スーパーゴロツキのブログ「真・闇の会」

アニメHi☆sCoool! セハガール 13Bitレビュー(最終回)

2014/12/31 23:17 投稿

  • タグ:
  • Hi☆sCoool!_セハガール
  • アニメレビュー
  • セガハードガールズ
  • セガ
  • いつだって、つながってますから!
  • 中裕司
  • ドリームキャスト
  • セガサターン
  • メガドライブ
  • 第二期是非ともオナシャス!!
今回はアニメHi☆sCoool! セハガールレビュー13話のレビューをさせていただきます。

13Bit いつだって、つながってますから!(最終回)

今回はセハガガ学園卒業式、
つまり最終回です。

校歌斉唱に続いて
卒業生による別れの言葉です。
今まで受けた授業のゲームを思い出しますが……

「さっきから授業を受けた覚えのない
 ゲームがイパーイ出てくるんだけど!」
サターンはそう主張しますが
二人はやった事にしろと言います。

「楽しい思い出で一杯です!」
「一生忘れる事は無いでしょう!」
「あたし達は今日セハガガ学園を」
「卒業します」×3

ここでこの学校の卒業の意味を
センター先生が説明する時が来ました。
「君達はこの学校を卒業すると同時に
 この世界からいなくなるのだ。
 正しくは生まれ変わるのだ。
 現実の世界に。
 ここはセガのクリエイター達の
 アイデアが戯れる時空を超えた世界。
 君達は想像の中で生きるアイデアの一つなのだ。」
どこぞの代紋TAKE何とかが頭に浮かびました。
てか何て脳内彼女?

「君達ならきっと世界中の人々を
 笑顔にさせてくれる事が出来る。
 みんなが君達と遊ぶのを心待ちにしているぞ!!」

メダルとはこの時の為のものだったとは。
メダルが吸い込まれて現実へと続く
光の柱が現れました。

「こちらこそ私一人では到底体験出来ない
 貴重な体験をさせて貰った。
 これは私の一生の宝物だ。」

16ペディアに挟んである変顔プリクラも
メガドラの一生の宝物です。
そしてメガドラは光中へと旅立つ……
と思ったら16ペディアを忘れていて
ちょこっと戻ってきました。
さっきの切なくなった感情はどうする?
とりあえず今度こそさらば。

AC1988年 昭和63年
メガドラ 時代の求めに応じて降臨

「世界中の人々から愛される存在……
 あたしにぴったりの役割だと思わない?
 あっちの世界では空気読んで
 発言には気をつけなさいよ。
 世界中のみんな!待ってなさいよ!!
 このサターン様が刺激的な毎日を
 味あわせてあげるわ!!」

AC1994年 平成6年
セガサターン 皆の脳天を直撃!!


「私なんかに新しいハードなんて大役……
 つとまるのでしょうか?」
ここでドリキャスの後ろから
ソニックが登場だ!!
そして今まで出てきたセガキャラが。

「私……立派なハードになれるでしょうか!?
 ありがとうございます!!
 ドリームキャスト、行ってきます!!
 もう寂しくなんかありません!!
 だって……だって!
 サターンさんともメガドラさんとも
 そして皆さんとも心!!
 いつだって繋がっていますから!!」

AC1998年 平成10年
ドリームキャスト 皆と心をつなげる!!

東京都、羽田のシンボル、
大鳥居のそばにあるセハガガ学園。
そこで学んだあたし達!
メガドライブ
セガサターン
ドリームキャスト
三人はハードとなって旅立ちました。
世界中の誰からも愛される、
ゲーム機になる為に!!

そして大円団のEDです。
これまでの思い出が次々流れていきます。
センター先生はやはり中裕司さんでした。
GAMEOVERでCONTINUEで
イエスとノーのどっちかを決めかねて
トリオ・ザ・セハガから「どっちなんだ!?」と
ツッコミを受けるところがセガらしいオチです。
そして最後のエンドカードは
ソニックとトリオ・ザ・セハガです。











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeHisCooolSehaGirlReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeHisCooolSehaGirlReview013.html

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事