際】夫は軍事機密漏洩で懲役4年 慰安婦団体前代表と北の蜜月

2020/06/04 05:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ニュース
  • 国際
「国民が十分だと判断するまで、疑惑を明らかにしていきたい」
 五月二十九日、元慰安婦支援団体「正義記憶連帯」(正義連)の前理事長で、国会議員の尹美香氏(55)が会見を開き、横領疑惑について全面否定した。
「会見が行われたのは国会が開く前日のこと。疑惑が報じられてから二十日間、口を噤んでいた尹氏がこのタイミングで会見を開いたのは、会期中は逮捕されない国会議員の不逮捕特権が念頭に置いてのことと見られる。ただ疑惑の核心である寄付金の個人口座への振込などについて具体的な証拠を示せず、疑惑は深まった」(一般紙記者) 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

yuzo
No.1 (2020/06/04 14:36)
 こういう記事をもっと前に持って行って欲しい。つまりアベノセイダー記事の間にこういう記事を入れたらどうかという事だ。その前に、南京虐殺、従軍慰安婦、徴用工などの問題は全て嘘だったという事だ。それをわざわざ中韓に持って行き、ジュネーブで世界に広げたのが戸塚悦郎、高木健一等の売国弁護士だ。その他に海渡雄一、福島瑞穂、吉見義明、和田春樹などたくさんの人士と朝日新聞などのマスコミがいる。
 正義連や挺隊協のリーダーが金まみれの詐欺師で、その代表だった元慰安婦が偽物となれば全部が虚構。全てビジネスだったそうだ。そんなことずーっと前から分かっていたけどね。全てのマスコミは国民に謝罪すべきではないのか。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細