ZEF のコメント

ZEF
No.1 (2019/09/28 13:01)
>①:日常パート、特に学校の日々がほぼ皆無。
  デュエル部でのエピソードとかを見たかった。

てっきり学園パートとVR世界を並列してリアルとヴァーチャルのギャップを生かしたストーリー展開を行うのかと期待してました。

>②:ストーリーや設定に深く関わっている筈の
  SOLテクノロジーの描写やストーリー本編への
  関わりの描写が薄く、
  特にチェストリオやクイーンやキング等の
  幹部連中の退場の仕方が雑。

鴻上博士を植物人間にしたのをライトニングの仕業になったせいで本格的に存在価値がなくなったと思う。2年目に登場したクイーンは特に何もありませんでしたね。総括SOLは利益を追求してたただの一企業でした。

>③:ライトニングやAi単体の場合に
  何故破滅の未来に結びつくのか、
  その理由とそこまでの過程を描写して欲しい。

VRAINSのシミュレーションは強引過ぎましたね、最後Aiの復活フラグを残したのは脚本的には希望を残したつもりなんでしょうがシミュレーション通りなら結局人類滅亡して遊作も死ぬ未来は変わらないような…。

>④:オリジンとイグニスの交流が遊作と尊ちゃんしか
  存在しない……というよりオリジンは
  物語の根幹に位置する最重要キャラクターなのに
  風のオリジンが本編時点で既に死んでいたり、
  水のオリジンの美優が本編にほぼ関わらなかったり、
  光のオリジンの仁の本格的な出番が
  ライトニングの人間デュエルディスク状態だけなのは
  まるでSNKのRPG里見八犬伝で八犬士のうちの
  プレイアブルキャラ四人を除く四人の扱いの様。
  「親兵衛と角太郎は既に故人、
   毛野と小文吾は目の前で殺される扱い」

葵は素直にロスト事件被害者で良かったような…。キャラ増え始めて扱いきれなくなるのを危惧したのだろうか風のイグニスのオリジンが既に死亡済みって登場人物削るところ間違えてるよね!?

>⑤:ネット空間という設定を使えば
  まだ見ぬ世界の強豪とか言った
  ワールドワイドな描写が幾らでも出来るのに
  結局はデンシティオンリーのローカル規模に落ち着いている。、

ローカルネットワーク設定はほんとに「何故?」って感じでしたねわざわざショボい印象にする必要はなかったかと。最終回ではワールドワイドネットワークになりましたけどね。これが広がるヴレインズ()

>⑥:一言で言えば結果に行きつく迄の過程などの描写不足と
  設定や伏線が活かし切れても消化しきれてもいない事。

VRAINSでは納得のいく描写がちゃんとされてないのがデフォというかもう妄想で埋めるしかないw

>EX:少しは鴻上博士にケジメをつけてほしかった。

流れとはいえ主人公がイグニスを6体とも葬ったことに関しては鴻上博士が草葉の陰で喜んでそうですね。

このコメントは以下の記事についています