スーパーゴロツキのブログ「真・闇の会」

遊戯王デュエルモンスターズ20thRemaster第25話レビュー

2015/07/27 23:40 投稿

  • タグ:
  • 遊戯王デュエルモンスターズ
  • アニメレビュー
  • デュエルリプレイ
  • 遊戯王
  • 真崎杏子
  • 孔雀舞
  • フレンドシップ
  • ハーピィの羽根箒
  • アニメオリジナルデュエル
今回は遊戯王デュエルモンスターズ20thRemaster第25話のレビューをさせていただきます。

第25話 涙のデュエル!フレンドシップ

今週は海馬のセルフ残悔積歩拳戦法で
負けた遊戯が落ち込みモードに
なっているところから始まります。
そこに城之内が必死こいてデュエルして集めてくると
自分のスターチップを差し出します。
しかし落ち込みモードの遊戯は
それを受け取ろうとしません。
とここで舞が現れ、
事情を聞いてスターチップを6個渡そうとします。
どうやら舞は合計16個持っている様で。
ここで借りを返す代わりに城で決闘えとの事です。
しかし遊戯は落ち込みモードなので
舞は自分と決闘って勝ち取れと言います。

と思ったらここでまさかの杏子が名乗り出た!!
ていうかデッキを持ってるかどうかすら怪しいのに
舞に勝利てる訳がナッシング!!
まあデッキはもっていましたが。
しかし杏子の真剣な表情に舞も
「負けたら二度と友情だの仲間だのと
 安っぽい言葉を口にしない」
事を条件に受けます。

しかし舞のタクティクスの前には
やはり杏子では舞の相手にはならなそうです。
CMに移る!!

舞のタクティクスは攻撃力の低い
ハーピィ・レディで攻撃を誘って
伏せカードで攻撃力をアップする
コンバットトリックですが、
地味ながらなかなか効果のあるコンボです。

舞の主張に対して杏子は
自分達の友情の全てを賭けて
フレンドシップを召喚します。
フレンドシップカップとは違いますが。
そして城之内の一喝も遊戯に入る!!
城之内と杏子を見て
そして遊戯も自分に喝を入れるぜ!!

勝負の世界は結果が全てで
最後に頼れるのは自分しかいない、
執拗に友情や仲間意識を否定する舞に対し、
しかし杏子はそれでも友情や仲間を否定しない!!

舞はデュエルで崖っぷちに立たされた時に
最後に必要なのは自分で決断を下す事が出来る強い意志
と遊戯に言います。
その意志や勇気を持てない者は
勝負に敗北ける事で結局は
仲間の意志を裏切り事になる……!!
だが!!それでも杏子は友情を信じる!!

銀の弓矢とエルフの光と魔法除去で
フレンドシップは
ハーピィ・レディを上回る攻撃力を得られる!!
杏子のこの判断が説明死にならなければいいのですが……
エルフの光でフレンドシップは
金色のエルフに姿を変える!!
しかし舞は伏せカードのハーピィの羽根箒を発動しなかった!!
そして「アタシの負けよ。」と……!!
ハーピィを喪失ったら自分のデュエルは終わったも同然、
それ以上のデュエルはプライドが許さないとの事で。

取り敢えず杏子にスターチップを渡しますが、
遊戯は伏せカードは羽根箒だと知っていた様で。
「この落とし前は城でつける」と舞は城に入り、
遊戯は自分自身の意志で決闘ってみると
決意を新たにして改めて城に乗り込みます。

来週はついに決勝トーナメントに移ります。
しかしそこでは海馬とペガサスの
特別試合があるとの事で。

しかしモクバを人質にとられ、
デュエルディスクも使用出来ず、
そしてペガサスに嫁である
ブルーアイズを取られてっぽそう。
このデュエルの行方はいずこに!?












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterReviewTurn025.html

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事