のほほん雑記帳

第14回南砺利賀そば祭りへ行ってきた

2018/02/15 16:06 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 南砺利賀そば祭り
  • そば祭り
  • 旅行
  • 観光
  • 丑曳き
富山生まれ富山育ちですが今年(2018年)はじめてそば祭りへ行って来ました。

この日は天候が悪く大雪で朝から吹雪いていました。
行先は更に雪深い南砺市の利賀村。行きの山道も雪で大変でした。




やっとこさ利賀村へ着きいざ入場。
入場には会場設営費の300円(高校以上)を支払います。



悪天候にもかかわらず最終日だったためか人出が多く蕎麦を買うために雪が降る中小一時間ほど並びました。さむーーーーい。寒かった。

寒いのにざる蕎麦です。そば粉の香りが効いていて美味しかった。並んだ甲斐があります。


開場には地元の会社や学校が作った雪像などもありました。一部を紹介。

流行りのミニオンズ


安定のミッキー


細めのくまモン


老人クラブのかまくらが大きかった!

中には雪のベンチがあって座れるようになっていましたよ。


巨大滑り台もあり、レンタルソリもあってちびっ子も大喜び。
ちびっ子じゃないけど自前の100均のソリで一滑りしてみた。

左が私。横の茶色のコートのお兄さんは駆け下りてたw


利賀村の伝統行事『丑曳き(牛引き)』なるものもありました。
 丑曳きは、合掌造り家屋に用いる材木を山から切り出す際に雪に滑らせて運んだことが由来です。利賀村では「両百瀬丑曳き保存会」が丑曳き行事を伝承しています。丑曳き用の長さ約10メートルのカラマツの丸太が利賀国際キャンプ場のグルメ館の外側に展示されています。












丑曳きに少しだけ参加してみました。
ニコ生のTSからの切り抜き。




行きも帰りも大変で寒かったですがはじめてのそば祭りはとても楽しかったです。
帰りに少しだけ太陽が顔を出し良い景色を眺めることが出来ました。




帰りは冷え切った体を温めるため山田温泉玄猿楼へ立ち寄りました。
ここの温泉ぼっち向けの一人用の浴槽があり更にこの時期は雪景色を眺めながら入ることが出来至極です。





可愛いお猿さんがお出迎え
 
※許可を得て撮影うpしています


露天風呂は岩風呂との日替わり(男女入れ替え制)の様です。
入泉料は日帰りで大人が600円。

詳しくはHPをご覧ください。
山田温泉玄猿楼公式サイト http://www.genenrou.jp/




 
 よければ生放送にも遊びに来てください。
 著書:絶望少女.
 主コミュ:co3331369





コメント

樹(いつき)
No.1 (2018/02/15 18:02)
頭に手ぬぐい乗せてるのカワユス☆彡
(っ´ω`c)
絶望少女. (著者)
No.2 (2018/02/15 20:13)
>>1
お風呂へ行くときに持って行ってる手拭です。
湯船に手拭はNGなのでお猿さんの頭に置いたw
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事