スーパーゴロツキのブログ「真・闇の会」

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}第63話レビュー

2015/07/08 00:54 投稿

  • タグ:
  • 遊戯王ARC-Ⅴ
  • アニメレビュー
  • デュエルリプレイ
  • 遊戯王
  • アークファイブ
  • レベルが無いとはレベル0ではないのか!?
  • ゴヨウ・キング
  • 行政評議会
  • ワンターンスリーキルゥ…
今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}63話のレビューをさせていただきます。

第63話 捕獲者の王「ゴヨウ・キング」

今週は遊矢達が後戻りの出来ない
脱獄計画を遂行している最中から始まります。
しかし沢渡ナビに従って行ったら屋上じゃねえか!!

しかも賄賂が通じない脱獄専門の
スペシャルチーム・捕縛隊が3人も!!
いわゆる訓練された看守というやつですな。

ここで沢渡が三人纏めて相手になるぜ!!
てか前に瞬殺されてなかったか?
遊矢はクロウ達と合流しないとと
常識的な提言をします。
しかしデュエルは開始まっちまった!!

捕縛隊・いは
ゴヨウ・ディフェンダーをシンクロ召喚し、
更にエクストラデッキから2枚特殊召喚!!
インチキ効果もいい加減にしろ!!

沢渡は魔界劇団-サッシー・ルーキーで
ゴヨウ・ディフェンダーを攻撃しますが、
ディフェンダーは攻撃された場合、
同名カード×1000の攻撃力となり、
ルーキーは戦闘破壊耐性で無事なものの、
沢渡は1300のダメージだ!!
益々インチキ効果もいい加減にしろ!!

んでもって捕縛隊・ろは手札の消費無しに
ディフェンダーを三体特殊召喚!!
おいおいちょっと待てよ!!
インチキ効果という言葉が霞んで見えるぞ!!
しかも目の前には塔の縁で
逃げ場が無くなッチマー!!
背に腹は代えられねえ!!自由落下に任せるぜ!!
そしてここで遊矢が参戦!!

乱入ペナルティ!!なんでやねん!!
ていうか何でシンクロ次元に来てまで
LDSのルールが適用されるんや!!

それに大して捕縛隊・はは南斗!!
ゴヨウ・キングを手札1体と
ディフェンダー2体ででシンクロ召喚!!
しかもキングが攻撃する時には
攻撃力はゴヨウ×400アップ!!
てこたぁ……2800+3200=6000だと!!

罠カード、エンタメターンにより、
トランポリンクスは守備表示になって
ダメージは防がれましたが、
ルーキーがコントロールを奪取されて
ダイレクトアタックをかまされチマー!!

徳松が仲間がやられて黙ってたんじゃあ
男が廃ると言ったところに……権現坂見参!!
乱入ペナルティー!!
ホンマ味方殺しのルールやな!!
お願い誰かこのルール何とかして!!

超重武者ジシャ-Q二体で切り込みロック完成!!
「だがキングの効果でディフェンダー二体をリリースして
 そいつらのコントロールは我々がゲットする!!」
何という出落ちだ!!
そして鳥獣族だけあって
トリを務めるべく黒咲隼が参上!!

乱入ペナルティー!!
……もう何も言うまい。

速攻魔法、RR-リグと、
魔法カード、レスキュー・エクシーズのコンボにより、
相手に奪われたカードをレベル4の鳥獣族にした後、
RR-ライズ・ファルコンをエクシーズ召喚の為の素材にする!!
奪われた仲間は必ず取り返す隼の戦術だ!!
隼のデッキコンセプトは対コントロール奪取でもある!!

「ゴヨウ・キングはレベル8以下の
 特殊召喚されたモンスターのコントロールを…」
「エクシーズモンスターはレベルを持たず、
 よってパクられない!!」
「何だと!?レベルが無いとはレベル0ではないのか!?」

……おまいはどこの勝鬨だこの勝鬨二号!!
ここで判明した事は少なくとも
隼やデニスによってエクシーズ召喚が
シンクロ次元に認知され始めて間も無いので、
セキュリティの中でも特別の地位にある
捕縛隊もエクシーズ召喚の詳しい内容は知らない様です。
そして一体多数にはうってつけのライズ・ファルコンで
ゴヨウ軍団を一網打尽だ!!
キングと言った割には滅茶呆気ねえです。

そしてデニスが合流だ!!
……言うまでもありませんが怪しさ大爆発だ!!
今まで何をしていたのか空白の時間が気になる!!
セレナはクロウ達と合流しているそうで。
んでもって遊矢達もクロウ達と合流です。

そして手筈の合図の光が光り、
遊矢達は向こう岸まで泳ぎます……
と思ったらいきなり無数のサーチライトの洗礼が!!
どうやら手筈を進めていたトニーなる仲間が
ドジこいちまった様です。

「今夜は収容所でデュエル大会が開かれると
 小耳にしてやってきましたが……
 水泳大会の間違いでしたか。
 残念ながらポロリはなさそうですが。」
ここに来て長官野郎の
ジャン・ミシェル=ロジェ本人が出向くとは!!
この海のリハク一生の不覚!!

