新卒採用15年やってましたが何か?

【新卒採用15年やってましたが何か?】 自己分析は絶対に必要 3

2013/08/01 14:07 投稿

コメント:88

  • タグ:
  • 就活
  • 呑み鉄家元
  • 自己分析
  • ES
  • 履歴書

こんにちは。呑み鉄家元です。

先日ネットで、
「上場企業で1000人面接した人事担当が教える就活の髪型」
なんてのを見かけて、笑いました。
もう何でもアリですね、就活

私が現役人事の頃も、
「履歴書に貼る写真の撮り方」とか
「就活向けプチ整形」など、
まぁよくネタにするもんだと思うほどいろいろなビジネスが出てきはじめていました。

整形はともかく、極端な髪型や写真でなければ、選考には関係ないので、
変な情報には惑わされないようにしましょうね。
清潔感があって、目上の人に会っても恥ずかしくないと思えるものならOKです。

まぁそういった、社会的一般的に容認される範疇をわかろうとしない学生さんも、
ごく少数ですが存在するのは事実ですが(笑)

☆★☆★☆★☆★

さて、自己分析その3は、面接官側から見た事柄について書きます。


自己分析の成果を文書化して、企業に提示するのは
エントリーシート(ES)がはじめてとなるのがほとんどでしょう。

しかし我々選考側は、ESは目を通すものの、
書式チェックやボリュームチェックなどが主で、
じっくり一人一人読み込むことはほとんどありません
特に大量の応募がある人気企業の場合は、
確認作業自体をアウトソーシングしている例もあるくらいです。

ということで、自己分析に基づく自己PRや志望動機を、
人事担当者がしっかり読むのは、
履歴書が最初となることが多いですね。


さて、手元に履歴書が来た人事担当者は、
写真チェック、記入漏れチェック、誤字脱字チェックなど、
基本的なチェックをしつつ、書かれた文字もしっかり見ます。
このあたりはまた別の機会に書きましょう。

自己PRや志望動機、長短所などを読み込んで、
違和感があれば確認事項として面接時に確認します

違和感というのは、整合性や論理性はもちろん、
「ちょっと面白いエピソードだから深く聞いてみたい」
というポジティブなものも含まれます。

しかし、あまりに出来がイイものだと、
テンプレートやコピペを疑います。

また、よくあるのが
サークルやコミュニティーの代表をやっていたのでリーダーシップがあります!
とか、
人と話すのが好きなのでコミュニケーション能力があります
など。

このあたりは定番なので、具体的なエピソードや実体験を聞かれると
覚悟して準備しておいた方が良いでしょうね。

面接の場では、上記の確認事項を質問していきますが、
ストーリーだけで実体が伴っていなかったり、
あきらかに創作だと感じたら、
早々に質問を打ち切ることはよくあります。

面接官は百戦錬磨ですから、そのような内容は100%バレます
もし言及されずに通ったとしても、
ウソはわかった上で選考通過としている…
と考えた方が無難ですよ。
他の要素で魅力があったので、そのウソにはあえて目をつぶるということはあるのです。

ですから、
ウソをつかず(表現はポジティブに!)、
自己PRや長短所を表現することは非常に重要
です。

そのためには、自己分析が絶対に必要なのです!

そして、選考を何回も受けて経験値を上げていくうちに、
自分にとって適切な表現がわかってくることでしょう。

どうせ先へ行ってやらなければならないのですから、
早い段階から分析し、
経験値を積んで、
よりよい自己表現を構築していきましょう!

※質問など受け付けていますので、お気軽にどうぞ!


コメント

呑み鉄家元 (著者)
No.87 (2013/09/05 12:49)
>>82
>>82
きょんさん

レスありがとうございます。

伺った内容では、通信制であることに関しては問題ないですね。

むしろ問題は派遣先との関係の方です。
もちろん、派遣企業の学生の本分を無視するような振る舞いは非難されるべきことですが、強制労働ではないので、交渉の余地はなかったのか?学生にとって重要な試験を蔑ろにするような派遣企業との関係を絶つべきではなかったのか?という疑問が浮かんできます。
20歳を超えた成人ですから、最終的に自身が受け入れた時点で自己責任となりますからね。
人が良いとか断り切れないとか自己表現が下手とか優柔不断との印象を与えかねないので、このエピソードに関しては取扱注意です。かといって派遣企業の悪口を並べ立てるのは聞いていて気分が良いモノではないのでNGです。そのあたりを勘案して自己PRを組み立てると良いでしょう。

もし九州に行くことがあればぜひお会いしたいですね!
またコメント下さい。

kinoko
No.88 (2013/11/25 12:45)
はじめまして
こんな前の記事にコメントするのはどうかと思いましたが、内容的にこの記事が近いと思ったので、ここにコメントさせていただきます

私は就活真っ最中の大学3年生です
就活イベントへ行くとよく、求める人材としてチャレンジ精神のある人、積極的な人、創造性のある人などが挙げられます
自己分析の結果私は、これらには当てはまらない性格のようで、自覚もあります
新しいことにどんどんチャレンジするよりも、現状の改善、効率化などを重視してしまいます
自分から積極的に働きかけることは苦手で、いつも受身姿勢なのです
自分の意見というものを主張できず、周囲に流されてしまいます
こんな私でも、企業、社会から求められるのでしょうか?
どうアピールしていけばいいのでしょうか

私は一応公務員志望ですが、求められるものは今は民間とそう変わりませんよね

変な質問ですみません
アドバイスいただけたらと思います
よろしくい願いします
さる
No.89 (2018/07/30 00:05)
ブログ楽しく拝見させていただいています。

私は今年27歳になる大学四年生です。
今年の4月から就職活動を始めたのですが、今だに内定が1社も出ません。

私は海外の大学を卒業後に現在の大学へ再入学したため、年齢が他の就活生より上であり、そのことが原因であると考えています。

27歳で就職活動をする場合、どのようなことを意識する必要があるのでしょうか。

よろしくお願いします。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事