キツネの社の社務日誌

第11回キツネの社mfのもろもろ

2014/05/09 21:12 投稿

  • タグ:
  • ポケモン
  • キツネの社mf
今回のキツネの社mfで変えたところとか、反省とかもろもろをつらつらと。

-変更点-
・会場をハイライフプラザいたばしに変更。
 →これまでの江東区文化コミュニティの会場から、板橋区のハイライフプラザいたばしに
  変更した。これによって対戦定員を120~140人から最大256人まで増やすことが可能に。

・スタッフを9名に増員。
 →会場の変更に伴いスタッフを9名に増員。対戦不参加スタッフ2名を加えることで
  予選ラウンド中の運営をより円滑にすることが出来た。

・予選ラウンド数を9回戦に増やした。
 →対戦定員が増えたことにより勝ち上がりラインをしっかりと定めるために
  予選スイスドローラウンドを8回戦から9回戦に増やした。
  256名で予選8回戦だと6-2以上は37名出ることになるため、本戦トーナメントは
  6R必要になるが、予選9回線だと7-2以上は23名となり本戦トーナメントを5Rに
  収めることができる。合計のラウンド数が変わらないのであればスケジュール管理の面で
  予選ラウンドを増やしたほうが計算しやすい。このため予選9回戦とした。

・スタッフキャップの導入。
 →会場が広くなったためスタッフ位置を把握し辛くなる。スタッフを遠くからでも
  確認しやすくするため、スタッフキャップを作成した。スタッフキャップは今後も
  使いまわしていくつもりである。

・予選通過者に賞品として缶バッジを贈呈。
 →参加者が多くなることで多少予算に計算がつきやすくなった。以前より予選突破者に
  なにかしら賞品を出したいと考えていたため、今回から用意することにした。
  色々と候補があったが、金額が予算内に収まりことと、私が象徴的な物を好む性格の
  ため、缶バッジとさせていただいた。なかなか好評で胸を撫で下ろしています…

・ネームカードの裏にQRコードをプリントした。
 →キツネの社mfでは会場のホワイトボードに予選各ラウンド毎にペアリングシートと
  暫定成績シートを張り出している。前回の第10回でペアリングと暫定成績を私の
  ブログに随時更新し、その記事へのQRコードをホワイトボードに張り出した。
  毎回ホワイトボード前に参加者が集中し移動が困難になるという問題があったため、
  今回は対戦参加者に配布したネームカードの裏面に更新記事へのQRコードを
  プリントした。
  これにより移動問題の改善が見られ、参加者からも好評であった。

・エントリーシートを見せ合い用シートとして使用する。
 →これまでエントリーシートはパーティ登録作業用に主に使用していたが、対戦オフは
  大会としての側面だけではなく交流会としての側面もあることを踏まえて、
  対戦前のパーティ見せ合い用のシートとして自己紹介等が書かれたエントリーシートを
  使用することにした。
  対戦相手とのコミュニケーションの一助になったとの声も聞かれたので、今後も
  活用していきたい。

・フィーチャーマッチをリスナーアンケートで決定。
 →毎ラウンド注目の試合をニコニコ生放送にて放送するというフィーチャーマッチという
  企画。もうキツネの社mfの恒例企画となりました。
  これまで会場が2部屋に分かれていたためペアリングを発表する前にフィーチャーする
  試合を決定する必要がありましたが、今回は1ホールを使っての開催のため発表後に
  フィーチャーする試合を決定し、呼び出すことができるようになりました。このため、
  今回からリスナーアンケートで見たい試合を選んで頂く方式をとりました。

・充電用テーブルの設置。
 →3DSのバッテリー充電用にテーブルを1つ用意し、延長マルチタップで最大14人同時に
  充電できる場所を用意した。

・荷物預かり室の設置。
 →遠方より遠征してくる参加者のために、キャリーバッグ等の大きな荷物を預かる
  サービスを準備した。今回は15人から荷物預かりの希望があった。



-反省点-
・受付時間の延長。
 →今回は対戦参加、見学参加を合わせると300人を超えることになり、朝の受付が
  非常に混雑することが想定されたため、受付をAB2つで行う方式をとった。
  しかし、受付方法等が事前に参加者に知らされていなかったため、受付に時間が
  かかってしまい予定を15分程オーバーしてしまった。
  
・放送環境の不備。
 →キツネの社mfではWimaxのルーターを用いてニコニコ生放送を行っている。
  会場視察時に充分に電波が立っていたが、本番時には充分に電波が届かず、
  放送が途切れ途切れだった。
  また、集音マイクの延長用のステレオコードの相性が悪かったのか、キーンという
  モスキート音が放送に常時乗ってしまっていた。

・コンセント問題。
 →充電用のテーブルを用意したものの、会場内にあるコンセントを使って充電する方が
  多数居た。音響設備の電源を外して充電していた方もいて、一時マイク等が使えない
  状態にもなった。

・ゴミ問題。
 →会場撤収時にいつものように多量のゴミが残されていた。今後も呼びかけを続けていく
  必要がある。
  運営側でゴミを捨てる場所を用意すればいい。という意見も聞くが、そのゴミは
  誰が持ち帰るのか。3つも4つもゴミ袋を遠い家まで持ち帰る苦労を察して頂ければ
  幸いである。

・忘れ物問題。
 →予選の方式がスイスドロー形式であるため、毎ラウンドテーブルの移動を伴う。
  そのため、筆記用具や飲み物、傘等の忘れ物が多発していた。



今回の改善点、反省点を踏まえ、より良いオフを開催できるように努力していく所存である。
何か意見や要望等がありましたらこの記事にコメントして頂ければ幸いです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事