キング・クリムゾン発動!!
遊矢達は抵抗する描写すら無く
全員ゴヨウとなっちまー!!
またブタ箱送りで収容所展開かよ。
セレナはまた別のところに送られる様で。

……ここでヘリがやって来ました。
これでセレナだけを護送するのでしょう。
つーかロジェがセレナに固執するのは何故か!?
ところがヘリからやって来た二人組によれば
行政評議会なる組織が
遊矢達の身柄を管理すると言っています。
行政評議会とは治安維持局の上位組織の様で。

ロジェが抗議した時……
五人の老人のホログラフィー画像が。

不穏分子かどうかは我々が判断するとの事です。
この五名がシンクロ次元のトップなのでしょう。
にしても時戒神に何気に顔が似てますな。
五名というとファイブディーズにも繋がりますし。

評議会裁判ではロジェが
従来の騒乱罪適用を主張しております。
沢渡は何も知らないと主張しますが、
ロジェは公務執行妨害の罪を主張します。

遊矢はこの次元に着いた途端に
いきなりセキュリティに囲まれて
そっちから手を出したんだろと主張します。

「彼の言葉をそのまま受け取れば、
 彼らは別次元から来た事になる。
 であれば彼らが我々の世界にはない
 様々な召喚法を操る事も道理。
 融合・エクシーズ…そしてペンデュラム。」
どうやらこの次元には融合も無い様です。
そして言葉をそのまま受け取れば、
シンクロ次元はロジェや
評議会の五人を含めたトップでさえ以前は
別次元の存在を知らなかったという事になります。

ここで赤馬と零羅と月影が!!
ていうかおまい今まで何をしちょった!?
赤馬はアカデミアの侵略からの共同戦線の為に
シンクロ次元と同盟を結びに来たと言いますが、
ロジェは異次元は非ィ現実的な戯言で、
本当の目的はシンクロ次元への侵略ではないか。
と一笑に伏します。
が評議会五人衆はランサーズと……だけでなく、
何と徳松やクロウ達をも管理下に置くそうです。
おばちゃん曰く「例外は無い。」

フレンドシップカップに出場して腕前を見せ、
味方だと言う証明をして貰うとの事で。
という事は徳松やクロウ達も!?
おばちゃん曰く「例外は無い。」
徳松のおっちゃん巻き込まれ系ですな。
ていうか徳松はFSCに出られると
嬉しそうです。

「ワシ個人としても是非出て貰いたい。
 徳松長次郎こそFSC誕生の
 きっかけになったデュエリストじゃからな。」
評議会のトップに名前が知られているって
徳松ってかなりの有名人ですな。
十年前の徳松逮捕からコモンズは若者達が荒れて
取締りの為にデュエルチェイサーズが組織されたものの、
それが逆効果でした。

「そこで考え出されたのが
 トップスとコモンズとの融和を目的とした
 デュエル大会フレンド・シップ・カップ。
 その優勝者はトップス・コモンズ両方の
 キングとして称えられる。
 今のジャック=アトラスの様に。」

二人の男女のD・ホイーラーが
ダンジョン・ワームとズシンと
炎を操る者を使ってライディングってます。
ちなみに林田夫妻の乗る車が被害に遭っております。
ズシンを召喚出来るとは何気に
恐るべきデュエルタクティクスの持ち主ですな。
にしても二枚のバニラは懐かしすぎ。
次にデビル・ドーザーが出ています。
セキュリティ側も
モンタージュ・ドラゴンや手錠龍や
カタパルト・タートルや地砕きを出しています。

しかしクロウは「だが断る!」
トップスの見世物になるのは却下だそうで。
まあ人口の1%が99%の富を
独占していると言う異常以前の現状を見れば
融和が建前に過ぎないと言いたいのも理解ります。
しかし出ればフランク達に元気な姿を見せられる、
とシンジに説得されて出場します。

しかし遊矢は柚子の事で頭がいっぱい……
ここでロジェが柚子の名前を口にして、
柚子がFSCに出場するという情報を提供し、
更にペンデュラム召喚に一番精通している遊矢に
前夜祭でのキングとのエキシビジョンマッチで
相手を務める様に要求します。

ここでやっとキング、
ジャック=アトラスの出番がやって来ました。
赤馬は恐ろしい程仕事が速いですな。
このまま味方のままならいいのですが……。
にしても評議会が妙に理解が速すぎる。
何か裏が有ると下衆の勘繰りをしてしまうのは
悪い癖ですが……遊戯王ではよくある事。
風雲急を告げる来週に移る!!

来週はFSCの実況なのか
やっとメリッサにまとまった出番が
やって来る様です。
20万人以上の観客の中、
ユーゴと柚子も出場者として出てきています。

五人衆も見守る前夜祭では
メリッサも盛り上がりまくってます。

そしてキングは一人、この俺だ!
のジャックも健在の様で、
遊矢相手に不敵な笑みを浮かべています。
さてFSCはどうなる!?

他の出場者は……
スモールフィールドの様に
姿さえも見せないのもいるのでしょうか。
そう言えばトニーの声は
初代デュエルモンスターズでも
脇役の声として活躍しておられた
堀田勝さんです。












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn063.html

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事