ニコニコチャンネルメニュー

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

THIS WEEK【社会】ソフトバンク・スパイ摘発 日露領土交渉に生かせるか

2020/02/20 05:00 投稿

  • タグ:
  • ニュース
  • 社会
 第二次大戦中に暗躍したソ連の大物スパイ、ゾルゲの伝統は脈々と受け継がれていたようだ。東京地検は二月十四日、ロシア側に会社の機密情報を流出させたとして、不正競争防止法違反罪でソフトバンク元社員の荒木豊被告(48)を起訴。漏洩先とみられる在日ロシア通商代表部のアントン・カリニン代表代理(52)は十日、出国した。
 警視庁担当記者の解説。
「荒木の起訴内容は、通信設備構築担当の統括部長だった昨年二月と三月、ソフトバンクのサーバーから電話基地局の設置に関する作業手順書などの機密情報を不正に取得したというもの。カリニンは、ロシア対外情報庁(SVR)にも所属していたとみられ、警視庁公安部は同法違反の教唆容疑で書類送検する方針です」 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事