週刊文春デジタル

臆病者のための楽しい人生100年計画 第39回 橘玲「外見的魅力はどのように創られる?」

2020/01/30 05:00 投稿

  • タグ:
  • コラム
  • 橘玲
 幸福な人生を送るためには「自尊心(self-esteem)」が重要だとされる。「自己評価が低いことが不安やうつの原因になる」「自分を愛せないなら家族や恋人を愛せるはずがない」といわれれば、たしかに「なるほど」と思うだろう。
 こうして欧米諸国で、「子どもの自尊心を伸ばそう」という熱病のような流行が起こった。しかしこの「自尊の時代」は、いまや終わろうとしている。子どもをほめてばかりいると、かえって逆効果になることがわかってきたからだ。イヤなこと、面倒なことをいっさいしなくてもほめられるなら、楽しいこと(一日じゅう部屋にこもってゲームに没頭とか)だけしかしなくなるのは当たり前なのだ。
 心理学者が自尊感情に触れたがらなくなったもうひとつの理由は、それが「外見」に大きく影響されることが否定できなくなったからだ。誰もが気づいているだろうが、魅力的なひとは自尊感情が高く、そうでないひとは自尊感情が低い。
 外見についての近年の研究では、魅力的な子どもは社交性が高く、適応能力にすぐれ、高い競争力をもっている。そして(この裏返しだが)、魅力的な子どもは親や教師、大人たちからポジティブに扱われる。
 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥880 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

週刊文春デジタル

週刊文春デジタル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細