shortyのブロマガ

調整が多すぎるゲームがイヤ

2019/03/09 13:48 投稿

  • タグ:
  • 格闘ゲーム
  • ストリートファイター5
  • 調整
  • ゲーム

主に格闘ゲームのプレイヤーとしての話ですが


こんなことを言うと


「何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ!!!」


って、ルフィっぽい人に言われそうな気もしますが、今回はそんな話です。


調整って言っても純粋な不具合の修正とかならあんまり気にはならないんですが、格ゲーとかで頻繁にゲームバランスをいじられるのが好きじゃないんです。


確かに、対戦型のゲームはゲームバランスが特に重要視される割に、その調整自体が非常に難しいジャンルでもあります。よって、リリースしてから情報やプレイヤーの意見を集めフィードバックするような形を取ることが多いのでしょう。


また、納期の問題や昔に比べインターネットが普及したことによって容易にアップデートが出来るようになったことが要因でしょうが、そもそも「バグがあっても後から直せばいいや」という姿勢はそのゲームの評価を下げる要因にしかなりませんから極力やめてもらいたいものです。

それに、私みたいな社会人にとっては頻繁な調整って負担でしかないことも多いんです。



ストリートファイター5の調整


今格闘ゲームと言えばやはりストリートファイター5が一番メジャーでしょうか。

とりあえずどのような調整が行われたかを確認してみました。

2016年2月18日 スト5発売 シーズン1開始
2016年3月29日  Ver.1.02【アレックス追加】チャレンジモード、ショップ、ランクマ再戦機能などを実装
2016年4月29日  Ver.1.03【ガイル追加】コスチューム等の追加、不具合調整
2016年7月1日  Ver.1.04【いぶき、バイソン追加】、不具合調整
2016年7月27日  Ver.1.07【ジュリ追加
2016年9月23日  Ver.1.09【ユリアン追加】、不具合調整
2016年10月12日 Ver.1.10 バランスの調整は無し(コスチューム等の追加のみ)
2016年11月30日 Ver.1.13 バランスの調整は無し(コンテンツの追加)

2016年12月21日 Ver.02.000 シーズン2開始(大きなバランス調整)


2017年3月1日  Ver.02.010【コーリン追加】、不具合調整
2017年5月31日  Ver.02.021【エド追加】、大きなバランス調整
2017年7月26日  Ver.02.040【アビゲイル追加
2017年8月30日  Ver.02.050【メナト追加
2017年9月27日  Ver.02.060 バランスの調整は無し(コスチューム等の追加のみ)
2017年10月25日 Ver.02.070【是空追加】、不具合調整
2017年11月29日 Ver.02.080 不具合調整、コスチューム等の追加
2017年12月20日 Ver.02.090 バランスの調整は無し(コスチューム等の追加のみ)

2018年1月17日 Ver.03.002 シーズン3開始【さくら追加、大きなバランス調整

2018年2月21日 Ver.03.010 【ブランカ追加
2018年4月4日  Ver.03.020 大きなバランス調整(+コスチューム、機能等の追加)
2018年4月25日 Ver.03.030 【ファルケ追加】、不具合調整
2018年5月30日 Ver.03.040 不具合調整、コスチューム等の追加
2018年6月26日 Ver.03.051 【コーディー追加】不具合調整、コスチューム等の追加
2018年8月7日  Ver.03.060 【G・サガット追加】不具合調整、コスチューム等の追加
2018年8月29日 Ver.03.070 サガットの性能微調整、不具合調整、コスチューム追加
2018年9月26日 Ver.03.080 コスチューム追加、新機能(道場・占い)、仕様変更等
2018年10月24日 Ver.03.091 コスチューム追加、イベント配信、不具合調整
2018年11月28日 Ver.03.100 コスチューム追加、イベント配信
2018年12月12日 Ver.03.110 無料トライアル版配信、パートナーコンテンツ機能実装 DLC配信

2018年12月17日 Ver.04.000 シーズン4開始【影ナル者追加、大きなバランス調整



これまでのアップデートを公式サイトを参考にまとめてみました。
ただ、最初の方の更新履歴が公式サイトから消えておりやや不確かなところがあります。
申し訳ありません。


なんだかこうして一覧にしてみると…すごいですね。


個人的にはゲームバランスの調整ではないのですが、初期のネットワーク不良やスカスカなコンテンツ、またマルウェア紛いのファイルが仕込まれるアップデートなど、話題にしたいことが多いのですが長くなりすぎそうなので今回は割愛します。


同じように2018年2月に発売された「ドラゴンボールファイターズ」も1~2ヶ月に一度新キャラが2名ずつ追加されており、キャラクターの調整も既に3回行われています。オンライン全盛の時代、メジャーなタイトルでは今後しばらくはこうした流れが主流になるのでしょうか。



調整が多いのは良いこと?悪いこと?



スト5のような頻繁な調整を

「継続してバランスの改善と新規コンテンツの提供に努める素晴らしい姿勢」

と取るか

「客に一度提供したはずの料理を取り上げ、味を変えてしまう余計な行動」

と取るかは人にもよるのではないでしょうか。


私はどちらかと言うと後者で、正直こんなに頻繁にアップデートされると付いて行くだけで疲れます。久しぶりに起動してみたら出来ることが出来なくなっていたり、新たに覚えることが増えていたりすることも多く、娯楽としては非常に敷居が高くなってしまっていないでしょうか


また「スト5はプロのためのゲーム」だと揶揄されることがあります。

それはリリース前から高額賞金の大会が開催されることが既に決定していることへの皮肉であり、頻繁なアップデートとガチガチに固い調整にどこか息苦しさを感じさせることへの批判の言葉でしょう。


昔の格闘ゲームは今と違っておいそれと修正や調整を行うことが出来ませんでした。だから今と比べるとゲームバランスは決して良くないものが多いのですが、その分長くプレイすることで産まれたテクニックや攻略は目を見張るものがありました。ウメハラさんの有名な動画「背水の逆転劇」もそうですね。


弱いキャラ、不利とされる組み合わせを攻略と工夫によって覆すプレイヤーの試合には観る人を熱狂させる何かがあります。しかし、果たしてそれが半年に一回調整の入るゲームで産まれるのか疑問です。



eスポーツとしての格闘ゲーム


私はよくわからないこの「eスポーツ」という言葉自体好きではありません
これは自分だけが好きだと思っていたインディーズのバンドがメジャーデビューした時に感じる気持ちと似たようなものなんでしょうか。


ともあれ、今や格闘ゲームは明確なルールと高額の賞金が設定される「競技」として注目を集めています。そうである以上、ゲームバランスには神経質なくらい気を使うのも分かります。


ただ、自分が好きだった格闘ゲームがこうして認められていくことはうれしくはあるものの、果たしてそれが「自分が好きだった格闘ゲームと今のeスポーツとしての格闘ゲームは同じものなのか?」と疑問に感じてしまいます。

老害っぽいことを言ってしまいますが、昔のゲームセンターは危険でアングラ感がハンパじゃなかったですけどそんなところも好きだったんだと思います。



まとめみたいなもの



1991年に誕生したストリートファイター2を元祖とする格闘ゲームですが、最新の作品においてもゲームバランスの調整という点では未だ試行錯誤しているのが分かります。


そもそもプレイヤーが使用するキャラクターはみな異なりますので、万人が平等なバランスなんてものは不可能ですし、ゲームとして面白ければいいんではないかと思いますが。


「格闘ゲームの調整」に対する完璧な回答なんて、存在しないものなのかもしれませんね。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事