ShoyoFILMSを開発していくブロマガ

【ゾイドワイルドZERO 30話】素晴らしき総力戦、巨大怪獣プロレス、ファンサービスの嵐

2020/05/10 07:43 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ゾイド
  • アニメ
  • ゾイドワイルド
  • ゾイドワイルドZERO
ゾイドワイルドZERO 29話、30話が素晴らしい出来なだけでなく、1999年にテレビ放送されていた初代アニメ「ゾイド -ZOIDS-」のオマージュを色々盛り込んでいたため、是非そのアニメが好きだった兄貴(年齢が高いファンたちの事)たちに今作をぜひ紹介したいと思って書きました。

ゾイドワイルドシリーズについて

ゾイドワイルドは2018年より展開されているゾイドの最新シリーズで、販促として漫画やアニメ、ゲームなどが制作されている。現在放送中の「ゾイドワイルドZERO」はその2作目だ。

久々に復活した玩具のゾイドワイルドシリーズは現代の子供に楽しんでもらうため、様々なブラッシュアップがなされており、例えばキット(いわゆるプラモデル)が金型から出したパーツが全てつながってる状態ではなく、すべて切り離されていて基本的にニッパーなどを使わずに組み立てる事が出来たり、「ゾイドを発掘して復元する」というコンセプトの元、パッケージの中身が地層っぽくなっていたりとタカラトミーの努力が光る。またゾイドごとに固有の必殺技「ワイルドブラスト」を繰り出すため、動くだけでなく、変形機構が備わっているのも見どころの一つだ。ナックルコングとか本当に芸術品だから見てほしい。

そしてファン待望、実に「ゾイドジェネシス」から12年経って公開されたのが、コロコロコミックスでの連載と同期してアニメでスタートした「ゾイドワイルド」だ。主人公のアラシは出会ったワイルドライガーとともに秘宝Zを求めて仲間を集め、冒険をしていく。個人的に推したいポイントは敵のデスメタル帝国だ。名前だけならギャグかと思うが、実はこのデスメタル帝国、どのアニメシリーズよりちゃんと軍隊として機能している。無理に攻めてこず、危機の時はすぐ撤退、ラスボスが独立することもせず、謀略と圧倒的な軍事力で主人公達を苦しめてくる。またそれを統率するギャラガーも演じた関智一さんの怪演というかもはや狂(凶)演とも呼べる仕上がりっぷりだったのも面白さを底上げしていた。

今回はぞの続編のZEROがメインだが、ぜひ兄貴たちにはギャラガーとアラシを旅へ誘ったゾイドアニメおなじみの声優、櫻井孝宏さんが演じるベーコンの13話のバトルを見て欲しい。CGアニメの進化を感じられるはずだ。

※ちなみに関さんもゾイドフューザーズで出演している

ゾイドワイルドZEROと旧ファンサービス

さてここからが本題、現在放送中のゾイドワイルドZEROについてだ。前作が冒険ものだったのに対し、こちらは古き良きボーイミーツガール、初代TVアニメ「ゾイド -ZOIDS-」(以下、初代)を思わせる物語になっている。主人公のレオはある日謎の少女サリーと出会い、サリーのペンダントの謎を追ってやがて帝国と共和国の争いへ巻き込まれていく。



ストーリーも初代に近いがそれもそのはず、監督が加戸誉夫監督で、主要スタッフも多く参加しているのだ。声優も初代に出演された方が関わっており、例えば初代のバンとフィーネの声優さんが共に帝国側で出演している。(また、関わって来なかった他の声優さんも新進気鋭、ベテランぞろいで兄貴たちなら楽しめるはずだ)

これまでにも初代を匂わす展開が随所に盛り込まれていたが、最新の30話、帝国を乗っ取り共和国もろとも制圧しようとする新帝国の荷電粒子砲を搭載した新ゾイド「オメガレックス」に対抗する、共和国帝国の連合軍との闘いが良かった。初代のデスザウラー攻略を思わせる荷電粒子吸気ファンを破壊しようとする作戦、重力砲、とっても楽しそうな悪役など初代を見た兄貴ならリフレインする見どころが盛りだくさんなのだ。

更に巨大ゾイド同士のプロレスも素晴らしい。流石初代、「ゾイド/0」、今作とゾイドアニメを作ってきたチームだけあって「ゾイドバトル」の見せ方が分かっていると感じる演出やカットがどんどん繰り出されていく。前作でファンを楽しませたゾイドのCG技術も相まって非常に見ごたえのある怪獣映画じみた映像になっているのでぜひ見て欲しい(時間のない人は30話だけ、もっとなければ12:07~から戦闘をどうぞ)。ニコニコならコメント付きで見れるのでより楽しめるかもしれない。



何より一番嬉しいのはこうして令和の時代にゾイドが復活してくれたことだ。古いファンだけでなく現代の子供たちも一緒になってゾイドに興奮してくれる時が来るとは思っていなかった。出来ればお互いが喧嘩することなく、今後も楽しいゾイドのコミュニティが続くと嬉しいが、どうなることやらw

記事を書いた人

Twitter

※今回サムネ用画像が思い浮かばなかったので(アニメからスクショ取るのもアレなので)買ってたガノンタスを撮って使いました。ガノンタスはゾイドワイルドシリーズだけどZEROには出てきてないかもしれません。

コメント

GEL
No.1 (2020/05/21 03:05)
ナックルコングは最高にイカしたギミックのキットだった。
グラビティキャノンの演出には旧作ファンとして感涙ものだった。
ジェノスピノVSオメガレックスの大型ボス格同士の対決はとても新鮮だった。

ゾイドワイルドZEROは本当に素晴らしいアニメだ。心からそう思う。
ShoyoFILMS (著者)
No.2 (2020/05/22 05:16)
>>1
いや本当によかったですね。

後ナックルコングは最高同意
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事