体づくり研究所

絶対に痩せるための基礎知識その壱:カロリー

2016/07/03 03:27 投稿

  • タグ:
  • ダイエット
  • 減量
  • カロリー
  • 栄養管理
ダイエットに成功して手に入れた体を保つには栄養管理について最低限の知識を持つべきだと思います。高級食材ばかり買っても、料理の勉強をしなければその食材を最大限に生かせませんよね?同じことです。

今回はもっとも重要なカロリーについて説明します。

失敗しないダイエット

ダイエットに失敗して元通りの繰り返し・・・

一週間目はみるみると体重が落ちていったのに、二週間目から何をしても体重が減らず、挫折する・・・

どうすれば痩せて、痩せたままでいられるのか?

失敗しないダイエットを理解するには、まず太る理由を知る必要があります。

カロリーが全て


太る理由はいたってシンプルです。

体が必要としているエネルギーより多くのエネルギーを摂取しているからです。

人間の体は食料がなくなっても生き延びるために、使わなかったエネルギーを必要な時に使えるよう体に溜め込みます。これが脂肪です。
一日で消費するカロリーより多くのカロリーを摂取すると脂肪がつき、必ず太ります。

一日に(限度以内で)消費するカロリーより少ないカロリーを摂取すれば、必ず痩せます。

これは何を食べても同じです。たとえポテチだけを毎日食べていても、消費カロリー以下のカロリー量を摂取していれば痩せます。逆に健康に良い野菜、脂質の低い肉、栄養価の高い魚だけ食べていたとしても、消費カロリー以上摂取していれば必ず太ります。

極端に言えばカロリー制限だけを守れば何を食べてもいいのです。

しかし、栄養バランスも考えなければ体調を崩し、やつれるだけです。

極端なカロリー制限は禁物


毎日ほとんど何も食べていない生活を何週間も続けているのに痩せない・・・という経験をした人もいると思います。

食べる量を極端に制限すると、体は危険を察知します。エネルギーが足りていないことに気づき、足りていない摂取カロリーに見合った消費カロリーになるよう代謝を減らすのです。

筋肉に摂取されるカロリー量を減らすため、筋肉をエネルギーに分解して、体の代謝を下げます。

本来ダイエットとは、体重を下げるのではなく、筋肉を残したまま脂肪だけを落とす行為のはずなのです。

よく、体重を落とすには代謝を上げるといいと聞きますよね。

極端なカロリー制限をすると逆に代謝が下がってしまうのです。

エネルギーが足りていない体はできるだけエネルギーを温存するようになり、その上摂取するカロリーをいつも以上に貯蓄するようになります。つまり、痩せにくく、太りやすい体になるのです。これが、リバウンドが起きる原因と、ダイエットに失敗するたびにリバウンドがどんどんひどくなっていく原因です。

カロリーを数えること

これでわかると思いますが、カロリーが少しでも多すぎれば太りますし、少なすぎれば痩せません。

好きなものを食べながら痩せるには、自分の摂取カロリーをきちんと把握する必要があります。飲み物と食べ物、口にするカロリーを全て数えなければなりません。

私は実際一日に取るカロリーを全て記録しています。そして毎週お酒を飲みに行き、ある程度好きなものを食べながら辛い思いをせずに8週間で体脂肪を5.7キロ減らすことに成功しました。

自分の消費するカロリーをもとに摂取するべきカロリーを計算して、そのカロリー内でもっとも栄養バランスの良いマクロ栄養素配分を算出します。計算した栄養バランスを守って食べれば必ずダイエットに成功します。この計算方法はマクロ栄養素について説明してからご紹介します。

しかし、カロリーを数えるのは余りにも時間がかかりすぎて、面倒くさいという人がほとんどでしょう。

それなら、食生活を完全に見直すしかありません。

食生活の見直し


好きなものばかりを食べてカロリー制限をすると、ほとんどの人の食生活では満腹感を得ることができません。

食生活を正して自然とカロリーがいつもより少なく、栄養価が高く、満腹になる食べ物を選ぶようにしない限り、脂肪の少ない体を維持することはできません。ここで重要になってくるのは次回説明するマクロ栄養素です。

私は毎日好きなおやつを少量一品だけ、そして好きな食べ物を週に一回食べます。もちろんできる限りカロリー制限以内に。週に一回だけ食べると美味しいものがより美味しく感じますよ。

残りの食事は栄養バランスをしっかり考えたものにします。これで、理想の体型を維持しながら自由に食べることができる生活をしています。また、健康な食べ物を毎日食べていると普段は味気ないと思っていたものも美味しく感じるようになります。

日頃から正しい食生活をしていれば、時々お友達と飲みにいって高カロリーなものをたくさん食べても、太ることはありません。肝心なのは、毎日食べ過ぎているかたまに食べ過ぎているかの差です。

正月などにたくさんの料理を食べますよね。おせちやお餅を食べないなんて現実的ではありません。たくさん食べるときは太る覚悟で食べ、その後ついた脂肪を効率よく落とす方法を理解していれば一週間食べ過ぎただけでデブまっしぐらになることはありません。

まとめ

今回はカロリーについて説明させていただきました。

ここで覚えて欲しいポイントはこの三つです。
①消費カロリーより摂取カロリーが高いと必ず太る。
②消費カロリーより摂取カロリーを適度に少なくすると必ず痩せる。
③摂取カロリーが低すぎると痩せなくて太りやすい体になる。
次回は食生活、マクロ栄養素について説明します。

ご購読ありがとうございました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事