スーパーゴロツキのブログ「真・闇の会」

遊戯王デュエルモンスターズ20thRemaster第8話レビュー

2015/03/31 07:59 投稿

  • タグ:
  • 遊戯王デュエルモンスターズ
  • アニメレビュー
  • デュエルリプレイ
  • 遊戯王
  • 海馬モクバ
  • ドナドナ
  • 羽蛾はブレない
  • 海馬瀬人
今回は遊戯王デュエルモンスターズ20thRemaster第8話のレビューをさせていただきます。

第8話 奪われたブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン


今週はデュエリストキングダムも
六時間経過して中盤に差し掛かった頃、
ペガサス城から何者かが
脱出を図るところから始まります。
ところが脱出用の布切れの長さが足りず、
しかも途中で解けてしまって森の中に落ちチマー。

執事が食事を運んできた時には
部屋には誰もいませんでした。
その頃シャーディーとシンディアの
画像が飾られている部屋では
ペガサスがカートゥーンコミック片手に
おやつタイムを堪能しております。
そこに執事が逃走のされチマー
との報告をしに来ました。
ちなみに現時点での参加者40名中
12名の脱落者は船で退去処分だそうで。

その頃遊戯達はデュエリストの
背負う者について語っています。
しかし目の前で黒服男・猿渡が
チップとカードをパクられたと主張する
デュエリストの一人を連れて行こうとします。
遊戯は退去寸前のそのデュエリストから

という訳で船の出発の30分後までに
遊戯が取り戻すと言います。

ここで遊戯は盗まれたリングで
犯人探しをする事になりました。
犯人は犯行現場に戻ってくると
遊戯は言いますが本当に戻って……
キタァーーーー!!

しかも言動からして
目的は遊戯らしいです。
デュエルグローブをつけてないので
犯人確定だぁ。

ここで犯人の回想です。
正体はやはりモクバでした。
海馬コーポレーションのビル内では
海馬がデッキを組んでいます。
「力のカードは遊戯の心のカードに敗れてしまった……
 カードの心が理解らなかれば遊戯には勝てない。
 モクバ、そのカードを預かっておいてくれ。
 そこには海馬コーポレーションの
 重要書類の保管室を開けるデータが入力してある。
 俺はしばらく旅に出る。モクバ、あとは頼んだぞ。」

モクバの人食い植物に対して
砦を守る翼竜を召喚したところでCMです。

やはり他人から盗んだカードでは
心が宿っていないので
遊戯のモンスターには勝てません。
そして遊戯はモクバの正体を暴きます。
「おまいの言うカードの心なんて認めないぜ!!
 カードは心なんかじゃなくて力だ!!
 兄様はおまいにプライドを
 滅茶苦茶傷付けられて行方不明だ!!
 そのせいで海馬コーポレーションは
 ペガサスに乗っ取られようとしているだ!!
 ペガサスの陰謀悪企みで、
 兄様がおまいに負けたという情報は、
 あっという間に世界に伝わった。
 その日から海馬コーポレーションは
 投資家達の信頼を失い、
 経営状態が急速に悪化していった……
 ペガサスはそこに目をつけて、
 海馬コーポレーションの重役に働きかけて
 会社の存続を条件に持ち株を譲らせて
 兄様を失脚させて会社を乗っ取ろうと……
 そして重要書類の保管室の鍵を
 持っているおれをとっ捕まえて……
 遊戯、全部おまいのせいだ!!」

「事情はともかく他人のカードを
 パクっていい事にはならないぜ!!
「復讎の為にスターチップを盗もうなんてサイテーだぜ!!」
「違う!!俺は兄様に代わって
 海馬コーポレーションを守らなきゃならないんだ!!」

「ひょっとして遊戯がデュエルで敗れる前に、
 スターチップを盗まれて失格になれば、
 デュエルで負けた事にならないわ!!
 デュエルで負けたんじゃなきゃ、
 ペガサスとビッグ5のデュエルは成立しないわ!!」
なるほど、そういう事ね。
え?ちょっと待ってよ杏子!
今まで劇中にビッグ5という単語が出てきたっけ?

という訳でモクバは強硬手段に出ようとしますが……
「そんな事をしても海馬コーポレーションを
 守った事にはならないぞ!
 海馬は今非常に苦しんでいる!
 しかしそれは!カードの心を掴む為!!
 自分の力で本当のプライドを
 取り戻す為に戦っているからだ!!
 カードの心を掴んだ時、
 海馬は必ず帰ってくる!!
 君はそんなお兄さんを…いや、
 海馬コーポレーションの信用まで
 落とそうというのか!?
 泥棒なんてしなくていいぜ。
 約束する……俺がペガサスを倒す!!
 少しでも海馬が何に苦しんでいるのか
 理解したいのなら……
 カードの心を少しでも理解ろうとするのなら、
 盗んだカードデッキとスターチップを
 あの少年に返すんだ!」
「わかった……遊戯、お前を信じるよ!」

出航まで後3分!急げハリアッ!
しかし現実は非常である。
船はもう出て行ってしまった。
ていうか後1分あるのに何故にWHY?
相変わらず羽蛾は
「ぼくの分までこげよ!」
とブレません。
ていうか手漕ぎかい!?
相変わらずペガサス会長はケチなお方。byコマク

モクバは責任者にスターチップを返すから
船に戻ってくる様に言いますが、
責任者は手で払い除けて
遊戯のスターチップ2つも含めて
スターチップは海の藻屑に!
まあ…モクバはこの後チップとデッキを
パクられた少年に償いをしたと思いますがね。

モクバを連れて行こうとする黒服に」
遊戯はデュエルを挑みますが、
特別に相手を用意してやると言います。

一方海馬は遊戯は何故
あそこまで戦えたのかと
遊戯を研究しています。
「俺の力が遊戯に劣っていたとは思えない。
 考えられるのは……
 あの時俺とやつの背負っていたものの違い……
 奴は爺さんにカードを託されて、
 カードの心を守護ろうと戦っていた。

そして分析しながらも
新しい機械を作っております。
「このシステムはシステム自体に
 スーパーコンピューター並の
 機能が組み込まれているから
 いつどこでもデュエルが可能だ。
 これが完成すれば少なくとも遊戯と
 対等の立場で戦える……」

しかしここで銃を携帯した黒服が二人
建物の海馬の部屋の中に現れて
同行を求めます。
しかし海馬は同行する振りをして
窓から海に飛び込みます。

こりゃあ生存フラグ……
「自分から飛び込むとは
 監禁する手間が省けたぜ。」
こいつらフラグを補強している……!
しかしその場に置いてある
ブルーアイズのカードも奪われチマー!!

一方草原のデュエルリングで
来週モクバを取り戻すべく
遊戯を待っていたのは……海馬!?
「復讐してやる……復習してやる……」
どう見ても偽物です。本当にありがとうございました。

来週は海馬の亡霊を名乗る者が
ブルーアイズを召喚して遊戯を追い詰めます。

その頃本物の海馬は
秘密の地下室で
遊戯のデッキの研究をしています。
という事は偽物は何者!?

追い詰められた遊戯は
マジカルシルクハットを発動しますが……












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterReviewTurn008.html

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事